六合夜市、三鳳宮、明星釣蝦場への行き方【台湾・高雄観光】
スポンサーリンク

 

 

高雄シリーズ第2弾です!

高雄で一番有名な夜市である六合夜市に行きたいという方は多いと思います。本当に賑やかで楽しいですし、僕も必ず行っておきたい場所だと思います。

他にも歩いて行ける距離に、三鳳宮という道教の有名なお寺もあるので、ついでに行ってみると良いと思います。

それプラス、エビ釣りができるお店(明星釣蝦場)がすぐ近くにあるので、ここも楽しいですよ。

このコースは夜市なので、夜にお出掛けされることをオススメしますが、エビ釣りだけは午前中の方が空いています。

できれば、美麗島駅の光之穹頂(The Dome of Light)を見てから、ここへお出掛けされると効率的に回れます

 

独断と偏見!台湾南部・高雄の観光地21選

高雄の観光地といえば、これら以外にもあるかと思いますが、代表的な観光地をざっとあげてみました。

今回は、②六合夜市、③三鳳宮について、詳しくお話させていただきます。

 

高雄でのwi-fi(ネット環境)について

海外だと、宿泊するホテルにはほぼ無料WiFiが入っていると思いますが、外でも調べ物がしたくなったり、メールチェックしたくなったときに困りますよね。

台北旅行のときに感じたのですが、iTaiwanなどの無料のWiFiサービスはたしかにありますが、実際はとても使えたものではありませんでした。

つながっても速度はめちゃくちゃ遅いし、そもそもつながらないことが多かったです。

ですので、①WiFiルーターを日本で借りて持って行くか、②SIMカードを高雄國際機場で借りるなどした方がいいと思っています。

僕は恥ずかしながらインターネットとかスマホ環境とか詳しくないので、海外でそうしたサービスを利用しようとして、もしうまくいかなかったら困るので、僕はいつも日本の空港で『イモトのWiFi』を利用しています

日本のサービスだと、きちんと説明を受けられますし、なにより安心ですよね。『イモトのWiFi』僕のオススメです。

 

海外行くなら!イモトのWiFi

 

六合夜市への行き方

六合夜市へは、高雄のMRT(地下鉄)で、紅線(Red Line)『美麗島』駅から、すぐの場所にあります。

『美麗島』駅の11番出口を出てください。

11番出口を出てすぐ、ここを左折します。

すぐに六合夜市があらわれます。

さぁ進んでいきましょう!

 

六合夜市とは

六合夜市(リューフゥイェシー)は、約70年続いている高雄中心部にある夜市で、東西約250mほどの長さがあります。

昼間は普通に車が通る道ですが、午後6時からは歩行者天国となって、両端にたくさんのお店がズラッと並びます。

 

海鮮の屋台が多い!

港町でもある高雄だけに、台北の夜市に比べて海鮮の屋台が多かったです。

伊勢エビみたいなのと、貝の串刺し。

新鮮なんだとは思うんですけど、暑い高雄だとお腹を壊さないか、ちょっと心配になります。

色んな魚が売られていました。鮎みたいなのもいる。

エビとカニの唐揚げ!

牡蠣。暑いのに、こんなとこに置いておいて大丈夫なのか?

タコ焼きじゃなくて、エビ焼き…。

このハタをどうするつもり?

夜市は見て歩くだけで楽しいですね!

道の真ん中のテーブルで、みんな食事!

ゲームは少なかったです。素朴な遊びですね。

食事するのがメインの夜市ですね。

炒飯!日本とほぼ変わらないです。美味しかった。

担仔麺(タンズーミェン)!素朴な味でした。

マストですが、飲み物系の屋台も多いです。木瓜牛乳はパパイヤミルクです。

暑くて喉が渇くので、水分補給を忘れずに!

この杏仁豆腐のジュースが、ちょー美味しかった!

これ日本でも売って欲しい!

地元TVの取材が来てました。

日本人も少しいましたが、台北ほどではなかったです。

 

六合夜市(リューフゥイェシー)
所在地 800 高雄市新興區六合二路
電話番号 +886 7 285 6786
営業時間 18:00~2:00
休業日 年中無休
URL https://www.taipeinavi.com/food/504/

 

『明星釣蝦場』でエビ釣りを楽しもう!

六合夜市からすぐの場所に、24時間営業のエビ釣り場『明星釣蝦場』があります。

夜市のエビ釣りと違って、釣蝦場で釣れるテナガエビは結構デカイです。大きさは手くらいの大きさです。

そういえば、台北の夜市はエビ釣りが多くあった印象がありますが、高雄の夜市ではエビ釣りは見かけなかったです。

 

『明星釣蝦場』への行き方

六合夜市のちょうど真ん中あたりのバリケードがあるところから向かいます。

六合二路と交差している南台路を、北に入ります

3つ目の交差点を右折します。『友成乾洗店』が目印。

50mほどで『明星釣蝦場(明星・休閒廣場)』が見えてきます。

 

1時間で170元(650円くらい)でした。お客さんが少ない朝や昼は、少し安くなるようです。

 

海外では、わからないことは何でも聞こう

海外では黙っていたら、誰も助けてくれません。何も教えてくれません。

日本人みたいに、周りの人が察してくれるとか、そういったことを期待しても、文化が違うので無理です。

ですから、店員さんに『釣り方を教えてください』『エサちょうだい』と、日本語でもいいので積極的に聞いてください。

音声翻訳アプリの中で、ご自分が使いやすいものを、事前に入れておくと便利ですね。

竿を借りて、エビ釣りスタートです!

 

地元民に混ざってエビを釣ろう

釣り方は、普通の浮き釣りなので難しくありません。

ただし、夜9時くらいまではお客さんが多く混雑していて、釣りづらいことがあります。

エサは店員さんにもらったエビをちぎって、出来るだけ小さくした方がいいです。エビの口が小さいからです。

 

合わせはシャープに!

エビが掛かると、浮きが沈みますが、すぐに合わせてはいけません

また咥えてるだけのことが多いからです。何度か浮きが沈んだらシャープに合わせます

1時間で1匹だけ釣れました!

エビの口が硬いので、針がかりが悪くてバラすことが結構あります。

 

釣ったエビは食べられる!

釣ったエビは塩焼きにして食べることができます。

たくさん釣っていた隣の台湾人の方に、写真だけ撮らせてもらいました!

食べることが大好きな台湾人の方にとって、釣りを楽しみながら食事もできるというのはいいのかもしれませんね。

その他、隣でカラオケしてたり、ゲームセンターになっていて騒がしい!いや楽しいお店でした。

 

『明星釣蝦場』の概要

平日の午前中とかなら、かなり空いているようですよ。

明星釣蝦場
所在地 800 高雄市新興區明星街51號
電話番号 +886 7 285 7255
営業時間 24時間営業
休業日 年中無休
URL https://www.facebook.com/%E9%AB%98%E9%9B%84%E5%B8%82%E6%98%8E%E6%98%9F%E9%87%A3%E8%9D%A6%E5%A0%B4-214978741942069/

 

道教のお寺『三鳳宮』にも行ってみよう!

六合夜市から少し歩きますが、『三鳳宮(サンフォンゴン)』という寺院も美しいので、ぜひお出掛けください。

 

『三鳳宮』への行き方

六合夜市の一番奥からスタートします。

Googleのオススメではなく、一番右のルートがわかりやすいです。

①六合夜市の横にある公園・建國國小(学校)を左手に見ながら、自立二路を北へ400mほど歩いていきます。

②幸福川を渡ってすぐ(全家:ファミリーマートの手前)を左折

③左折してから幸福川沿いを200mほどで着きます。キレイにライトアップされているので、すぐにわかります。

 

50嵐でタピろう!

三鳳宮に向かう途中に、『50嵐(ウースーラン)』が2店舗ありました。

タピオカミルクティー(珍珠奶茶:ジェンジューナイチャー)でちょー有名なお店なので、いつもお客さんでいっぱいです。

50元(190円くらい)でLサイズが飲めます。

僕はタピオカの粒が小さくて、柔らかめが好き!『そんなもん知らんがな!』という苦情は受け付けません(笑)。

これはグレープフルーツジュース。果肉多すぎやろ!

 

『三鳳宮』とは

『三鳳宮』は、約300年前、清の第4代皇帝・康熙帝の時代(1662年~1722年)に建てられた道教の寺院で、廟宇は中国北方式の建物です。

『三鳳宮』は哪吒三太子(哪吒(なた)は、道教で崇められている少年神で、托塔天王(毘沙門天)の三男。)が祀られている寺院です。

毎年、旧暦の9月9日に、哪吒三太子の誕生日を祝う祭りが開催されます。

パレードや台湾の伝統芸能・歌仔戲が上演され、各地からたくさんの信者が訪れて賑わいます。

この赤い灯りがとてもキレイです。

普通にズカズカ入っていきましたけど、大丈夫でした。

たくさんの方が参拝されていました。

 

三鳳宮(サンフォンゴン)
所在地 807 高雄市三民區河北二路134號
電話番号 +886 7 287 1851
拝観時間 5:00~22:00
休日 年中無休
URL https://www.sunfong.org.tw/

 

最後に

六合夜市、三鳳宮、エビ釣り、いかがだったでしょうか?

ここは高雄観光の中でもマストといえる場所ではないでしょうか?まずここに行っていただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

お得に旅行したいなら、まずはExpediaで探してみましょう!僕もいつも使っています↓

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事