原爆ドーム・平和記念公園&平和記念資料館へのアクセス【広島観光】
スポンサーリンク

 

 

今日、2020年8月6日は、広島に原爆を投下されてから、75年がたった日です。

皆さん広島に、修学旅行などで行かれることが多いと思うんですけど、僕はそういう機会がなく、広島に行ったことがありませんでした。

ですので、もし広島に行くことがあれば、原爆関連の場所には絶対に行きたいと思っていました。

今回、広島に行くことになり、原爆ドームと広島平和記念公園(平和記念資料館)に行ってきましたので、そのお話をさせていただきます。

 

広島への原爆投下

広島へ原爆が投下されたのは、1945年(昭和20年)8月6日、午前8時15分です。

世界で始めて、ウラン型核爆弾「リトルボーイ」が投下されました。

当時の広島市の人口は、約35万人。原爆の被爆者は約56万人ともいわれていますので、どれだけひどい被害があったということでしょう。

爆心地は、広島市中区大手町にある「島外科内科医院」のあたりで、上空600mで炸裂しました。

すさまじい閃光と衝撃波に同時に襲われ、爆心地から半径500m内にいた人はほぼ即死だったそうです。

また、東京大学では、被爆者を使った人体実験が行われ、その内容はすべて英訳され、アメリカに渡っていました。

アメリカは同じ事を長崎でも行い、人類全体を敵に回すような卑劣な行為を行いました。

 

原爆ドームとは

元々は、1915年(大正4年)に建てられた「広島県産業奨励館」だった建物ですが、広島に投下された原爆の悲惨さを後世に伝えるために、残されています。

1960年代には、建物の風化が進み、崩落の危険もありました。

また、一部の広島市民から「あのドームを見るたびに、原爆の大惨事を思い出してつらいから、取り壊してほしい。」という根強い意見もあって、原爆ドームの存廃の議論が活発になりました。

しかし、被爆者のひとりの日記が、原爆ドーム存続の流れを作りました。

『あの痛々しい産業奨励館だけが、原爆の恐ろしさを、いつまでも後世に訴えてくれるだろう』と。

その方は16歳で亡くなってしまいましたが、世界平和への宝物を遺してくれたのだと思います。

そうして残された原爆ドームは、ユネスコの世界遺産(文化遺産)にも指定されています。

周辺には、広島平和記念公園があります。

原爆ドーム
所在地 〒730-0051 広島市中区大手町1−10
電話番号 082-242-7831
URL https://www.hiroshima-kankou.com/world-heritage/world-heritage/dome
https://www.hiroshima-navi.or.jp/post/006276.html

 

 

 

まっぷる 広島・宮島 尾道・呉・しまなみ海道'21

 

原爆ドーム~広島平和記念公園への行き方

広島市内をはしる路面電車である広島電鉄『原爆ドーム前』駅or『袋町』駅から、見て回るのがいいと思います。

 

見て回り方

通常は、『原爆ドーム』駅からの方が行きやすいです。

ですが、僕は後述する『長崎堂のバターケーキ』をおみやげにリクエストされていたので、『袋町』駅から行きました。

 

〇原爆ドーム前駅→原爆ドーム→平和記念公園→平和記念資料館→袋町駅→(長崎堂のバターケーキ購入)

 

〇袋町駅→(長崎堂のバターケーキ購入)→平和記念資料館→平和記念公園→原爆ドーム→原爆ドーム駅

 

 

 

広島電鉄『広島駅』~『袋町駅』

JR広島駅からだと、南出口を出てすぐに、広島電鉄『広島駅』があります。

『広島駅』から『原爆ドーム』駅に向かうなら、⑤広島港行き以外なら、どの電車でも行けます。

『袋町』駅へは、①広島港行きに乗ってください。

広島電鉄は、SUICAが使えるので便利です。

乗換は1時間以内に乗り換えれば、広島市内・一律190円で行けますので、乗るとき、降りるときに、きちんとSUICAでタッチしておけば、問題ありません。

 

袋町駅からの行き方

『原爆ドーム前』から向かう方は、この逆で行ってみてください。道に迷うような場所ではありません。

『袋町』駅から『広島平和記念資料館』へは、下記のとおり向かってください。迷うようなことはないと思います。

 

平和大橋をわたってすぐ、「広島市立高等女学校 原爆慰霊碑」

平和の門

友愛碑

嵐の中の母子像。奥に見えるのが「平和記念資料館」です。

祈りの泉

原爆犠牲国民学校教師と子どもの碑

平和記念ポスト

平和の塔

マルセル・ジュノー博士記念碑。スイス人医師。

ノーマン・カズンズ氏記念碑。アメリカ人ジャーナリスト、作家。

私もまた被爆者です

 

広島平和記念資料館

原爆資料館ともよばれる博物館です。

東館から入館していきます。

世界平和監視時計

被爆前の広島

この子供たちの笑顔を壊していい人間なんかいません

原爆で破壊された広島

一瞬で破壊される人間の尊厳

すさまじい高温の閃光と衝撃波でボロボロになった衣服

破壊され尽くす建造物の残骸

超高温のため、皮膚の下の水分が一気に膨張・蒸発することで、皮膚が破れて、ダラリとただれ落ちてしまいます

水を求めて、川に飛び込み死んでいく人々

原型をとどめていない被爆者

地獄絵図と化した病院の様子

歯茎からの出血が止まらず、顔に斑点ができて死んでいった被爆者

何の罪もない人が、すさまじい被害に遭いました

どれだけの戦争孤児が出て、どれだけ悲惨な人生になってしまったことでしょう

痛々しいケロイド。彼らは差別にも苦しめられます。

核兵器が人間をどのように破壊してしまうのか、真正面から向き合わなければなりません

右がもともとの原爆ドーム

白血病とガンに犯され、多くの人が苦しみながら、死んでいきました

それでも繰り返される核兵器開発

こんな犠牲と過ちを、絶対に繰り返してはいけませんね

ローマ法王から贈られた燭台とキャンドル

アメリカには、もう少しまともな感覚を持ってもらいたい

この男の子の犠牲が、ムダにならないようにしないといけません

広島平和記念資料館
所在地 〒730-0811 広島市中区中島町1−2
電話番号 082-241-4004
営業時間 8:30~18:00
休業日 12月30日、12月31日
URL http://hpmmuseum.jp/

 

国立広島原爆死没者追悼平和祈念館

平和記念資料館の北側に、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館があります。

ここは、被爆者を追悼する国立施設です。

原爆死没者を追悼し、核兵器のない平和な世界を築くというこの思いを、最近忘れてしまっているかもしれません。

入口

平和記念・死没者追悼空間

国立広島原爆死没者追悼平和祈念館
所在地 〒730-0811 広島市中区中島町1−6
電話番号 082-543-6271
営業時間 8:30~17:00(日によって長くなる場合あり)
休業日 12月30日、12月31日
URL https://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp/

 

広島平和記念公園

世界に向けて『人類の平和を願い訴える』こと、『過去の過ちを繰り返さないこと』を目的に整備された市民公園です。

 

平和記念公園・周辺MAP

広島市民の世界平和を願う象徴ともいえる場所ですね

原爆死没者慰霊碑の向こうに、原爆ドームが見えます

ちょっとわかりずらいですが、「平和の灯」がともされています。

平和祈念像

平和乃観音象

韓国人原爆犠牲者慰霊碑

原爆供養塔

平和の時計塔

平和の鐘

この鐘を1回だけつきました。なぜだか涙がこぼれ落ちました。

原爆の子の像

中は、折り鶴を模した鐘になっています

 

原爆ドーム

平和記念公園から元安橋を渡ると、原爆ドームがあります。

その前に、動員学徒慰霊塔

今も大事に遺されている原爆ドーム

なるべく被害を受けた当時の姿のまま遺されています

中も破壊し尽くされています

絶対に戦争をしてはいけないという戒めを、決して忘れてはいけません

鈴木三重吉文学碑

原爆ドームのすぐ横に、広島電鉄『原爆ドーム前』駅があります。

 

長崎堂のバターケーキ

長崎堂のバターケーキは、人気の広島銘菓です。

袋町駅から長崎堂へは、下記の通りまっすぐ東に向かいます。

 

ローソン広島袋町店が見えれば、この道を東に進んでいくだけです。

5分ほどで見えてきます。朝早めに行かないと、よく売り切れるそうです。

写真は撮らせてもらえたものの、全部食べられてしまったので、味はわかりませんが、「すごく美味しかったよ。ご苦労様。」というお褒めの言葉だけいただきました…。

お取り寄せもできますので、食べてみたい方はHPからどうぞ。

長崎堂
所在地 〒730-0037 広島市中区中町3−24
電話番号 082-247-0769
営業時間 9:00~15:30
休業日 日祝日
URL http://nagasakido.net/

 

最後に

原爆ドーム、平和記念公園、平和記念資料館、いかがだったでしょうか?

みんなそれぞれ色んな考え方はあるかもしれませんが、世界平和を望んでいることは、皆の共通ではないでしょうか。

軍需産業に関わっていない限りは…。

僕も何もできないですけど、世界平和を祈っていきたいと思っています。

『核廃絶へ連帯を』

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

お得に旅行したいなら、まずはExpediaで探してみましょう!僕もいつも使っています↓

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事