スポンサーリンク

テクノロジーや交通手段の発達によって、世界が狭くなったといいますか、グローバル化といったことが言われますが、日本のことだけ考えていればいいというのは、江戸時代までだったのかもしれません。

と、あまり難しいことばかり考えるのもつらいですよね。

それよりも世界が狭くなったのなら、人間がそれに楽しみながら、変化に対応していくのが価値的だと思っています。そうするしか生き残れないとも思いますし。

世界のことを知るために、学校で習う地理や歴史を勉強するのもいいと思いますが、簡単なのは日本の外、海外に飛び出すことだと僕は思っています。

簡単にいうと、海外旅行でも何でもいいから、実際に自分の目で海外を見てくるというのが、一番手っ取り早く、また楽しみながら学べる行為だと思っています。

だから、友達から英語を勉強しようと思っているなどと相談されたときも、英会話学校などに行こうとする人には、まず覚えたい言語の国に、海外旅行に行った方が良いと勧めています。

なぜなら、人間は必要のないものは覚えることができないからです。
切羽詰まったものがないと、脳は「これは今すぐは覚える必要はない」と拒絶してしまうからです。

英語を勉強してみたい!これからは中国語も必要となってくる!覚えたいという思いは立派だと思いますし、英語や中国語ができることはこれからの時代において必須となってくるかもしれません。僕も英語と中国語はぜひ覚えたいと思っています。

しかし、その人にとって、今すぐ必要でないことを覚えるのは、至難の業です。その人にとって、身につけたいという思いだけでは、いつまでもモチベーションは続きませんし、日頃は使わないものを、そう簡単に覚えられるものではありません。

身につけないとヤバい!くらいでないと、まず覚えられないでしょう。英語だって、僕らは試験があるから覚えられたのです。英語を使わない僕らが覚えるには、それしか方法はなかったはずです。

だから、例えば、仕事でどうしても必要で、英語ができないとお客様と打ち合わせもできないとか、そもそも英語ができなければ、意中の会社に採用してもらえないなど、痛みがなければ、人間はなかなか頑張れないものだと思います。

そうです。夢は何年経っても、夢のまま終わる可能性が極めて高いのです。夢は叶わなくても、痛みを伴わないので当然です。

だから、外国語を身につけたければ、必要最低限のことは下調べとして勉強しておくのはもちろん大事ですが、それが済んだら、とっとと現地に行ってみて、現地ではどんな言葉や会話が必要となるのか、現地に行くとどんなことで困るのか、何を準備しておくとスムーズに進むのかなど、現場に行かないとわからないことに、はやく直面することが大事だと思います。

そして、帰ってきてから、次に行くときにはこれを調べておこう!とか、あのときはこう言えば良かった!とか反省して、改善していけば、少しずつ上達するはずです。何事も実体験に勝るものはありませんよね!

そういう僕もまだまだ外国語はできないのですが、英語と中国語は旅行程度なら何も困らなくなりました。台湾では発音を褒められたこともあります。もっともっと実際に出掛けていって、外国語を習得していきたいと思っています。

でも、やっぱり恋人♥を作っちゃうのが、一番速そうですね!
好きな相手♥となら、色々話したくなりますもんね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 お得に旅行したいなら、まずはExpediaで探してみましょう!僕もいつも使っています↓

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事