【第52回全日本大学駅伝】どこよりも遅い区間&順位予想
スポンサーリンク

 

 

次の日曜日、11月1日に伊勢路で『第52回・全日本大学駅伝』が行われます。

僕個人としては、同日に行われる『大阪市廃止・特別区設置住民投票』も気になるところですが、全日本大学駅伝は楽しんで観たいと思っています。

どうせなら、箱根駅伝とともに、全日本大学駅伝も区間配置と順位予想をしたいと思いますので、少しお付き合いいただければと思います。

 

第52回全日本大学駅伝の展望

大学三大駅伝といわれる出雲駅伝が中止になってしまったので、この全日本大学駅伝が最初の大きな学生駅伝レースとなります。

コロナ禍により大会が少ない中ですので、どの大学も是が非でも良い成績を残したいところでしょう。

ですので、各校とも慎重にレースを進めるものと思われます。

 

展開予想

駅伝シーズン初のレースですので、昨年の出雲駅伝や全日本大学駅伝のように、1区は牽制し合って、様子見になるのではないかと思っていました。

1区は9.5kmと短い区間ですが、出遅れだけは避けたいので、なかなか仕掛けることが難しいと思われます。

そう考えていた大学が多かったでしょうが、状況は一変しています。

順天堂大学が1区にスーパールーキー三浦龍司選手をエントリーしてきましたので、様子見はもうないでしょう。

最初からグイグイ引っ張って、脱落者がどんどん出る展開になると思います。

1区からふるい落としにかかってきた順天堂大学の作戦は、他校を震え上がらせていることでしょう。

他校は急いで区間配置を練り直しているに違いありません。

そして、8km過ぎからロングスパートの掛け合いになるでしょうから、残りの1.5kmは壮絶なスパートが見られるでしょうね。

2区は、1・2年生中心のルーキー対決が多く見られると予想しています。1区でふるい落とされた大学は、ここで上位に追いつかないと、そのまま終わってしまう可能性があります。

3区はエース区間。ここで順位が大きく動き、かつ固定化していくでしょう。最重要区間かもしれません。

4~6区は小さな順位変動を繰り返しながら、主力の選手がどんどん出てきて、楽しませてくれるでしょう。

7・8区は距離の長い区間で、主力の選手が出てきます。ここでも順位変動はあるでしょうが、ここに至るまでにしっかりレースを作れたチームが上位に入ってくるでしょうね。

 

順位予想

全日本大学駅伝は8区間で、距離の短い区間と長い区間が混在しています。

勝つための鍵は、①8人の計算できる選手を揃えられること②バランスを取りながらも3区、7区、8区に強い選手をおけるかどうか、だと思います。

 

優勝は、青山学院大学がやや優勢。原晋監督が「控えの選手でもシード権を狙える」と豪語するなど、やはり少し力が抜き出ている。

2位、3位予想の東海大学、駒澤大学もほとんど差がない。したがって、この3校を中心に、優勝争いが展開されるものと思われます。

4位、5位、6位予想の順天堂大学、帝京大学、明治大学もほとんど差がない。ここの争いも楽しみです。

7位、8位、9位予想の、早稲田大学、東洋大学、國學院大學もほとんど差がない。熾烈なシード権争いが見られると思います。

最後に、10位予想を、中央学院大学か東京国際大学かで迷いましたが、ヴィンセントではなく、ルカ・ムセンビ選手ということで、区間賞候補だと思いますが、他校としてはそれほど怖くないかと思います。

 

大学駅伝 2020 夏・秋号 (陸上競技マガジン2020年10月号増刊)

 

各大学の区間予想

各大学の区間予想をしてみました。

来年の箱根駅伝も睨み、選手を試しながら勝負も意識していくことになるでしょう。

 

各大学区間エントリー一覧PDF

 

※区間エントリーが発表されたため、それに合わせて区間予想を一部変更しています。

 

1位予想:青山学院大学

大本命の王者、青山学院大学。

選手層の厚さでやや有利だが、箱根駅伝に比べて距離が短いため、番狂わせが起きやすい。

序盤を耐え忍びながらも、3区で抜け出して、そのまま優勝するのではないか。

もちろん控えの選手も強力なので、出場チャンスはたくさんある。

湯原慶吾(3) 佐藤一世(1)
近藤幸太郎(2) 岩見秀哉(4)
吉田圭太(4) 神林勇太(4)
髙橋勇輝(3) 竹石尚人(4)

 

2位予想:東海大学

前回王者の東海大学。是が非でも取りたいタイトルだろう。

連覇の可能性は十分あるが、2・3年生の選手層は意外と薄い。

後半の強い4年生に渡るまで、しっかりレースを作ることができれば、青山学院大学の牙城を崩せるかもしれない。

喜早駿介(1) 本間敬大(3)
市村朋樹(3) 竹村拓真(2)
塩澤稀夕(4) 西田壮志(4)
濵地進之介(2) 名取燎太(4)

 

3位予想:駒澤大学

全日本大学駅伝を得意としている駒澤大学。

戦力はかなり充実しているので、1区2区をしのげれば、頂点が見えてくるかもしれない。

1年生がどれくらい走れるのか楽しみ!

加藤 淳(4) 鈴木芽吹(1)
花尾恭輔(1) 山野 力(2)
石川拓慎(3) 小林 歩(4)
伊東颯太(4) 田澤 廉(2)

 

4位予想:順天堂大学

迷ったけど、箱根駅伝予選会の勢いをかって4位予想は、順天堂大学。

8人全員が強いし、控えの選手でも十分に戦える。疲れをしっかり抜いて、レースに臨んで欲しい。

1区2区で抜け出すようだと、そのまま優勝する可能性すらある。

1年生の三浦龍司、石井一希選手の走りにも期待!

三浦龍司(1) 野口雄大(4)
石井一希(1) 西澤侑真(2)
清水颯大(4) 吉岡智輝(3)
野村優作(2) 近藤亮太(3)

 

5位予想:帝京大学

地味ながら、実力者揃いの帝京大学を5位予想にした。

調整がどのくらい進んでいるか、少し疑問はあるものの、メンバーを見れば、ここに入れても全くおかしくないはず。

遠藤大地選手のエースらしい走りが見たい!

小野隆一朗(1) 橋本尚斗(3)
中村風馬(3) 増田 空(4)
鳥飼悠生(4) 星  岳(4)
遠藤大地(3) 小野寺悠(4)

 

6位予想:明治大学

6位予想は明治大学。かなり強いメンバーなので、もっと上でも良かったが…。

小袖選手がトラックの記録会で、あまり成績が振るわないのが少し心配。

隙の無い布陣なので、もっと上位も十分に狙えると思う。

児玉真輝(1) 前田舜平(4)
小袖英人(4) 富田峻平(2)
手嶋杏丞(3) 加藤大誠(2)
櫛田佳希(2) 鈴木聖人(3)

 

7位予想:早稲田大学

7位予想は早稲田大学。もっと上でもよかったけど、どのチームも強いので本当に悩みますね。

エース級の選手と準エース級の選手の間に、ちょっと実力差を感じてしまう。

もちろん実力を出し切れば、5位以内にも入ってくるだろう。

北村 光(1) 菖蒲敦司(1)
井川龍人(2) 半澤黎斗(3)
中谷雄飛(3) 鈴木創士(2)
太田直希(3) 向井悠介(3)

 

8位予想:東洋大学

國學院大學と迷ったが、やっぱり東洋大学が全日本大学駅伝では上になるのではないか。

薄い選手層は心配ではあるが、酒井監督がこのままにしておくとは思えない。

箱根は厳しいと思うが、ここでは手堅くまとめてくるような気がする。

児玉悠輔(2) 大澤 駿(4)
松山和希(1) 清野太賀(2)
西山和弥(4) 吉川洋次(4)
前田義弘(2) 宮下隼人(3)

 

9位予想:國學院大學

シード権から漏れてしまう9位予想は國學院大學。

箱根駅伝のような長い距離で、かつ特殊区間がある方が、國學院大學に有利に働くような気がする。

7区にわたるまで耐えきれるかどうか?エントリーが少ない2年生にはもうちょっと頑張って欲しい

島崎慎愛(3) 木付琳(3)
臼井健太(4) 伊地知賢造(1)
中西大翔(2) 藤木宏太(3)
高嶌凌也(4) 河東寛大(4)

 

10位予想:中央学院大学

箱根駅伝予選会でまさかの落選となってしまった中央学院大学。

まだショックを引きずっているとは思うが、意地を見せて欲しいし、あなたたちの実力はこんなモノではないはず。

このガチ勝負のレースを走れる機会を大切にして欲しい。

武川流以名(2) 吉田光汰(3)
小島慎也(2) 伊藤秀虎(1)
栗原啓吾(3) 畝 歩夢(4)
戸口豪流(4) 髙橋翔也(4)

 

最後に

いやぁ、早く全日本大学駅伝が見たいですね。楽しみです!

まずは無観客ですが、事故なくコロナの感染もなく、無事に大会が行われて欲しいです。

本当に早く収束していって欲しいですね。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事