ウサギ島『大久野島』の行き方・アクセスと魅力【広島観光旅行】
スポンサーリンク

 

 

まずは、こちらの動画をご覧ください。

 

今回、広島に行ってきたのですが、一番の目的は『ウサギ島』と呼ばれる大久野島に行くことでした。

「ネコ😸の島」ってよく聞きますが、「ウサギの島」は大久野島だけではないでしょうか?

とても珍しいので、コロナ前は外国人の方も大勢いらっしゃったようです。

僕も実際に行ってみたら、ウサギがメチャクチャ可愛かったので、行き方を含めて、お話をさせていただきます。

 

ウサギと毒ガスの島『大久野島』とは

大久野島は、広島県竹原市にある瀬戸内海の小さな島です。

昭和初期から終戦まで、太平洋戦争で使用された毒ガスが、秘密裡に製造されていました。

現在のように、ウサギがいるようになったのは、1970年代に地元の小学校で飼われていたウサギが放されて、徐々に繁殖していったようです。

2018年には、900羽~1000羽のウサギが生息しています。

無人島ではありますが、宿泊できる施設があるので、海水浴に行ったり、釣りを楽しんだり、温泉につかりながら、ゆっくり滞在することもできます。

 

ウサギのエサをどうする?

せっかく大久野島へ行くのであれば、やっぱりウサギにエサをあげたいですよね。

実は、大久野島では、ウサギのエサは売っていません。

あまり持って行きすぎも良くないようですので、量は控えめの方がいいかもしれませんが、事前に買っておくか、忠海港で少し買えます。

ウサギのエサは、何を準備すればいいのでしょう?以下を参考にしてください。

ウサギに適したエサ
・にんじん、ブロッコリー
・チンゲンサイ、小松菜、サラダ菜、大根の葉
・イチゴ、リンゴ、オレンジ、バナナ、ブドウ、パイナップル
・キャベツ、レタス、白菜
・ウサギ用飼料(牧草、ペレットなど)

 

逆に、以下は、ウサギのエサに不向きなので、チェックしておいてください。

他にも、ニラ、ニンニクなども、ウサギが中毒を起こしてしまうので、与えないようにしてください。

 

ちなみに、僕は泊まっていたホテルの横が、たまたま八百屋さんだったので、これだけ買いました。

キャベツ1玉、レタス1玉、にんじん5本です。これだけあっても、30分もちませんでした…。

無限に食べる勢いです。

家族連れで来ていた地元の方が、野菜をすごい小さく細く切って、ウサギに少しずつ与えていたので、そうするのが一番長くもたせることができると思います。

『切るの、すごくしんどかったんです。』とおっしゃっていましたけど…。

 

ウサギ用飼料がオススメ

僕たちのような観光客だと、ウサギ用飼料を買って、持っていくのがいいと思いました。

これを少しずつあげるようにしてください。ウサギが欲しがるままにあげていたら、すぐになくなってしまいます。

 

牧草市場 スーパーラビットフード メンテナンス 1.2kg(うさぎ 用 ペレット)

 

マルカン 牧草物語 ハーブ入 2kg

 

買い忘れてしまったときは、『うさぎの思い出(忠海港)』でも、買うことができます。

 

 

忠海港の近くのスーパー

JR忠海駅から忠海港(うさぎの思い出)に向かう途中にある『スーパーマミー』。日曜日が定休日です。

 

三原港フェリーターミナル近くのスーパー

三原港フェリーターミナルから向かう場合は、「イオン三原店」が近くていいと思います。

 

大久野島へのアクセス(行き方)

大久野島へは、①忠海or②三原③竹原港からフェリーで向かいます。

※車で行っても、大久野島は車の走行はできないので、フェリー乗り場付近で駐車して、人間だけが大久野島に渡ることになります。

土日祝日は、駐車場も混雑するので、早めの時間に行かれることをオススメいたします。

 

①忠海からの行き方

JR三原駅から、広島の海沿いを走る呉線に乗って、「忠海」駅に向かいましょう。

JR三原駅の1号線から、『広』行きの電車に乗ってください。

3駅、約25分ほどで、『忠海(ただのうみ)』駅に着きます。

 

広島市内から忠海へ向かう場合

①JR広島駅から忠海へ向かう場合は、3番ホームから、呉線のJR快速安芸路ライナー『三原』or『広』行きに乗ってください。

約2時間で『忠海』に着きます。

 

②JR広島駅の5番ホームから『三原』or『糸崎』行きに乗って、『三原』で1番ホームの『広』行きに乗り替えて、『忠海』に行く方法もあります。

土日祝日なら、三原から大久野島に向かってもいいですね。

 

 

『忠海』駅の改札口は、北側のみです。

 

改札を出て、すぐ右折してください。

右折したら、まっすぐ歩いて行きます。

興亜橋の手前、ここを右折してください。

この踏切を渡って、道なりに右に折れていきます。

すぐに、フェリー切符売り場の『忠海港(うさぎの思い出)』が見えてきます。

徒歩4分ほどで着きます。

 

忠海港(うさぎの思い出)

ここで、大久野島へのフェリーチケットを買います。

エサを買い忘れたときは、ここで買っておいてください。大久野島(ウサギ島)ではエサは売っていませんので。

他に、おみやげやウサギグッズも買えます。

この券売機で、フェリーチケットを買ってください。

忠海⇔大久野島(ウサギ島)の往復で、大人620円、小学生以下320円です。

うさぎの思い出(忠海港)
所在地 〒729-2316 広島県竹原市忠海中町1-2−1
電話番号 0846-26-0853
営業時間 7:00~19:45
休業日 年中無休
URL http://rabbit-island.info/

 

では、フェリーに乗って、大久野島へ向かいましょう!

行きのフェリーは小さかったです。

フェリーの時刻表です。

フェリーは、以下の3ヶ所を結びます。

忠海港~大久野島へは、約15分で到着します。

 

②三原からの行き方

三原からは、土日祝日、ゴールデンウィーク(4月30日~5月2日)、盆(8月6日~15日)限定で、大久野島行きのフェリーが運航しています。

JR三原駅から徒歩で、三原フェリーターミナルへ向かいます。

JR三原駅の改札口を出て、すぐ左折して南側に出ます。

JR三原駅の出口から、南へグレーの道順で向かいます。

 

三原港の定期市内航路図。瀬戸内海のいろいろな島に行けます。

駅南のマリンロードをまっすぐ進んでいきます。

この地下道に入っていきます。

地下道をくぐり抜けると、さすが海と船の町・三原という感じですね。

三原港フェリーターミナルに到着です。

券売機で『ラビットライン・大久野島』を購入してください。

行き(大久野島方面行)が左側、帰り(三原方面行)が右側の時刻表です。片道30分です。

便利な分、運賃が少しお高めです。

 

詳しくは、ラビットラインHPで確認してください。

ラビットライン詳細HP

 

 

広島空港から向かう場合

広島空港からなら、『三原駅前』行きのバスに乗ってください。

ただし、『三原駅前』行きは本数が少ないので、そのときは①リムジンバス『竹原』行きに乗って、竹原港から向かうか、②芸陽バス『JR白市駅』行きに乗って、『白市』駅からJRで『三原』駅まで向かってください。

 

 

まっぷる 広島・宮島 尾道・呉・しまなみ海道'21

 

③竹原港からも大久野島へ行ける!

その他、竹原港からも大久野島行きのフェリーがあります。

火・水曜が定休日ですが、土日祝日で車を竹原港に停めていくのならアリかなと思います。

僕なら忠海まで行ってしまいますが、いちおう載せておきますので、ご確認ください。

竹原『うさぎの想い出』HP

 

ウサギの楽園『大久野島』

それでは、大久野島を見て回りましょう。

歩ける範囲としては3.3kmなので、1時間ほどで回ることができます。

まずは、フェリーが発着する第二桟橋から、『休暇村 大久野島』へ向かいましょう。

大久野島に着いたら、いきなりウサギがたくさん出てきますが、その前に、以下のことを気をつけてください。

ウサギはデリケートなので、優しくしてあげましょう。

 

ウサギが可愛すぎる!大久野島

島についてすぐ、ウサギが走って、近寄ってきます。

理想-ゆっくり1匹ずつ可愛がりたい。

現実-四方八方からウサギが走ってきて、一斉にエサをねだられる。

足をつかんでくる子もいて、ギャーーーーってなります。

ウサギはそこらじゅうに、穴を掘っています。

エサをねだってくるのはいいのですが、足をつかまれるのが、どうしても慣れませんでした。

ウサギは人間を見たら、走り寄ってきます。

宿泊施設『休暇村 大久野島』への無料バスも利用できます。

 

大久野島 毒ガス資料館

『休暇村 大久野島』の方へ歩いて行くと、軍幹部用防空壕跡があります。

毒ガス製造器具

さらに、『大久野島 毒ガス資料館』が見えてきます。

中は撮影不可ですが、興味のある方は見に行ってみてください。入場料100円です。

大久野島 毒ガス資料館
所在地 〒729-2311 広島県竹原市忠海町5491
電話番号 0846-26-3036
営業時間 9:00~16:30
休業日 12月29日〜1月3日
URL https://www.city.takehara.lg.jp/simin/sisetukannri/dokugasusiryokan.html

 

休暇村 大久野島

毒ガス資料館から、さらに進んでいきましょう。

しばらく進むと、『休暇村 大久野島』が見えてきます。

大久野島で唯一、食事や休憩、温泉に入ることができる施設です。

皆さん、ゆっくりされたり、ご家族連れで食事を楽しんでおられました。

もちろん宿泊もできます。

ウサギや景色、温泉で癒やされながら、のんびりされてはいかがでしょうか?

 

『休暇村 大久野島』の宿泊はこちら!

大久野島・砲台

『休暇村 大久野島』から、島の北部へ歩いて行くと、砲台跡が多くあります。

毒ガス貯蔵庫跡

どこにでもいるウサギたち

北部砲台跡①

北部砲台跡②

北部砲台跡③

北部砲台跡④

発電所跡

回っている途中も、ウサギはエサをねだってきてくれます。

第二桟橋まで戻ってきました。

ボランティアの方が与えたエサを、一心不乱に食べるウサギ団子

ずっと見ていたくなります。

ウサギが可愛くて可愛くて、本当に楽しかったです。

 

最後に

ウサギと毒ガスの島『大久野島』、いかがだったでしょうか?

小さな島なので回りやすいですし、ウサギはめちゃくちゃ可愛いので、お一人でも、カップルでも、ご家族連れでも、どなたでも楽しめると思います。

これから暑くなるので、水分をしっかり取りながら、楽しんできてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

お得に旅行したいなら、まずはExpediaで探してみましょう!僕もいつも使っています↓

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事