ポーラ美術館への行き方(アクセス)と魅力【神奈川・箱根観光】
スポンサーリンク

 

 

前回お話させていただいた『星の王子さまミュージアム』の近くにも、たくさん美術館があるので、あわせて行ってみようと思いました。

その中でも気になっていた『ポーラ美術館』に行ってきました。

今回は、『ポーラ美術館』についてお話をさせていただきます。

 

ポーラ美術館とは

ポーラ美術館は、ポーラ化粧品の創業家が収集した美術品を展示する美術館です。

「箱根と自然と美術の共生」をコンセプトに、西洋絵画、日本画、版画、彫刻、東洋陶磁、日本の近現代陶芸、ガラス工芸、化粧道具など、幅広い美術品が展示されています。

また、併設の庭は「森の遊歩道」として、四季折々の箱根の豊かな自然に触れることができます。

ポーラ美術館
所在地 〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
電話番号 0460-84-2111
営業時間 9:00~17:00(最終入館16:30)
休業日 年中無休(悪天候による臨時休館あり)
URL https://www.polamuseum.or.jp/

 

 

まっぷる 箱根'21

 

 

箱根への行き方

まず箱根への行き方を見ておきましょう。

首都圏にお住まいの方にとっては、いまさらという感じかもしれませんが、首都圏以外にお住まいの方はチェックしておいてください。

基本的にはJR小田原駅まで行けば、箱根登山鉄道で小田原から箱根湯本まで10分ほどで行けます。

ですので、まず『小田原』駅を目指しましょう。

新幹線『ひかり』号高速バスでもJR『小田原』駅を目指しましょう。

 

横浜から箱根への行き方

在来線で行くなら、JR横浜駅の5・6番ホームから『熱海』行きに乗ってください。

特急は別料金がかかりますので、快速か各駅停車で十分だと思います。『小田原』まで片道45~50分程度で着きます。

JR小田原駅に着いたら、この改札を左折して、西口『箱根登山鉄道』へ向かってください。

箱根登山電車で、箱根湯本まで行きましょう。この右隣で『箱根フリーパス』が買えます。

箱根湯本まで10分ほどです。

 

新宿から箱根への行き方

新宿からなら、小田急の特急『ロマンスカー』に乗れば、乗換なしで箱根湯本まで行けるので、一番便利です。

小田急『新宿』駅の2番ホームから、箱根湯本行きのロマンスカーに乗ってください。

1時間30分ほどで箱根湯本に着きます。

もちろん旅費を節約するために、急行などで向かってもいいと思います。この場合は2時間ほどかかります。

 

羽田空港から箱根への行き方

箱根駅伝からですと、京急『箱根空港』駅から『新逗子』『逗子・葉山』行きなど、神奈川方面に乗って『横浜』に行き、JRに乗換てください。

あとは「横浜から箱根への行き方」を参照してください。

 

箱根を観光するなら絶対お得!箱根フリーパス

箱根に行くなら1泊2日以上がオススメです。見るところが多いですし、お得に利用できるチケットがあるんです。

それが『箱根フリーパス』です。

箱根登山電車、箱根登山バス(同じ路線を走る西武系列の伊豆箱根バスは使えません)、箱根登山ケーブルカー、箱根ロープウェー、箱根海賊船などが、2日間or3日間、使い放題のチケットです。

また、温泉や美術館など各種施設の入場料が割引になるなど、かなりお得です。

日帰りなら料金を考えないといけないと思いますが、2日以上なら断然お得なので、ぜひ検討してみてください。

『箱根フリーパス』は、①小田原駅、②箱根湯本駅の案内所の他、インターネットで購入できます。

チケットはこんな感じ。乗り物にのるとき、入場券を買うときに提示する必要があります。

ただし、1点だけ気をつけてください。

箱根フリーパスでは、この伊豆箱根バスは乗れません(箱根ではけっこう見かけるけど、西武グループなので。)

 

ポーラ美術館への行き方

小田原から箱根湯本まで行き、①箱根湯本からバス②強羅から観光施設めぐりバスのいずれかで向かいます。

 

①箱根湯本からバスでの行き方

 箱根登山電車で『箱根湯本』に着いたら、バスに乗り換えです。

 バス停の3番乗り場から出発します。

『桃源台』行きのバスに乗ってください。バスは下記のルートを通ります。

 

※一部のバスが、ポーラ美術館へは行かない場合があります。そのときは『仙郷楼前』で、2番乗り場「観光施設めぐりバス」の強羅or天悠行きに乗り換えてください。

 『ポーラ美術館』で降りてください。45分程で着きます。

すぐ横が、ポーラ美術館です。

 

②強羅から観光施設めぐりバスでの行き方

箱根登山電車で『箱根湯本』に着いたら、隣のホームの『強羅』行きに乗り換えてください。

終点『強羅』駅で下車してください。

下記ルートで、バス停へ向かいます。

 

『湿生花園前』行きの「観光施設めぐりバス」に乗ってください。「天悠」行きは逆方向になりますので注意してください。

『ポーラ美術館』で降りてください。10分程で着きます。

すぐ横が、ポーラ美術館です。

 

ポーラ美術館

それでは、ポーラ美術館を見ていきましょう

エントランスからカッコイイ!

中はとてもオシャレな造りです

僕も成金になって、美術品の収集とかやってみたい

ゆっくり美術品を見て回るのは、本当に贅沢な時間です

エミール・ガレの美しい花瓶

フィンセント・ファン・ゴッホ『青い炎』

芸術はよくわからないけど、いい感じ

女性の裸体

ピエール・オーギュスト・ルノワール『水のなかの裸婦』

クロード・モネ『バラ色のボート』

オーギュスト・ロダン『カレーの市民(第二試作)』

ワシリー・カンディンスキー『支え無し』

ラウル・デュフィ『パリ』

クロード・モネ『睡蓮』

エミール・アントワーヌ・ブールデル『わが子を捧げる聖母』

オディロン・ルドン『日本風の花瓶』

ジョルジュ・スーラ『グランカンの干潮』

帽子をかぶった女性の像

ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル『男の頭部(《ホメロス礼讃》のための習作 )』

ポール・シニャック『オーセールの橋』

レオナール・フジタ (藤田嗣治)『ラ・フォンテーヌ頌』

アンリ・ルソー『飛行船「レピュブリック号」とライト飛行機のある風景』

サルバドール・ダリ『姿の見えない眠る人、馬、獅子』

ピエール・オーギュスト・ルノワール『髪かざり』

北大路廬山人『赤絵金襴手向付』

桑田卓郎『茶垸』

ハーゲナー工房の手鏡

ルネ・ラリックの香水瓶『ダン・ラ・ニュイ』(夜中に)

アメリカっぽい香水瓶

 

カフェ・ショップ

紅葉をバックにカフェでお茶しました

食べるものもオシャレ

売店も美術館っぽいものが多くてよかったです

 

森の遊歩道

外の紅葉が美しかったので、庭も散策することにしました

箱根は本当に空気がおいしいです

niŭ 『しあわせな犬』

 

ポーラ美術館から他の施設へ

ポーラ美術館を見終わったら、バスで近隣の『星の王子さまミュージアム』『ガラスの森美術館』大涌谷』などに行ったりしても楽しいですね。

観光施設めぐりバスの内部。陽光が気持ちいいです。

『箱根フリーパス』があると、値段を気にせず乗り放題なのでうれしいです。

『箱根登山バス路線図』をご覧いただいて、いろいろ回ってみてくださいね。

 

最後に

ポーラ美術館、いかがだったでしょうか?

少し対象年齢が高めかもしれませんが、たまに芸術性の高いところに行ってみるのもいいですね。

芸術性の高さと、箱根の自然や空気のおいしさがぴったりだと思いますし、本当に贅沢な気持ちになれますので、ぜひお出掛けしてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

お得に旅行したいなら、まずはExpediaで探してみましょう!僕もいつも使っています↓

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事