箱根・彫刻の森美術館への行き方と魅力【神奈川観光】
スポンサーリンク

 

 

首都圏から手軽に行ける観光地といえる箱根ですが、美術館がとても多いんです。

数ある美術館の中でも、広い敷地をゆっくり歩いて楽しめるのが『彫刻の森美術館』です。

フジサンケイグループ傘下の美術館で、デザイナーの森英恵さんが館長ですから、運営もしっかりしていますし、家族連れでもどなたでも楽しめると思います。

箱根登山電車から少し見ることが出来ますけど、箱根『彫刻の森美術館』について、お話をさせていただきます。

 

彫刻の森美術館とは

『彫刻の森美術館』は、自然と芸術の調和をめざして、1969年(昭和44年)に設立された日本初の野外美術館です。

敷地面積は約7万㎡と広大な敷地を誇ります。

甲子園球場(約3.85万㎡)の約1.8倍)の敷地内に、たくさんの彫刻が配置された「彫刻庭園」といった感じです。

箱根の澄んだ空気の中でゆっくり歩きながら、芸術に触れることができます。

また、スペインの芸術家パブロ・ピカソの作品を集めた『ピカソ館』もあります。

彫刻の森美術館
所在地 〒250-0407 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121
電話番号 0460-82-1161
営業時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休業日 年中無休
URL https://www.hakone-oam.or.jp/

 

 

 

まっぷる 箱根'21

 

箱根への行き方

まず箱根への行き方を見ておきましょう。

首都圏にお住まいの方にとっては、いまさらという感じかもしれませんが、首都圏以外にお住まいの方はチェックしておいてください。

基本的にはJR小田原駅まで行けば、箱根登山鉄道で小田原から箱根湯本まで10分ほどで行けます。

ですので、まず『小田原』駅を目指しましょう。

新幹線『ひかり』号高速バスなら『小田原』駅を目指しましょう。

 

横浜から箱根への行き方

在来線で行くなら、JR横浜駅の5・6番ホームから『熱海』行きに乗ってください。

特急は別料金がかかりますので、快速か各駅停車で十分だと思います。『小田原』まで片道45~50分程度で着きます。

JR小田原駅に着いたら、この改札を左折して、西口『箱根登山鉄道』へ向かってください。

箱根登山電車で、箱根湯本まで行きましょう。この右隣で『箱根フリーパス』が買えます。

箱根湯本まで10分ほどです。

 

新宿から箱根への行き方

新宿からなら、小田急の特急『ロマンスカー』に乗れば、乗換なしで箱根湯本まで行けるので、一番便利です。

小田急『新宿』駅の2番ホームから、箱根湯本行きのロマンスカーに乗ってください。

1時間30分ほどで箱根湯本に着きます。

もちろん旅費を節約するために、急行などで向かってもいいと思います。この場合は2時間ほどかかります。

 

羽田空港から箱根への行き方

箱根駅伝からですと、京急『箱根空港』駅から『新逗子』『逗子・葉山』行きなど、神奈川方面に乗って『横浜』に行き、JRに乗換てください。

あとは「横浜から箱根への行き方」を参照してください。

 

箱根を観光するなら絶対お得!箱根フリーパス

箱根に行くなら1泊2日以上がオススメです。見るところが多いですし、お得に利用できるチケットがあるんです。

それが『箱根フリーパス』です。

箱根登山電車、箱根登山バス(同じ路線を走る西武系列の伊豆箱根バスは使えません)、箱根登山ケーブルカー、箱根ロープウェー、箱根海賊船などが、2日間or3日間、使い放題のチケットです。

また、温泉や美術館など各種施設の入場料が割引になるなど、かなりお得です。

日帰りなら料金を考えないといけないと思いますが、2日以上なら断然お得なので、ぜひ検討してみてください。

『箱根フリーパス』は、①小田原駅、②箱根湯本駅の案内所の他、インターネットで購入できます。

チケットはこんな感じ。乗り物にのるとき、入場券を買うときに提示する必要があります。

 

ただし、2点だけ気をつけてください。

①箱根登山電車は現在、箱根湯本~強羅の間は運休(台風被害のため。2021年11月に復旧予定)しており、代行バスを利用することになります。

②箱根フリーパスでは伊豆箱根バスは乗れません(箱根ではけっこう見かけるけど)

 

箱根湯本から彫刻の森への行き方

箱根湯本で『強羅』行きの電車に乗り換えます。

小田原~箱根湯本、箱根湯本~強羅で電車を乗り換えします。ちなみに、強羅~早雲山はケーブルカーになります。

『彫刻の森』駅で降りてください。

この看板どおりに、来た道を戻るように歩いていきます。

徒歩2分ほどで、彫刻の森美術館が見えてきます。

 

彫刻の森美術館

それでは中を見て回りましょう。

館内マップです。左下から右上へ進んでいくイメージです。

入ってすぐのところ。

水に浸かった顔

彫刻に触ることは禁止されています。

飛んでっちゃいそう

日時計

しゃぼん玉のお城

箱根の山と人間の像

お地蔵さまみたいな、爺さんみたいな

この玉が落ちてきそうで怖い

絡みついた人間?

見ているだけで楽しくなりますね。

コイが泳ぐ池

空気がおいしくて気持ちいい空間です。

大きなジェンガのような立体物

中はこんな感じで、お子様が遊んでいます。

女性の美を表現した彫刻も多いです。

キレイに手入れされていますね

世界有数のコレクション『ピカソ館』と『歩く花』

針金で造った球体。場所によって見え方が変わります。

途中にある休憩所

中はゆっくりできます

お茶や軽食もいただけます

足湯も利用できます。気持ちよくて出られなくなります。

見てると寝そべりたくなります

高さ18m、内径は8mの塔『幸せを呼ぶシンフォニー彫刻』

内部が美しいステンドグラスになっていて、登れるようになっています。

登りきると展望台になっています。最高の景色です!

一斉の声!ゼロ!

気づかずにいると、ギョッとします

いろいろな高山植物が茂っていますね

巨大な女性像

人間がいっぱい

回転物シリーズ①

回転物シリーズ②

回転物シリーズ③

回転物シリーズ④

回転物シリーズ⑤

いい感じに絡んでますね

こんな女性いそう…。

また来てね!

じっくり1時間30分くらいかけて見て回るのがいいんじゃないでしょうか?

※この彫刻の森美術館から、強羅まで行って、そこから「観光施設めぐりバス」に乗れば、他にもたくさん美術館や博物館があるので、オススメです。

 

最後に

箱根・彫刻の森美術館、いかがだったでしょうか?

芸術の良さって全然わからないんですけど、こういう美しいものに触れることが、まず大切なんじゃないかなと思っています。

冷たい空気の中でゆっくり歩くだけでも、本当に気持ちいいですね。ぜひお出掛けになってみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

お得に旅行したいなら、まずはExpediaで探してみましょう!僕もいつも使っています↓

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事