スポンサーリンク

日本の常識を疑ってみましょう

皆さんはウォシュレットは好きですか?

僕は大好きです!なんといっても清潔ですよね。

汚い肛門をキレイに水洗いできるのって、すごく嬉しいと思っています。特に僕は痔持ちなので清潔にしていたいんです。清潔にしているか、不潔のままにしているか、その差はすごく大きいと思っています。

ただし、水流は弱めにしています。
たまに調子悪いときは、水流で肛門が切れてしまって、血は出るし、すごく痛いし、後が大変なので。

日本のバストイレタリーは世界一!

僕はたまに海外旅行に行くのですが、バストイレタリーは、日本が世界一です。間違いなく、ダントツで金メダルです!

愛国心のない僕なので、日本を必要以上に褒めるのは、なんか変な感じがするんですけど、それでもバストイレタリーだけは、圧倒的に日本が優れています。

ウンコのついた紙をゴミ箱に…

韓国や台湾でも、トイレの横に、ウンコを吹いた紙を捨てるゴミ箱やゴミ袋が置いてあるときはゲンナリしました。

なんか排水管が細くて弱いらしくて、トイレに流すと詰まるんですって…。

だからって、ウンコを拭いた紙が山ほど入ってるって、想像するだけで、もう本当に嫌ですもん。

それでもウォシュレットは普及しない

ってことで日本が世界一なんですけど、その日本が誇るウォシュレットですが、海外ではおそらく普及しないと思います。

なぜかというと、海外の場合は、トイレとバスルームが一緒だから。日本だけでしょ?トイレとバスルームを分けてるのって。

トイレとバスルームが同じになってるユニットバスって、日本だとホテルくらいなもんで、トイレットペーパーが濡れるとかで、日本では人気がありませんね。

海外でウォシュレットが普及しない理由

でも海外はトイレとバスルームが一緒なんですね。
となると、ウンコした後すぐにシャワーできちゃうので、ウォシュレットみたいな、あんな壊れやすい物はなくても、シャワーでササッと洗えば済んじゃいます。

僕はユニットバスは嫌じゃないので、これでいいと思います。

おそらく海外の方もそう思うはずです。
なのでウォシュレットは日本でしか普及しないと思います。

ディカプリオも絶賛!

だから、外国人の人が日本に来ると、驚くでしょうね!あのレオナルド・ディカプリオも感激して、アメリカの自宅に入れたくらいですから。

でも、一般には普及しないと思います。やっぱり需要と供給ですよ。値段もリーズナブルになるには相当時間がかかるだろうし…。

ということで、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事