初めての海外旅行(社員旅行)。香港vol.3
スポンサーリンク

 

前回、前々回の香港の続きです。

少し香港の町を見て回ると、夕食の時間になりました。

 

香港のエアコンはエグすぎる

この夕食会場の中華料理店に入って確信したのですが、香港ってエアコン効かせすぎです!

香港では極限までエアコンで冷やすのが、『おもてなし』らしいですね。

でも、ナンボなんでも冷やし過ぎですわ…。
ペンギン飼うんやないねんから…。

外が暑いから、汗をいっぱいかいてお店に入ると、もう寒さで震えるくらいメチャクチャ冷やすんですね。

エアコンの風もきついし、最強で冷房を効かせるから、汗だくの身体を急激に冷やされて、本当にぐったりしました。

期待した味と違いすぎる…

しかも、日本で食べる中華料理とは違うので、見た目は同じでも、味付けが全然違うんですね。

イカの天ぷらかな?と思って食べたら、中身は甘いお餅だったり、八角が入っていて漢方薬みたいで、日本人にはちょっと苦手な味だったり…。

見た目から期待する味と全然違う味がするし、それも結構ストレスでした。

見た目と味が一致していて、安心して食べられたのは炒飯とエビチリくらいでした。

今でもやっぱり日本のご飯がいい!って、海外に行くたびに思いますね。

 

ほぼ詐欺!の前ブレ

この食事の最中に、「皆さんの写真を撮ります!」と言って、1人ずつ写真を撮ってくれました。

にこやか😸に笑って、気持ちよく写真を撮ってもらいました。

この写真が、後で大変なことになるのですが…。

一番香港っぽい!女人街

夜は女人街という繁華街に繰り出しました。ザ・香港という感じのごちゃごちゃしながらも、色んな物が安く売られていました。

その中でも、当時、流行のたまごっちのバッタモンがたくさん売られていました。

僕も1つ買おうとしたのですが、向こうもたまごっちが人気なのはわかっていて、チョー強気!

全く値引いてくれないので、買うのは断念しました。

そして、夜11時になると、今までの騒がしさは何やったんやというくらい、どのお店も一斉にバタバタバタと閉めて、5分ほどであっという間に、香港人は人っ子一人いなくなってしまいました。

何か規制があるのでしょうが、この辺りの法律というか、決まりは日本より遙かに厳しいですね。

安いバスツアーって…

その後も、慣れない食事と蒸し暑さに加え、安いバスツアーだったので、色々連れ回されるのはいいのですが、とにかく土産屋に寄らされました。

そして、そこで買え買え攻撃の嵐!

しかも、土産屋に入ると、相変わらずの冷房地獄。

外との気温差に身体いわしそうになります。寒すぎるので外に出た瞬間、灼熱地獄。

 

みんな『金!金!金』

さらに、片言の日本語で、物売りのオッサンが寄ってきます。

『お兄さん!ベルト1本1,000円!』
「いらん!」
『じゃあ、もう1本サービス!』
「いらん!いらん!」

とかやり取りしてると、しまいには、
『じゃあ10本1,000円!』って、原価ナンボやねん!

面白がって買うと…

冷やかしで10本買った先輩が、次の日に「おい!あのベルト1日で全部つぶれたぞ!」と怒ってたので、それには笑い転げましたけど。

とにかく、どこに行っても買わせようとしてくる香港人のエネルギーとパワーに、完全グロッキー状態。

大阪人も歩くのめっちゃ速いですけど、香港人もめっちゃ速くて、追い立てられるような感覚に陥ります。

途中、タイガーバームという薬を売ってる場所に連れて行かれまして、試しに使ってみろというんです。

で、僕は肩こりがひどいので、肩に少し塗ってみると、肩がみるみるうちに熱くなってきて、匂いもなんか効きそうな感じなんです。

思わずこれだけは買ってしまいました。

 

香港一の観光地!ビクトリアピーク

2日目の夜は、夜景がキレイなビクトリアピークにも行きました。

まぁ、人の多いこと多いこと…。

スリが多いから気を付けろと言われていたので、「おいっ!寄ってくんなよ!」って感じで、警戒していました。

頂上に着いて、「さぁ100万ドルの景色を見たろかい!」と思った辺りから、みるみる霧が出てきて、もう5m前も見えないくらいに真っ白けになってしまいました。

髪の毛も服も、湿気でビチョビチョになるし、もう何なんや一体…。

なので、写真のようなキレイな夜景は一切見れていません…。

 

実はすげえ金持ちだった!バスガイドさん

そして、印象的だったのは、当時の香港人はとにかくお金の話が好き!

バスガイドのオッサンが、ずっと『もっと稼ぎたいです!もっと稼ぎたいです!』と言っていました。

もう何やねんな!このオッサン…。

オッサンの正体

極めつけは『日本人はとてもいいお客さんね!日本人のお客さんのおかげで、私は、ビル2つ買えました。もっと稼ぎたいです!』

これには、さすがにバスの中がざわつきました。

このオッサン、僕らよりも遙かにお金持ちやん…。

 

ハメられた!あの写真

そして、最後にそのバスの中で事件が起こりました。

この、がめついバスガイドのオッサンが「それでは、皆さんにこれを買っていただきます。」と言い出すのです。

「えっ?!えっ?!何?!」と困惑していると、なんと1日目の食事中に、1人ずつ撮られた写真が、安っぽい皿に印刷されていて、その皿を買えというのです。

『1枚6,000円です!』

みんなで「え~っ!高っ!なんで?」とか困惑していました。

すると、バスガイドのオッサンは、次々に皿を僕らに押しつけてきて、『はい。6,000円です。6,000円です。』と言いながら、どんどん僕たちからお金を奪い取っていったのです。

「うわっ!ダサッ!こんな皿いらんわ!恥ずかしいだけやん!」

みんな口々に文句を言っていましたが、オッサンは涼しい顔して、全くお構いなし。

憎たらしいことに、こんなときだけ日本語がわからないフリまでしやがるのです。

後でわかったのですが、僕らのバスは事務職ばかりだったので、こういう勢いで押しつけられたときに、みんな渋々この恥ずかしい皿を買っていました。

しかし、他のバスはみんな営業の人だったので、『こんなもん頼んでない!いらん!』と言って、みんな断っていたそうです。

後でそれを知ったときは、僕ら事務職はみんなガックリしました。

僕は営業の先輩に「お前あんなもん頼んだんか?」と笑われ、腹たつし悔しいしで、その皿は空港で捨ててきました。

だって、恥ずかしいだけで、こんなもん絶対使うことないもん…。

まぁ、そんなこんなで2泊3日の、初の海外旅行は終了しました。

 

食べまくってたのに…

旅行なんか食べるくらいしか、基本やることないですよね?

僕も結構あれやこれやと「マズイ、マズイ。これはちょっとマシ。」とか言いながら食べまくっていたのですが、この旅行でみるみる痩せていきました

頬なんかビックリするくらいこけていましたね…。

もしかして、ストレス?

次に続きます。

 

お得に旅行したいなら、まずはExpediaで探してみましょう!僕もいつも使っています↓

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事