箱根ランナーすごすぎ!箱根駅伝2区3区4区を自転車で走ってみた!
スポンサーリンク

 

 

先日、用事があって東京に行っていました。

東京の用事だけで、大阪に帰ってくるのはもったいないので、ついでに箱根観光をしてきました。

また、来年は箱根駅伝の応援に行きたいと思っているので、下見もかねて2区3区4区のコースをレンタサイクルで走ってきました。

でも…。

「メチャクチャしんどいから、自転車はやめた方がいい!バイクか車で走るべき!」

という結論にいたりました。

実際にコースを走ってみて、どんな感じだったか、お話をさせていただきます。

 

はっきり言って重い。電動アシスト付き自転車

レンタサイクルを借りたのはいいんですけど、まず小さいですね。

身長178cmの僕には小さすぎて乗りにくい。

そして、バッテリーがついている分、やっぱり重いです。

電動アシスト付きなのはいいんですけど、電気を使い切ってしまうと、返却できなくなってしまうので、きつい坂道だけアシストしてもらうことにしました。

では行ってみましょう!

すぐに自転車にしたことを後悔するんですけどね。

 

 

箱根駅伝のコースや見所などが、くわしく書かれた書!

これを読みながらレンタサイクルに乗って、コースを見て回りました!

関西人にとっては土地勘がなかったのですが、楽しかった!ただ自転車で行くのは本当に大変なので、バイクか車で回るのがオススメ。特に2区の最後、戸塚の坂はヤバすぎる!

あまりに細かすぎる箱根駅伝ガイド2021 (ぴあ MOOK)

 

1区

まずは1区のコースを、おさらいしておきましょう。高低差はほとんどありませんので、走りやすかったです。

18km地点の六郷橋から鶴見中継所までデッドヒートが繰り広げられます。

 

 

蒲田駅のアパホテルに泊まっていたので、京急蒲田の近くからスタートしました。

京急蒲田駅すぐの『ローソン東蒲田二丁目店』。1区の15km付近です。

国道15号線を西に、横浜方面へ走っていきます。

 

16~17km付近は、青学の仕掛けどころ

蒲田消防署前が16km地点です。

この付近で、青山学院大学が仕掛けることがありますね。

びっくりドンキー東六郷店が17km地点です。

この辺りからが1区の仕掛けどころで、終盤にむけて盛り上がっていくところです。

 

1区の仕掛けどころ・六郷橋

この先が、1区の仕掛けどころ『六郷橋』です。ウキウキ!

六郷橋の上が、残り3kmなので、ここで監督車から声掛けされます。

19km地点の『ラーメン川崎家』榎町店。

お腹すいてたので、ここでチャーシューメンを食す!おいしかった!

20km地点の『ココス』川崎元木店。このあたりはデッドヒートが見られるでしょう。

残り1km地点の『横浜トヨペット』川崎店。最後の声掛けポイント。

21km地点の『池田一丁目バス停』。選手のラストスパートが見られる地点です。そのぶん観客も多いでしょうけど。

 

鶴見中継所

1区→2区のたすきリレーが行われる鶴見中継所。この歩道橋の下です。

往路側には、箱根駅伝の像『明日へ走る』があります。

 

ここに応援に来たいところですが、かなり人が多そうです。

毎年ここの応援一番乗りの方は、夜12時から場所取りするのだとか…。選手が来るのは朝9時過ぎなのに…。すごい…。

 

鶴見中継所の最寄り駅『鶴見市場駅』の様子。これは大変そうですね。

 

1区を走った感想

1区は都会を走るので、ほぼ平坦なので、スピードが出る区間です。

六郷橋はかなり大きな橋なので、上り下りがありますので、仕掛けどころです。

この六郷橋までも仕掛け合いなので、ここまで最低限こらえて、残り3kmで抜け出したいところでしょう。

 

2区

各校のエースが走る花の2区。中盤から登りが多いので、この区間は自転車でも本当に大変でした。

2区のコースを、おさらいしておきましょう。15kmの権太坂20kmからの戸塚の登り坂がめちゃくちゃ苦しいところです。

 

12km保土ヶ谷駅までは平坦

8km地点のJR横浜駅まで、国道15号線をひたすら西に進みます。

2区1kmの横浜市総合庁舎前。声掛けポイント。

生麦を越えて、5km地点のライフィット株式会社前。声掛けポイント。

横浜駅の手前から国道1号線を西に進みます。このあたりは平坦なので楽。

 

横浜駅を越えて、10km地点の「西区役所入口」交差点。声掛け&給水ポイントです。オススメの応援スポット!

JR保土ケ谷駅を過ぎてすぐの帰楽院(サングレイス保土ヶ谷駅前)。12km地点。

この先を、道なりに右にカーブしていきます。ここから緩やかに登っていく印象です。

 

13km付近の『保土ケ谷二丁目バス停』。

14km地点の東横フェスタ8(パチンコ店)。

このあたりから権太坂の登り坂になります。

電動アシストの助けを借りて登ります。やはり登りは自転車だとかなりキツイです。

 

レース中盤の権太坂

2区の15km付近の権太坂。『児童遊園地入り口バス停』。ここが声掛け&給水ポイントです。

権太坂のTV中継ポイントは15.3km。降りるバス停は『権太坂』よりも、最高点に近い『狩場町』がオススメ!

最高点なので登ってくる選手と下っていく選手が、比較的長く見ることができるからです。

権太坂の最高地点です。

 

19km地点の『かっぱ寿司』

19.3km地点の『不動坂』の交差点。右側の小田原・藤沢方面に進みます。

 

まさに地獄!20kmから戸塚への坂

2区の最終盤の戸塚の坂です。ここからマジで苦しかったです。

坂がキツイだけでなく、冷たい風が向かい風で吹き下ろしてくるので、本来は、人が走るところじゃないですね。

20km地点の『テンポス』横浜新道店。声掛けポイント。ここから戸塚の1つ目の坂が約1km続きます。

21kmから22kmまではいったん緩やかに下ります。22km地点の『戸塚町歩道橋』。

この先が22km地点から戸塚中継所(23.1km)までの『戸塚の壁』といわれる2つ目の坂

ここは傾斜は、特にすごくて本当にキツかったです。電動アシストの力を借りても、なかなか上がらずメチャクチャしんどかった。

2個目の坂『戸塚の壁』をほぼ登り切った23km地点の戸塚警察署前。一番キツイところですが、あと少し!

 

戸塚中継所

戸塚中継所は、釣具店『タックルベリー戸塚中継所店』の駐車場です。

【悲報】戸塚中継所は、沿道からは見えない角度にあります。

左にわずかに『タックルベリー戸塚中継所店』が見えるだけで、ここで止められてしまうので、たすきリレーは見ることができません。

 

このあたりヤンキーが多いのか、バイクが轟音をさせながら爆走していました。

 

2区を走った感想

2区を走れる選手は本当にすごすぎます!

14km辺りから上り始める権太坂。そして、20kmからの戸塚の二段坂。

特に、戸塚の坂はヤバイ。ヤバすぎる。

電動アシスト自転車でこれだけキツイんですから、人力はあり得ないです。

ただ、選手としては走りがいがあると言えるのかもしれません。

 

3区

準エース区間の3区。スピードのあるランナーが多く配置されます。

3区のコースを、おさらいしておきましょう。

最初にアップダウンがあった後、遊行寺の坂を一気に下ってから平坦な道を抜け、海沿いを走りますが、海風を喰らいまくります

 

 

遊行寺の坂

最初の4kmほどアップダウンがあってから、そのあとは遊行寺の坂を一気に下ります。

踊り念仏・時宗の総本山『遊行寺』

3区は下るのでいいのですが、8区は逆に、最後にこのきつい坂ですから、かなり大変です。帰りは泣きそうでした。

遊行寺の坂を下りた後は、平坦な道が続きます。藤沢付近の様子です。

 

7.8km地点の藤沢警察署。右に折れていきます。ここから選手を正面に見た映像が、TV放映されます。

10km地点の『ライオンズマンション辻堂西海岸』声掛け&給水ポイント。

 

海沿いを走る国道134号線

12km地点の『浜須賀』交差点を右折して、ここから海沿いを走っていきます。

 

 

駅から遠いのと、往路側は途中で歩道がなくなったりするので、すこし応援しにくいかも。

防風林がありますが、海風が容赦なく吹き付けてきます。

箱根駅伝の当日だと、かなり冷えると思うので完全防寒しないといけないでしょうね。

15km地点の『デニーズ』茅ヶ崎海岸店。声掛け&給水ポイント。

18km手前のトラスコ湘南大橋。ここで応援していると、TVに映りやすいのだとか。海風が強烈です。

残り3kmのデニーズ平塚海岸店。声掛けポイント。

この『虹ヶ浜』の手前からが、残り1kmの声掛けポイント。

 

平塚中継所

この『唐ヶ浜』交差点が、平塚中継所です。

7区→8区のたすきリレーをするときの平塚中継所の視点。

 

3区を走った感想

3区は、2区よりは走りやすい印象でした。逆に8区はかなりしんどいです。

5kmからの遊行寺の坂でスピードUPして、7.8kmの藤沢警察署から海までは平坦で、走りやすいですね。

12kmの海沿いからは、正面に富士山を見ながらで景色はいいのですが、横風がきつくて大変でした。

 

4区

かつては、つなぎ区間であった4区。

でも、今は5区・山登りに行くまでに、差をつけるor差を詰めるという重要な準エース区間になってしまいました。

全体的に、ゆるやかなアップダウンが続く印象で、乗っていければスピードも出る区間だと思いました。

 

●4区

 

 

4区は最初、少し登っていきます。2km地点の「さざれ石」バス停。

4kmの切通橋まで登ったら、少し下っていって、5km『大磯警察署』。声掛けポイント。

7.2kmのJR二宮駅前。

 

二宮にはフリーザ様

9.1kmの二宮のポイント。TV中継でよく映ります。

復路7区の二宮のポイントには、毎年フリーザ様のコスチュームの一団が話題ですね。

映り込もうとするフリーザ様と、映すまじとする日本テレビのせめぎ合い。

すっかり有名になっていて、皆さんも会えるのを楽しみにしておられるようです。

10km地点の「ローレルクリーニング」。声掛け&給水ポイント。ここから海沿いの細かいアップダウンを走っていきます。

15km地点の「連歌橋交差点」。声掛け&給水ポイント。

17.9km地点の小田原周辺。この先を左折します。ここのすぐ横にあるドラ焼き屋がおいしいです!

左折してすぐの18km「スズアコーヒー店」。声掛けポイント。この先すぐを右折。

小田原の右折ポイント。

 

20km地点の「上板橋交差点」。声掛けポイント。

小田原中継所は、鈴廣かまぼこ店の駐車場です。

 

4区を走った感想

ゆるやかな上下が続く感じで、意外と走りやすかったです。

神奈川県にしては田舎道を走っていく感じですが、アップダウンで変化があるので、走るのに楽しい区間だと思います。

気持ちの問題かもしれませんが、7区の方が少し下り基調な感じがして、ほんの少し楽な気がします。

 

復路

せっかくですから、復路区間も見ておきましょう。

 

7区

7区は4区の逆を走ることになりますが、後半すこし遠回りするので、全く同じコースというわけではありません。

気持ちですが、箱根から都心に向かって、下っていくイメージがあって、4区より若干ですが、楽な感じがしました。

 

 

8区

8区は、3区のまったく逆を走ります。

3区は、前半に遊行寺の坂を駆け下って、スピードに乗ることになりますが、8区は逆なのでキツイですね。

15kmという後半で、あのキツイ遊行寺の坂を登るのはヤバかったです。止まってしまいますね。

 

 

 

9区

9区は、2区の逆を走って行きます。

まず、たすきを受けて、すぐに戸塚の坂を駆け下っていくので、6区と変わらないような感覚になります。

そして、権太坂を登って下って、そこからが長い。「まだ鶴見中継所に着かないの?」という感じでしたね。

 

 

 

10区

10区は、1区の逆になりますが、後半大回りしていくので、23kmという長い区間になります。

ほぼ平坦なので、走りやすいですね。

 

 

 

 

最後はフラフラになって、レンタサイクルを返却しました。自分にお疲れ様です。

 

 

5区と6区

5区と6区につきましては、別記事であげていますので、こちらをご覧ください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

実際に走ってみた感想

箱根駅伝の2区3区4区のコース、いかがだったでしょうか?

もうね、自転車で行くのは絶対にやめた方がいい!

しんどすぎます。悪いことは言わないので、やるならバイクか車で行ってください。

それにしても、箱根ランナーがいかにすごいのかがわかりました。

皆さんケガなく実力を出し切って欲しいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事