スポンサーリンク

 

 

先日、金融庁の試算で、年金だけでは老後の生活資金は不足していて、その金額は2000万円というニュースが賑わいました。

というか、麻生大臣の上から目線の物言いのせいで、ムダに炎上してしまったという印象を持っています。

感情論でいえば、数年前の選挙のときに、年金100年安心プランとか言ってなかったっけ?と言いたくもなります。

しかし、そもそも年金100年安心プランというのは、

「×年金の支給額が安心」というわけではなくて、

「○今の年金制度は100年後も続きますよ」と言っているだけですね。

 

現実から目をそらさない

正直なところ、選挙前だからといって、お互いに足の引っ張り合いをしている場合ではないと思うんですね。

少子高齢化は簡単に解決する問題ではないですし、年金を受け取る人の方が、年金保険料を払う人より多いわけです。

である以上、誰が年金の制度設計をしたとしても、年金の原資がどんどん細っていくのは、避けられないと思うんです。

でも、そんなこと国民もみんなわかってたことじゃないですか?それを、そんなこと初めて聞いたぞ!みたいな反応するのって、白々しくないですか?

わかっていたくせに、今更キレたって何も問題は解決しませんし、「じゃあ年金制度をやめて、払った保険料をそれぞれ国民に返せ!」と言っても、余計ひどい状況になると思います。

 

不安につけ込もうとする輩に騙されない

そうした国民に返ってきたお金を狙って、ひどい詐欺が雨後の筍のように跋扈して、ほとんどの人が実質的詐欺にあって、変な投資などでお金を減らすだけで、かえって社会不安を起こすだけでしょう。

難しい制度設計は、とりあえず優秀な官僚たち(この人たちも、われわれ国民をバカにして騙しそうだけど…)に考えてもらうことにしましょう。

僕たち一国民は「年金だけでは豊かな生活は送れない。年金だけをあてにするのはヤバイ」というところから目をそらしてはいけないと思います。

 

どれだけ準備すればいい?

「では年金だけでは足りない分を、どうやって担保すればいいの?」というところを、個人レベルでは考えていかないといけないと思うんですね。

そう考えたときに、僕たちが考えないといけないのは、以下の項目ではないでしょうか。

・いつから働けなくなって、いつまで生きる可能性があるのか?
・老後は全部でいくらお金が必要となるのか?
・年金はいくらもらえるのか?
・結局、年金で足りない分はいくらなのか?

上から順に考えていって、いくら足りないのかがわかったら、その足りない分をどうやって確保するかですよね。

大企業に勤めていて、たくさん給料をもらっている人が、お金を十分に貯めているかどうかは、別問題です。

僕はドケチな関西人なので、お金を使うのがめっちゃ嫌なんです。

だけど、批判するわけではありませんが、首都圏の方はちょっと見栄っ張り過ぎる気がしますね。

首都圏みたいな住宅費が大きくかかる場所に住んでるんだから、そんなにお金なんか持ってるわけがないのに、人が集まるとやたらと流行のお金のかかるお店に行こうとする印象がありますね。

僕は地元愛のない人間なので、関西が一番いいなんて言うつもりは全くありません。

でも、関西人ならみんなでお酒を飲みに行くとしても、みんながなるべく安く飲み食いできる店にしよう!となります。

じゃないと、お金なんか貯まらないです。我慢に我慢を重ねて、やっと貯まっても、一瞬で消えていくのがお金ですしね。

 

見栄を張っても仕方が無い

だから、もう苦しかろうが何だろうが、お金は使わない!これしかないです。

後になって、老後に苦しみたくなかったら。もちろん今を充実させるために、最低限のお金は使うしかありませんけど…。

世間は声の大きい人の言葉がどんどん一人歩きしていきます。

例えば、ホリエモンとかZOZOの前澤さんとかが「お金はあるだけ使え!経験に使うことで必ず返ってくる!」みたいなことを言います。

でも、われわれ凡人は、ああいうぶっ飛んだ人の言うことを、真に受けない方がいいです。

だいたいあんな大きなビジネスを動かしている経営者と、もらっても額面で月額100万円までのセコい給料で生活してるわれわれ凡人は、前提条件からして全く違います。

額面で100万円もらっていても、手取りだと62万円くらいです。

100万円も月額で貰っているような人は、それなりに立場もあるでしょうから、様々な出費もかかるでしょう。

周りが思っているほど、お金なんかそんなに残らないわけです。

 

とにかく節約

だから、とにかく節約して、お金を貯めていく。これが大前提ですね。そこをクリアして、やっと増やすとか稼ぐとかいう段階に入っていきますね。

だから、お金を残していくには、

・今の収入(給料など)のうち、少しでも継続して貯金する。
・副業で稼いで、稼いだお金をまた貯めていく。
・節約と稼いで残ったお金を、適切に投資して、増やしていく。

これ以外に、老後を乗り切る方法なんか絶対にありません。考えてみたら、すごくシンプルですね。

 

習慣にしてしまおう

ただ、ダイエットと同じで、やり方を知っていても達成するのがすごく難しい。

そうなると、自分と家族のお金を貯めて増やしていくぞという意志力だけでなくて、そういう環境・習慣に周りをしていく必要がありますね。

そう、ライザップのような環境にしたいですね。

ライザップなんか痩せる方法なんか、みんなが知っているような運動して、食事を気をつけるという、至ってシンプルな方法ですよね。

でも、トレーナーがついて、運動と食事をチェックされて、ダメ出しされてという強制力にお金を払っているわけです。

その上、TVCMのように、自分の使用前、使用後みたいに写真を撮られて、無理矢理に客観視させられるわけです。

ちょっと食べ過ぎたりしたら、すごく怒られたりするわけです。

僕なら「なんでお金払って、怒られなアカンねん!」と思うでしょうけど、痩せるという目的達成のためには、他人の目があるというのは良い方法ですよね。

 

最後に

年金だけでは足りないことは明らかです。

でも、それを悲観して、あれこれ下手に動いてしまうと、かえって詐欺に会いに行ってしまうようなものです。

冷静に正しい方法で、かつ他人の目を意識せざるを得ない環境に身を置くことが大切ですね。

誰かのお役に立つためにも、僕はこのブログの更新を頑張っていきたいと思います。

皆さん、よろしくお願いいたします。

今日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事