初めて自分の意思で出掛けた台湾(台北)旅行vol.1
スポンサーリンク

 

 

2012年(平成24年)の年末、僕は2泊3日で台湾(台北)に旅行しました。

自分の意思で「大きく発展しているアジアを肌で感じてみたい。」と思って、色々な人のアドバイスを受けながらでしたが、自分で全て用意して出掛けた初めての旅行でした。って大層かな。

朝早く起きて、関西空港まで湾岸線を飛ばして向かいました。何もかもが初めてでしたが、とにかく気持ちの高まりを押さえることができません。

 

何事も経験していかないとね

そして関西空港のLCC専用の第2ターミナルの駐車場に車を停めて、ターミナルに向かいました。そのとき僕は気付きました。

みんなコロコロのついた旅行用キャリーバッグで来てるのね!?

僕は日頃通勤で使ってるカバンに、少ない着替えとひげ剃りを入れただけだったんですけど、それでもやっぱり重いですね。

肩に食い込んでしんどい…。帰国したらすぐコロコロ買いに行こう!って思いました。

 

LCC(格安航空会社)って

LCCピーチを初めて利用したのですが、第2ターミナルって体育館みたいで、すごくシンプルな造りです。

でも過剰包装をしていない感じで、逆に好感が持てます。

そこから出国審査を受けて、出発時間を待っている間も、周りはみんな友達と来ているので楽しそうです。

でも、僕は勉強の為と思ってきているので、別に構わないのですが、やっぱり誰かと一緒の方が楽しそうですね。

そして、ついに飛行機に乗り込みます。ピーチって歩いていって乗り込んでいくんですね。関西空港は海上空港なので風が強く、冬は超寒いです。帽子なんか簡単に飛ばされそうです。

それにしても、ピーチの飛行機がオモチャみたいで、こんなので本当に海外まで行けるの?って思いました。

そして、飛行機に乗り込むと、膝が前の座席に着いてしまいます。「狭っ!」初めてピーチを利用される方はびっくりされると思います。あまりの狭さに。

でも、自分で企画した旅行なので、テンション上げ上げです!

飛行機の中では前日までの忙しさから寝不足で、ずっと眠っていました。がっつり眠れたことで頭がすっきりした頃に、ついに台湾桃園国際空港に到着しました。

 

台湾って冬でも暖かい!!!

日本はめちゃくちゃ寒かったのに、桃園国際空港に降り立った途端、暖かい!

こんなにも変わるのねと感動しました。

 

こんなところでつまずくとは…

しかし、入国審査から困り果てました。

何をどうすればいいのかがわからない。

周りは友達と来てる感じで楽しそうだし、こっちは1人だし何もわからないし、すごく不安でした。

それでも何とか入国審査は通過できて、台湾ドルに両替もしました。

でも、入国審査でモタついたので、同じ便の方はみんなどこか行ってしまっていて、「自分だけ空港から出られないんじゃないか」と本当に焦りました。

台湾まで来て、空港から出られないなんて…。

 

海外では自己主張が本当に大事!

でも、落ち込んでばかりもいられないので、勇気を出して空港職員っぽいおじさんに話しかけると、とても気さくにバス乗り場の場所を教えてくれました。

話しかけて良かった。海外に行くと、自己主張しない人は放っておかれます。

困っているときは「私は困っている!助けて!」と声に出さないとマジで死ぬので、海外に出るといい意味で厚かましくなれると思います。

そして台北市内へ出るバスに乗りました。

窓ガラスが掃除してなくて汚いなと思いましたが、こういうアバウトなところも海外ですね。

そしてバスが走り出すと、流れるアナウンスも中国語でほとんどわかりませんでしたが、自分の意思で来たので、とてもワクワクします。

しばらくは高速道路を走っていましたが、そのうち台北近くに来ると、結構な大都市です。

そしてバイクがすごく多い。青信号にかわると大量のバイクが溢れていくように走り抜けていきます。

それを見て「あぁ台湾に来たんだ!」と思いました。

 

台北駅で台湾を感じる!

そして、1時間弱で台北駅に着きました。

ここがあの邱永漢先生を育てた国か…。と感動しながらも、とにかく暑い。こりゃたまらんと思い、台北駅の中に入りました。

日本でいう東京駅なので、すごい人です。

 

日本と一緒!日本と違う!?

駅に入って、最初に目に入ったのがセブンイレブンでした。

近づくとまずおでんの中に入っている八角のニオイがしてきます。見た目は日本と同じでもニオイが全然違う!

もうワクワクが止まりません!

他のお店も見ていくと、日本語もたくさん見受けられます。

本当に親日なんですね。でもよく見ると、変な日本語が多いです。

惜しい!って感じがカワイイというか面白いです。

小籠包や肉まんのお店はもちろん、日本資本のお店も結構あって、お寿司屋さんもあります。

すごく興奮してしまって、僕は地下街にもどんどん入り込んでいきました。

多いのはジューススタンドです。その場で、新鮮な果物をジューサーにかけて出してくれます。

 

何じゃ、こりゃ?!

色んなお店を見て楽しんでいると、突然、鼻をつくような強烈に臭いニオイがします。

臭すぎます。そう、これが有名な臭豆腐です。

もう速攻で逃げましたね。とても耐えられませんでした。でも、これが台湾のニオイです。

歩いている人の外見は日本人と変わりません。でも話している言葉はもちろん中国語。なんか不思議な感じです。

カワイイ子供も中国語を話していて、母親に甘えたりしています。

自分の意思で見に行こうと決めて来ると、こんなにも楽しくて、ワクワクするものなんですね。

15年前の香港が本当にもったいない。

 

地下鉄1つとっても、全然ちがう

そんなこんなで台北駅と地下街を見てまわった後、かつては世界一高い建物だった台北101を見に行くため、地下鉄に乗りました。

勉強していったので驚きはしませんが、地下鉄の切符はプラスチックのコイン型。地下鉄料金も安いです。75円~100円くらいで結構遠くまで行けます。

台北市内をかなり網羅してくれているので、利用はこの地下鉄かタクシーだけでも大丈夫だと思います。

台湾に行こうとする方に、これだけは気を付けていただきたいのですが、地下鉄の構内では飲食厳禁です!ペットボトルの水を飲むのもダメ。

マジで罰金を喰らうので、絶対にやめましょう。この辺りの規則は、日本より遙かに厳しいです。

楽しい旅にするためにも、その国にお邪魔させていただいているという思いで、郷に入れば郷に従いましょう!

次に続きます。

 

 

お得に旅行したいなら、まずはExpediaで探してみましょう!僕もいつも使っています↓

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事