新門司港~大阪南港の船旅が3980円!コスパ最高の名門大洋フェリー
スポンサーリンク

 

 

今回は少し趣向をかえて、フェリーでの船旅についてお話させていただきます。

福岡に旅行して帰るときは、通常は来たときと同じ交通手段で帰ることが多いと思います。

僕もそうなのですが、今回はフェリーで大阪まで帰ってみようと思って、行ってみたところ、これがすごく快適でした。

今回は、名門大洋フェリーでの移動旅についてお話をさせていただきます。

 

名門大洋フェリーとは

名門大洋フェリーは、大阪南港~北九州・新門司港をつなぐフェリーです。

夕方に出港し翌日早朝に到着する第1便と、夜に出港し翌日朝に到着する第2便の、1日2便が、大阪と北九州の両方から出航します。

ほぼ同じ航路を運航する『阪九フェリー』と激しい競争を繰り広げています。

しかし、『阪九フェリー』は関西の拠点が神戸と泉大津なので、『名門大洋フェリー』はより大阪中心部に近い大阪南港という地の利があります。

名門大洋フェリー
所在地 〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-9-6
電話番号 050-3784-9680 (旅客予約センター)
受付時間 9:00~18:30
定休日 年中無休
URL https://www.cityline.co.jp/

 

新門司港への行き方(アクセス)

今回、僕は福岡から大阪に帰るときに、名門大洋フェリーを使ったので、そちらの行き方をご紹介させていただきます。

ちなみに、大阪南港は、大阪市営地下鉄のフェリーターミナル駅に直結されているので簡単だと思います。

まずはJR小倉駅orJR門司駅から出発します。

JR小倉駅は新幹線も停車する駅です。

小倉駅の新幹線口(北口)に出てください。

『宇宙海賊キャプテンハーロック』のハーロック像

銀河鉄道999のメーテル、星野鉄郎の銅像もあります。

下りていくと、バス停があります。

場所を確認しておいてください。(JR小倉駅)

JR門司駅のバス停です。

JR小倉駅の名門大洋フェリー・バス停です。

このバスに乗って、新門司港に向かいます。

バスの時刻表を確認して、遅れないようにしてください。

約40分で新門司港に着きます。

 

名門大洋フェリーの船旅

それでは、船旅を楽しんでいきましょう。

 

時刻表と料金表

まず、時刻表を確認してください。

新門司港→大阪南港 大阪南港→新門司港
1便 17:00→翌日05:30 17:00→翌日05:30
2便 19:50→翌日08:30 19:50→翌日08:30

 

料金表です。

インターネットWEBで事前予約すると安くなります。僕はエコノミーだったのですが、3,980円でした!

車やバイク、自転車も積み込むことができるので、詳しくは『名門大洋フェリーHP』で確認してみてください。

お客さんの中には、長距離トラックの方も多くいらっしゃいます。

運賃+宿泊費と思えば、かなり安いですよね。

 

フェリー船内

乗船券を確認するだけで、面倒な荷物検査などもありません。

入ってすぐ受付とおみやげコーナーが迎え入れてくれます。

ロッカーもあるのでセキュリティも万全!

豪華客船のコロナ騒ぎの影響と、平日ということもあり、お客さんはメチャクチャ少なかったです。

メインフロアが5Fってのが、船っぽい

6Fのパブリックスペース

マッサージチェア

喫煙スペース

甲板にも出てみましょう

ここは煙がすごいので出航前に

タイタニック号みたいになったときは、ここに

出航です

潮風を浴びていると、すごく気持ちいいです

 

展望浴室(大浴場)

大浴場もあります。

時間はチェックしておいてくださいね。

船内ですので、それほど広くはありませんが、十分くつろぐことができました。

外が見えるお風呂があるのは、うれしいですね。夜は真っ暗になってしまうので、乗船してすぐ入る方が多いです。

他に、シャワー室もあるので、汗をかいても快適に過ごせます。

 

客室

お客さんがメチャクチャ少なかったので、お願いしたら少し他のお部屋を見せていただくことができました。

和室3人部屋

和室いいよね

客室はピンキリですけど、僕はドケチなので一番安い部屋

雑魚寝する感じ。お客さんが少なかったので、ほぼ貸し切りでした。

10時になると消灯されるので、寝るしかありません。

僕はすぐには寝られなかったので、パブリックスペースでTV見たり、kindle本を読んだり、ビール飲んだりしてました。

 

食事

食事はバイキング形式のレストランがあります。

今はどこのビュッフェも小分けスタイルですね。

ビールなどのお酒、ソフトドリンク、アイスクリーム、カップ麺(お湯付き)なども充実しています。

もっとケチりたいなら、コンビニ弁当を買ってきて、電子レンジで温めてもいいと思います。

 

インターネット環境

いちおうWi-Fiは準備されていますが、全くつながりませんでした。船旅の唯一の弱点かもしれません。

そもそも海の上では圏外になってメール受信ができないので、設定までいけませんでした。新門司港で出航前に設定を終えておけば、使えたかもしれません。

ロビーにあるテレビは、普通に見ることができました。

 

早朝5時30分、定刻どおりに大阪南港に到着しました。

大阪市営地下鉄のフェリーターミナル駅に直結されているので、すぐ移動できるのもいいですね。

 

フェリー船旅の感想

僕が今回、フェリーに乗ってみた感想をまとめてみました。

・移動+宿泊と考えると、メチャクチャ安い
・移動中も寝ころがれるのが快適すぎる
・ぐっすり眠って、早朝に着いてすぐに動ける
・客室は狭いけど、我慢できる範囲
・お風呂、シャワーがGood!
・船内のレストランや飲み物の値段は高い
・インターネットは全然ダメ
・TVは普通に見られる
・潮風が気持ちよく景色も良い
・コスパ最高すぎる

 

瀬戸内海を通っていく船旅、ちょー快適でした。オススメ!

僕はビール飲んで寝てしまいましたが、それぞれの大橋を見たらキレイだったでしょうね。

 

最後に

名門大洋フェリーでの船旅、いかがだったでしょうか。

のんびり寝ている間に大阪に着いて、しかも安いって最高ですね。

大阪、福岡で車やバイクを使う場合は、もうフェリー一択ではないでしょうか。

この他の路線も乗ってみたいと思っています。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

 

 

お得に旅行したいなら、まずはExpediaで探してみましょう!僕もいつも使っています↓

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事