星の王子さまミュージアムへの行き方と魅力【神奈川・箱根観光】
スポンサーリンク

 

 

ここのところ忙しくて、少し疲れていたこともあって、また箱根に行ってマッサージを受けたり、温泉に入ったりしていました。

せっかく箱根に行ったので、前から気になっていた美術館に少しだけですが行ってきました。

今回は、『星の王子さまミュージアム』についてお話をさせていただきます。

 

星の王子さまミュージアムとは

サン=テグジュペリ 星の王子さまミュージアムは、神奈川県箱根町にある「星の王子さま」と作者の「アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ」をテーマにした博物館です。

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの生誕100周年を祝う世界的記念事業の一環として、1999年(平成11年)に開業しました。

作者の生涯と「星の王子さま」の作品についての紹介や展示、フランス風の庭園が整備されています。

現在、TBS(東京放送)によって運営されています。

サン=テグジュペリ 星の王子さまミュージアム
所在地 〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原909
電話番号 0460-86-3700
営業時間 9:00〜18:00(最終入園17:00)
休業日 第2水曜日(3月と8月は無休)
URL https://www.tbs.co.jp/l-prince/

 

 

 

まっぷる 箱根'21

 

『星の王子さま』とは

『星の王子さま』は、フランス人の飛行士・小説家であるアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの代表作といえる小説で、1943年にアメリカで出版されました。

 

星の王子さま (新潮文庫)

 

主人公の操縦する飛行機が、砂漠に不時着するという実体験を元に、物語がはじまり、そこで出会った少年(ある星からやってきた王子)との会話から、物語が展開されていきます。

また、飼っていたフェネックからインスピレーションを得たのか、キツネが物語に登場してきます。

最後に、王子さまは「君が星を見上げたら、僕はそのどれか1つに住んでいるから。そのどれか1つで笑っているから。君には星が全部笑っていることになる。君には笑う星たちをあげるんだ。」と言い残して、帰っていきます。

といっても、あらすじを少ししか知らないので、ぜひ原作を読んでみたいと思っています。

 

 

まんがで蘇る 星の王子さま (PHP文庫)

 

箱根への行き方

まず箱根への行き方を見ておきましょう。

首都圏にお住まいの方にとっては、いまさらという感じかもしれませんが、首都圏以外にお住まいの方はチェックしておいてください。

基本的にはJR小田原駅まで行けば、箱根登山鉄道で小田原から箱根湯本まで10分ほどで行けます。

ですので、まず『小田原』駅を目指しましょう。

新幹線『ひかり』号高速バスでもJR『小田原』駅を目指しましょう。

 

横浜から箱根への行き方

在来線で行くなら、JR横浜駅の5・6番ホームから『熱海』行きに乗ってください。

特急は別料金がかかりますので、快速か各駅停車で十分だと思います。『小田原』まで片道45~50分程度で着きます。

JR小田原駅に着いたら、この改札を左折して、西口『箱根登山鉄道』へ向かってください。

箱根登山電車で、箱根湯本まで行きましょう。この右隣で『箱根フリーパス』が買えます。

箱根湯本まで10分ほどです。

新宿から箱根への行き方

新宿からなら、小田急の特急『ロマンスカー』に乗れば、乗換なしで箱根湯本まで行けるので、一番便利です。

小田急『新宿』駅の2番ホームから、箱根湯本行きのロマンスカーに乗ってください。

1時間30分ほどで箱根湯本に着きます。

もちろん旅費を節約するために、急行などで向かってもいいと思います。この場合は2時間ほどかかります。

 

羽田空港から箱根への行き方

箱根駅伝からですと、京急『箱根空港』駅から『新逗子』『逗子・葉山』行きなど、神奈川方面に乗って『横浜』に行き、JRに乗換てください。

あとは「横浜から箱根への行き方」を参照してください。

 

箱根を観光するなら絶対お得!箱根フリーパス

箱根に行くなら1泊2日以上がオススメです。見るところが多いですし、お得に利用できるチケットがあるんです。

それが『箱根フリーパス』です。

箱根登山電車、箱根登山バス(同じ路線を走る西武系列の伊豆箱根バスは使えません)、箱根登山ケーブルカー、箱根ロープウェー、箱根海賊船などが、2日間or3日間、使い放題のチケットです。

また、温泉や美術館など各種施設の入場料が割引になるなど、かなりお得です。

日帰りなら料金を考えないといけないと思いますが、2日以上なら断然お得なので、ぜひ検討してみてください。

『箱根フリーパス』は、①小田原駅、②箱根湯本駅の案内所の他、インターネットで購入できます。

チケットはこんな感じ。乗り物にのるとき、入場券を買うときに提示する必要があります。

 

ただし、1点だけ気をつけてください。

箱根フリーパスでは、この伊豆箱根バスは乗れません(箱根ではけっこう見かけるけど、西武グループなので。)

 

星の王子さまミュージアムへの行き方

小田原から箱根湯本まで行き、①箱根湯本からバス②強羅から観光施設めぐりバスのいずれかで向かいます。

 

①箱根湯本からバスでの行き方

 箱根登山電車で『箱根湯本』に着いたら、バスに乗り換えです。

 バス停の3番乗り場から出発します。

『桃源台』行きのバスに乗ってください。バスは下記のルートを通ります。

 『川向・星の王子さまミュージアム』で降りてください。40分程で着きます。

すぐ横が、星の王子さまミュージアムです。

 

②強羅から観光施設めぐりバスでの行き方

箱根登山電車で『箱根湯本』に着いたら、隣のホームの『強羅』行きに乗り換えてください。

終点『強羅』駅で下車してください。

下記ルートで、バス停へ向かいます。

 

『湿生花園前』行きの「観光施設めぐりバス」に乗ってください。「天悠」行きは逆方向になりますので注意してください。

『川向・星の王子さまミュージアム』で降りてください。15分程で着きます。

すぐ横が、星の王子さまミュージアムです。

 

星の王子さまミュージアム

それでは、星の王子さまミュージアムを見ていきましょう!

そんなに広くありませんが、フランスに来た感覚になれます。

のっけからオシャレですね

入ってすぐの噴水。星の王子さまがいた小惑星。

エントランスです

入ってすぐに、いい感じの庭園が現れます

アーチをくぐります

フランス風の邸宅

ライトアップされたらキレイでしょうね

映えるわぁ

こんなお店があるとオシャレね

欧州という感じの街並み

星の王子さまと街

サン=テグジュペリ教会

教会の内部

箱根は空気が澄んでいて、気持ちがいいですね

11月の箱根は、紅葉がキレイでした。

『星の王子さま』に出てくる王さま。偉そうに命令ばかりする。

『星の王子さま』に出てくる実業屋。形式的な所有にしか興味がない。

展示ホール。写真を撮れる所は、かなり制限されています。

星の王子さまと飛行機

王子さまのバラの花

『星の王子さま』に出てくる、うぬぼれ男。褒め言葉しか耳に入らない。

『星の王子さま』に出てくる物理学者。情報収集を真の知識と混同している。

『星の王子さま』に出てくる天文学者。民族衣装で学会発表する。

アフリカに自生するバオバブ

山のてっぺんに立つ星の王子。作者の孤独感を反映している。

5,000本ものバラの花

知恵の象徴キツネ。星の王子さまに「肝心なことは目に見えないんだよ」という言葉を贈る。

死の使者ヘビ。この物語では、元の星に帰す役割。

井戸。のどを潤す役割だけでなく、「心にもいいもの」という役割。

200以上の国で読まれる「星の王子さま」

レストラン「ル・プチ・プランス」

ハンバーグ食べました。高いけど、美味しかったです!

11月からお正月までは、クリスマスツリーが設置されます。

午後3時30分からは点灯してくれます。

 

星の王子さまミュージアムから他の施設へ

星の王子さまミュージアムを見終わったら、バスで近隣の『ポーラ美術館』『ガラスの森美術館』大涌谷』などに行ったりしても楽しいですね。

観光施設めぐりバスの内部。陽光が気持ちいいです。

『箱根フリーパス』があると、値段を気にせず乗り放題なのでうれしいです。

『箱根登山バス路線図』をご覧いただいて、いろいろ回ってみてくださいね。

 

最後に

星の王子さまミュージアム、いかがだったでしょうか?

原作を読んだことがないのですが、読みたくなりました。

ここを見てから、フェネックが可愛いので、飼いたくもなりましたね。ぜひお出掛けしてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

お得に旅行したいなら、まずはExpediaで探してみましょう!僕もいつも使っています↓

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事