【第98回箱根駅伝2022】総合優勝は青山学院大学&予想の答え合わせ
スポンサーリンク

 

 

本日、2022年1月2日(日)、第98回箱根駅伝2022が行われました。

青山学院大学が見事なレース運びで、総合優勝しました。往路、そして復路も1位で、完全優勝でした。

朝は本当に寒くて、ときおり風が強く吹き、選手は大変なコンディションでの中でのレースとなりました。

しかし、全体をとおして、やや追い風が吹いてくれたことで、3つの区間新記録が出て、青山学院大学は大会新記録で優勝するなど、記録は全体的に良かったですね。

区間オーダーについては、青山学院大学などは予想外のことも多く、僕もびっくりしましたが、ほとんどの方が予想を外したのではないでしょうか?

今回は、各選手への批評も含めて、感想をお話したいと思いますので、少しお付き合いいただければと思います。

 

目次

箱根駅伝2022の総評

待ちに待った箱根駅伝。駅伝ファンだけでなく、日頃は陸上競技など見ない方にとっても、とても楽しみな大会です。

1区は昨年とは違い、中央大学の吉居選手が引っ張って超ハイペースとなり、選手の中でも崩れてしまう選手と、ほとんど動じない選手に分かれました。

そして、やはり1区の順位、先頭との差・位置によって、2区の展開も思い描いていたものとガラッと変わってしまうと思いました。

もちろん総合力が問われるわけですが、1区で失敗した大学がことごとく苦しくなったのを見ても、やはり最初が肝心だと思います。

 

1月2日、3日の天気&コンディション

大晦日に大寒波がきて、年が明けてもずっと寒い日が続いていますが、2022年1月2日も、とても寒い朝となりました。

箱根山中、ゴール地点では雪がうっすらと積もり、道路も凍結していました。

1月1日に行われたニューイヤー駅伝でも凄まじい向かい風に、選手は動きを止められ苦戦していましたが、箱根駅伝は逆でした。

全区間を通じて追い風になってくれたこともあり、中央大学の吉居選手が大きく飛び出すなど、かなり走りやすかったようです。

 

順位予想の答え合わせ

滝山の順位予想、区間予想の答え合わせをしたいと思います。

各大学の実力が拮抗しているので、予想は本当に難しくて、外しまくってしまいました。

 

【第98回箱根駅伝2022】順位予想をした記事↓

箱根駅伝に出場するイケメンランナーについて紹介しています↓

 

過小評価してしまった大学の皆さん、ごめんなさい。

意外すぎる展開でしたし、みんなこんなもんでしょ?(笑)

滝山予想 往路結果 総合結果
1 青山学院大学 1 青山学院大学 1 青山学院大学
2 駒澤大学 2 帝京大学 2 順天堂大学
3 東京国際大学 3 駒澤大学 3 駒澤大学
4 東洋大学 4 4 東洋大学
5 創価大学 5 順天堂大学 5 東京国際大学
6 順天堂大学 6 中央大学 6 中央大学
7 國學院大學 7 東京国際大学 7
8 明治大学 8 8
9 早稲田大学 9 東洋大学 9 帝京大学
10 中央大学 10 東海大学 10 法政大学
11 帝京大学 11 早稲田大学 11 東海大学
12 東海大学 12 神奈川大学 12 神奈川大学
13 法政大学 13 法政大学 13 早稲田大学
14 中央学院大学 14 国士舘大学 14 明治大学
15 神奈川大学 15 山梨学院大学 15 国士舘大学
16 日本体育大学 16 日本体育大学 16
17 山梨学院大学 17 明治大学 17 日本体育大学
18 専修大学 18 18 山梨学院大学
19 国士舘大学 19 専修大学 19 駿河台大学
20 駿河台大学 20 駿河台大学 20 専修大学

 

第98回箱根駅伝2022・順位推移

1区の超ハイペースから始まり、目まぐるしい順位の入れ替わりがあり、熱い戦いでした。

やはり1区の大切さを身にしみて感じましたね。

 

往路

下記の順位の推移により、青山学院大学が往路優勝を果たしました。おめでとうございます!

1区 2区 3区 4区 5区
1 中央大学 駒澤大学 青山学院 青山学院 青山学院
2 駒澤大学 青山学院 東京国際 東京国際 帝京大学
3 東海大学 国士舘大 帝京大学 駒澤大学
4 専修大学 東京国際 帝京大学
5 青山学院 帝京大学 駒澤大学 順天堂大
6 東洋大学 駒澤大学 中央大学
7 東京国際 山梨学院 中央大学 順天堂大 東京国際
8 帝京大学 東洋大学 法政大学 中央大学
9 法政大学 法政大学 国士舘大 法政大学 東洋大学
10 国士舘大 順天堂大 早稲田大 東海大学
11 神奈川大 中央大学 国士舘大 早稲田大
12 東洋大学 神奈川大 山梨学院 東洋大学 神奈川大
13 明治大学 早稲田大 早稲田大 山梨学院 法政大学
14 山梨学院 日本体育 日本体育 明治大学 国士舘大
15 明治大学 神奈川大 神奈川大 山梨学院
16 早稲田大 東海大学 明治大学 日本体育 日本体育
17 駿河台 順天堂大 東海大学 東海大学 明治大学
18 順天堂大 専修大学 駿河台
19 日本体育 駿河台 専修大学 専修大学
20 専修大学 駿河台 駿河台

 

復路

1月3日の復路でも、熱いドラマがありました。最後はコロコロ順位が変わって、本当に楽しかったです。

6区 7区 8区 9区 10区
1 青山学院 青山学院 青山学院 青山学院 青山学院
2 駒澤大学 駒澤大学 順天堂大 順天堂大 順天堂大
3 順天堂大 順天堂大 中央大学 中央大学 駒澤大学
4 帝京大学 帝京大学 東京国際 駒澤大学 東洋大学
5 中央大学 東京国際
6 東京国際 駒澤大学 東京国際 中央大学
7 東京国際 中央大学 帝京大学 東洋大学
8 東海大学 東海大学 東海大学
9 東洋大学 東洋大学 東洋大学 帝京大学
10 東海大学 帝京大学 法政大学
11 法政大学 法政大学 早稲田大 法政大学 東海大学
12 神奈川大 早稲田大 法政大学 早稲田大 神奈川大
13 国士舘大 神奈川大 神奈川大 神奈川大 早稲田大
14 早稲田大 明治大学 明治大学 国士舘大 明治大学
15 山梨学院 国士舘大 国士舘大 明治大学 国士舘大
16 明治大学 山梨学院 山梨学院 山梨学院
17 日本体育 日本体育 日本体育
18 日本体育 日本体育 山梨学院
19 専修大学 専修大学 専修大学 専修大学 駿河台
20 駿河台 駿河台 駿河台 駿河台 専修大学

 

各大学・陸上競技部HP一覧

各大学の陸上競技部の情報一覧です。ひいきの大学の情報をいち早くゲットしてください!

駒澤大学 『HP』『instagram』
創価大学 『HP』『twitter』『instagram』
東洋大学 『HP』『instagram』『公認応援』
青山学院大学 『HP』『twitter』『instagram』
東海大学 『HP』『twitter』『instagram』
早稲田大学 『HP』『twitter』『instagram』『YouTube』
順天堂大学 『HP』『twitter』『instagram』
帝京大学 『HP』『twitter』
國學院大學 『HP』『twitter』『instagram』
東京国際大学 『HP』『twitter』『instagram』
明治大学 『HP』『twitter』
中央大学 『HP』『twitter』『instagram』
日本体育大学 『HP』『twitter』『instagram』
山梨学院大学 『HP』『twitter』
神奈川大学 『HP』『twitter』
法政大学 『HP』『twitter』『instagram』
中央学院大学 『HP』『twitter』『instagram』
駿河台大学 『HP』『twitter』『instagram』
専修大学 『HP』『twitter』『instagram』
国士舘大学 『HP』『twitter』『instagram』

 

スポンサーリンク

各大学の批評

各大学と各選手の寸評をしていきたいと思います。

出場された全選手が凄まじい努力をされていると思いますし、尊敬しています。

しかし、評価というものは厳しくあるべきですし、それが選手の更なる向上につながると思います。

また、ここに上がってくるチームは優勝争いをするチームばかりですから、一流だからこそ評価はどうしても厳しくなります。

したがって、かなり辛辣に書いていますが、それを理解した上でご覧いただければと思います。

評価基準
☆ - (区間1~3位)文句なしの大活躍
◎ - (区間4~6位)予想以上の活躍
〇 - (区間7~8位)期待通り。計算できる戦力
△ - (区間9~10位)イマイチ乗り切れなかった
× - (区間11位以下)戦犯級。失敗を糧に頑張れ

 

総合優勝1位:青山学院大学

青学は駒澤を見える位置で追い続けて、原監督の思惑どおりのレースだったと思う。

しかし、3区の太田選手でトップにたったのは驚いた。青学の選手の駅伝力には恐れ入る。

2位以下とのタイム差、そして青学の復路の選手層を考えても、復路は圧倒的に強かった。

そして、大会新記録での優勝!本当におめでとう!

 

区間予想の答え合わせ

区間予想は外しまくってしまいました。まさか佐藤選手も岸本選手も往路から外れるとは思わなかった。

しかし、結果として青学の選手はきっちり走って、強さを示した。

滝山予想 正  解
1 岸本大紀(3) 1 志貴勇斗(2)
2 近藤幸太郎(3) 2 近藤幸太郎(3)
3 佐藤一世(2) 3 太田蒼生(1)
4 田中悠登(1) 4 飯田貴之(4)
5 飯田貴之(4) 5 若林宏樹(1)
6 高橋勇輝(4) 6 高橋勇輝(4)
7 宮坂大器(3) 7 岸本大紀(3)
8 西久保遼(3) 8 佐藤一世(2)
9 中村唯翔(3) 9 中村唯翔(3)
10 中倉啓敦(3) 10 中倉啓敦(3)

 

青山学院大学・選手の批評

往路優勝した青山学院大学の選手は、全員がミスなく素晴らしい走りでした。

文句のつけようがありませんね。特に、3区の太田選手は強さが素晴らしかったです。

1 志貴勇斗(2) スパート合戦をにしっかり付いていけていた。仕事は果たせた。
2 近藤幸太郎(3) いつも通り力強い走りで、青学のエースとして申し分なかった。
3 太田蒼生(1) しっかり付ききって、丹所選手まで突き放してしまった。本当に強い。
4 飯田貴之(4) トップでタスキをもらったことで余裕のある走り。主将万歳!
5 若林宏樹(1) ゆっくり入って、傾斜がきつくなってからスイスイ上っていった。
6 高橋勇輝(4) ちょっと安全運転すぎる気もするけど、失敗しないことが大事。
7 岸本大紀(3) 先頭でタスキをもらったこともあり、余裕のある走りで区間賞。
8 佐藤一世(2) あまり調子がよくないように見えたが、着実にピクニックラン。
9 中村唯翔(3) 淡々と走りながらも、攻めて区間新記録。凄みがある走りだった。
10 中倉啓敦(3) 余裕をもって、実力を出して、区間新記録。そして大会新記録。

 

 

総合2位:順天堂大学

もっと最初から上位を走ると思っていたが、ハイペースに戸惑ったのか出遅れてしまった。

1区で18位と出遅れたときは、どうなるかと思ったが、3区:伊豫田選手がゴボウ抜きして、一気に上位に。

また、5区の四釜選手も期待通りの走りだった。

 

区間予想の答え合わせ

1区2区を外してしまったが、今でも自分の予想したオーダーの方が良かったのではないかと思っている。

3区の伊豫田選手がとにかくすごかったですね。

滝山予想 正  解
1 三浦龍司(2) 1 平 駿介(3)
2 野村優作(3) 2 三浦龍司(2)
3 伊豫田達弥(3) 3 伊豫田達弥(3)
4 石井一希(2) 4 石井一希(2)
5 四釜峻佑(3) 5 四釜峻佑(3)
6 服部壮馬(1) 6 牧瀬圭斗(4)
7 牧瀬圭斗(4) 7 西澤侑真(3)
8 西澤侑真(3) 8 津田将希(4)
9 吉岡智輝(4) 9 野村優作(3)
10 近藤亮太(4) 10 近藤亮太(4)

 

順天堂大学・選手の批評

順天堂は1区2区と失敗して、レースを壊しかけて危なかった。

しかし、3区のエース伊豫田選手が強引に流れを引き戻したのが、素晴らしかった。

1 平 駿介(3) × ハイスピードについていけず、レースを壊してしまった。
2 三浦龍司(2) × あそこまで後ろだと、集団から抜け出すという良さが出せなかった。
3 伊豫田達弥(3) さすがにエースの走り。順天堂に流れを引き寄せる力強さを見せた。
4 石井一希(2) 創価の嶋津選手に抜かれてから、しぶとさを見せて、快走だった。
5 四釜峻佑(3) 前評判通りに力強い走りで驚いた。完全に順天堂の主力になった。
6 牧瀬圭斗(4) 下りの速さはかなりのもの。最後も懸命に粘っていた。
7 西澤侑真(3) 途中までよかったが、最後に少し失速したのは残念だった。
8 津田将希(4) 鈴木選手の不調に助けられたが、気持ち良く走れたのでは。
9 野村優作(3) × エースとして、もうちょっとピリッとして欲しかった。
10 近藤亮太(4) × 個人の走りとしてはイマイチだったが、順位を落とさなかったので。

 

 

総合3位:駒澤大学

絶対王者・駒澤大学はやはり強かった。1区から良い位置について、2区の田澤選手が区間記録に迫る力強い走り。

2区で田澤選手が区間賞をとって、かなり差をつけたときは盤石かと思ったが、往路ですでに青学には力負けという感じだった。

鈴木芽吹選手の調子が戻りきらなかったのも大きいが…。

区間予想の答え合わせ

予想は外してまくってましたが、安原選手はグイグイ前を追える選手なので、3区は正解かもしれないと思ったが…。

5区の金子選手がどれくらい登れるか?と疑問符がついていたが、なかなかどうして力強い走りでびっくりした。

滝山予想 正  解
1 唐澤拓海(2) 1 唐澤拓海(2)
2 田澤 廉(3) 2 田澤 廉(3)
3 佐藤条二(1) 3 安原太陽(2)
4 花尾恭輔(2) 4 花尾恭輔(2)
5 鈴木芽吹(2) 5 金子伊吹(2)
6 篠原倖太朗(1) 6 佃 康平(4)
7 安原太陽(2) 7 白鳥哲汰(2)
8 佃 康平(4) 8 鈴木芽吹(2)
9 山野 力(3) 9 山野 力(3)
10 白鳥哲汰(2) 10 青柿 響(2)

 

駒澤大学・選手の批評

王者・駒澤の選手はみんなが意識高く、グイグイ前に進む走りで素晴らしかったですね。

しかし、3区4区と失敗レースになってしまった。復路で巻き返すことができるか?

1 唐澤拓海(2) スパート合戦を抜け出して2位。しっかり仕事をしたと思う。
2 田澤 廉(3) 力を使わずに、早々にトップにたって、さすがの区間賞!
3 安原太陽(2) × 期待したが、少し厳しい走りになってしまった。また頑張れ!
4 花尾恭輔(2) もっと実力があるはずなのに、調整失敗?駒澤は苦しくなった。
5 金子伊吹(2) 厳しいと思っていたが、苦しそうにしながらも終始力強い走り。
6 佃 康平(4) 最後まで絞ってしっかり前を追ったが、あまりつまらなかった。
7 白鳥哲汰(2) 最初に突っ込みすぎたか、少し失速したのは残念だった。
8 鈴木芽吹(2) × やはり調子は戻っていなかった。仕方がない。まずは治癒を。
9 山野 力(3) 昨年、差をつけられた悔しさをバネに力走。頼もしい走りだった。
10 青柿 響(2) 最後は意地を見せられたし、全日本大学駅伝での汚名をそそいだ。

 

 

総合4位:東洋大学

正直なところ、想定以上に苦しいレースになってしまったと思うが、復路でいつのまにか巻き返してしまった。

やはり東洋の各選手はしぶとく、玄人好みの走りを見せてくれたと思う。

 

区間予想の答え合わせ

区間予想は3区4区8区9区と外しまくってしまいました。

負け惜しみではないが、東洋の苦しい台所事情を見るようだった。

滝山予想 正  解
1 児玉悠輔(3) 1 児玉悠輔(3)
2 松山和希(2) 2 松山和希(2)
3 石田洸介(1) 3 佐藤真優(2)
4 前田義弘(3) 4 木本大地(3)
5 宮下隼人(4) 5 宮下隼人(4)
6 九嶋恵舜(2) 6 九嶋恵舜(2)
7 梅崎 蓮(1) 7 梅崎 蓮(1)
8 村上太一(2) 8 蝦夷森章太(4)
9 柏 優吾(3) 9 前田義弘(3)
10 清野太雅(3) 10 清野太雅(3)

 

東洋大学・選手の批評

選手層は薄いものの、やはり東洋は区間配置とレース運びはうまいなと思った。

ただ、やはり地力の部分では少し厳しかったかなという気がしてしまう。

1 児玉悠輔(3) × スパート合戦について行けず。もう少し粘りたかったが…。
2 松山和希(2) 途中あれっ?という感じもあったが、結局は区間5位でまとめる強さ。
3 佐藤真優(2) しぶとい走りを見せてくれたと思う。吐いていたが大丈夫か?
4 木本大地(3) × 東洋らしくもなく、ズルズルと順位を下げてしまったのは残念。
5 宮下隼人(4) 流れが悪かったから影響されたか、周りが強くなったのか?
6 九嶋恵舜(2) はっきりいって、平地区間にしてあげた方がいい成績が出そう。
7 梅崎 蓮(1) × しっかり後ろにつきながら、最後は突き放す憎らしい走りだった。
8 蝦夷森章太(4) 心配だったが、区間4位としっかり粘れていた。お疲れ様でした。
9 前田義弘(3) ものすごく強い選手ではないが、きっちり計算できる選手。
10 清野太雅(3) 肩の揺れは去年よりおさまって、スマートだがしぶとい走り。

 

総合5位:東京国際大学

期待してみていたが、今年のイェゴン・ヴィンセント砲は不発だった。それだけに苦しいレースになってしまった。

3区の丹所選手は強さを見せたが、皮肉にも青学に利用される形になってしまった。

最低限でもシード権を獲得するため、復路を耐え抜くことは出来るだろうか?

 

区間予想の答え合わせ

区間予想としては、往路はすべて当たりました。ただ、東京国際大学はもっと圧倒的な強さを見せて欲しかった。

復路は厳しくなると思うが、頑張って欲しい。最低でもシード権は取ってもらいたい。

滝山予想 正  解
1 山谷昌也(3) 1 山谷昌也(3)
2 ヴィンセント(3) 2 ヴィンセント(3)
3 丹所 健(3) 3 丹所 健(3)
4 堀畑佳吾(3) 4 堀畑佳吾(3)
5 倉掛 響(1) 5 倉掛 響(1)
6 林 優策(2) 6 林 優策(2)
7 白井勇佑(1) 7 冨永昌輝(1)
8 村松敬哲(2) 8 村松敬哲(2)
9 宗像 聖(3) 9 宗像 聖(3)
10 野澤巧理(4) 10 野澤巧理(4)

 

東京国際大学・選手の批評

ヴィンセント頼みではないと言っていたが、やはりヴィンセントの調子が悪いと苦しくなってしまう。

それだけエースの走りがチームに与える影響が大きいと感じた。

1 山谷昌也(3) スパート合戦に付ききることはできなかったが、まずまず。
2 ヴィンセント(3) 足を痛めたようで、別人の様。人間だもの。また出直して欲しい。
3 丹所 健(3) 日本人最高記録での区間賞はさすが。だが最後に離されたのは残念。
4 堀畑佳吾(3) × 地力から考えると仕方ない面があるが、もう少し強さを身につけて。
5 倉掛 響(1) × 1年生で初の箱根駅伝としては、まぁ頑張ったのではないか。
6 林 優策(2) × 後ろに詰められたが、練習を重ねれば、もっと速くなれると思う。
7 冨永昌輝(1) 途切れかけた流れを引き寄せる粘りの走りだったと思う。
8 村松敬哲(2) しっかり粘って、着実に走りを進めていたと思う。さらに成長を。
9 宗像 聖(3) そこそこの実力は感じるけど、何か爆発しない感じがもどかしい。
10 野澤巧理(4) やはり粘り強く、我慢ができる選手。最後の箱根駅伝お疲れ様です。

 

総合6位:中央大学

2区に大きな不安があった中央大学。それだけに思い切った作戦だったと思う。

1区の吉居選手があそこまで大きく飛び出すとは思わなかった。そして、復路も選手層の厚さをみせつけ、よく粘ったと思う。

 

区間予想の答え合わせ

区間予想としては、往路はすべて正解。復路はボロボロ。

吉居選手のあれだけの独走はまったく予想できていなかったです。それと森凪也選手が見たかったです。

滝山予想 正  解
1 吉居大和(2) 1 吉居大和(2)
2 手島 駿(4) 2 手島 駿(4)
3 三浦拓朗(4) 3 三浦拓朗(4)
4 中野翔太(2) 4 中野翔太(2)
5 阿部陽樹(1) 5 阿部陽樹(1)
6 若林陽大(3) 6 若林陽大(3)
7 中澤雄大(3) 7 居田優太(2)
8 助川拓海(3) 8 中澤雄大(3)
9 湯浅 仁(2) 9 湯浅 仁(2)
10 森 凪也(4) 10 井上大輝(4)

 

中央大学・選手の批評

1区の区間新記録をだした吉居選手の飛び出しが、各選手に勇気を与えた。

最初にいい流れができたことで、後ろの選手もしっかり粘れていたと思う。

1 吉居大和(2) 圧倒的に突き放して区間新!強すぎる!本当におめでとう!
2 手島 駿(4) × 地力からいって、厳しくなることはわかっていたが頑張っていた。
3 三浦拓朗(4) エースとしてしっかり前を抜いて、4年生の仕事は果たしたと思う。
4 中野翔太(2) 創価の嶋津選手にかなり食らいつけていたのが良かったと思う。
5 阿部陽樹(1) 順位もあげていたし、力強く上っていた。中央大の山登りは任せた。
6 若林陽大(3) めちゃくちゃすごいということはないけど、着実に区間4位。
7 居田優太(2) × ズルズル下がっていったので、ここらでヤバイかもと思ったが。
8 中澤雄大(3) ガンガン前を追う積極的な走りがとても良かった。
9 湯浅 仁(2) 絶対に上位に入るという強い意志を感じる走りだった。
10 井上大輝(4) × 最後は苦しくなったが、なんとか食らい付いていたと思う。

 

総合7位:創価大学

はっきりいって、1区3区5区と3区間も失敗レースになったが、さすがに地力があることは証明した。

しかし、これだけ出入りが激しいレースになると、順位は厳しくなってしまう。

だが、榎木監督の育成力のすごさを改めて感じる。昨年がマグレではないことを示せたと思う。

 

区間予想の答え合わせ

区間予想は3区を外してしまったが、桑田選手は失敗だったのでは?緒方選手、石井選手が見られなかったのは残念…。

復路は他大学も遠慮なく襲いかかってきたが、はね除けたのは真の強さを示せたと思う。

滝山予想 正  解
1 葛西 潤(3) 1 葛西 潤(3)
2 Pムルワ(3) 2 Pムルワ(3)
3 緒方貴典(3) 3 桑田大輔(2)
4 嶋津雄大(4) 4 嶋津雄大(4)
5 三上雄太(4) 5 三上雄太(4)
6 濱野将基(3) 6 濱野将基(3)
7 山森龍暁(2) 7 新家裕太郎(3)
8 石井大揮(2) 8 吉田 凌(1)
9 中武泰希(4) 9 中武泰希(4)
10 本田晃士郎(3) 10 松田爽汰(3)

 

創価大学・選手の批評

昨年は10区以外は1区間も失敗がなかったが、今年は失敗だらけだった。

これだけ失速した区間が出ては…。緒方選手、石井選手が使えなかったとはいえ、ちょっと残念なレースだと言わざるを得ない。

1 葛西 潤(3) × 今年のハイペースは荷が重かった。レースを壊してしまった。
2 Pムルワ(3) ケニア人らしい軽やかな走りでスイスイ抜いていった。
3 桑田大輔(2) × 大事な区間でズルズル下がってしまい、だらしない走りだった。
4 嶋津雄大(4) さすが創価の日本人エース。ゲームチェンジャーぶりを発揮した。
5 三上雄太(4) × 主将として、もうちょっと気合いの入った走りが見たかった。
6 濱野将基(3) 去年ほどいい走りではなかったが、まずまずの走りだったのでは。
7 新家裕太郎(3) かなり頑張って、前を追い抜いていた。意外とやるじゃん!
8 吉田 凌(1) 1年としてはかなり有望な選手。経験を積んでいけば化けるかも。
9 中武泰希(4) × 正直なところ実力不足。他の選手を配置した方がよかったと思う。
10 松田爽汰(3) 帝京に詰められたときはどうなるかと思ったが、たくましい走り。

 

総合8位:國學院大學

期待されたどおりの上位でのレースを見せてくれた國學院大學。

5区の殿地選手の不振は意外だったが、復路も選手層が薄い中がんばりきったと思う。

 

区間予想の答え合わせ

1区3区と外しまくってしまいました。

ただ、心配していた1区:藤木、2区:伊地知、3区:山本と、3人とも素晴らしい走りでした。

滝山予想 正  解
1 島﨑慎愛(4) 1 藤木宏太(4)
2 伊地知賢造(2) 2 伊地知賢造(2)
3 平林清澄(1) 3 山本歩夢(1)
4 中西大翔(3) 4 中西大翔(3)
5 殿地琢朗(4) 5 殿地琢朗(4)
6 原 秀寿(1) 6 原 秀寿(1)
7 藤木宏太(4) 7 木付 琳(4)
8 石川航平(4) 8 石川航平(4)
9 木付 琳(4) 9 平林清澄(1)
10 山本歩夢(1) 10 澤龍明(4)

國學院大學・選手の批評

藤木選手や伊地知選手が、他大学の選手を相手にしたとき、かなり厳しいと思っていましたが、強さと冷静さを見せたと思う。

この流れに乗って、総合でも3位以内を狙っていって欲しい。

それにしても、島﨑選手は当初1区予定だったが、故障のため出走できずとのこと。残念だし、國學院にとって痛すぎる。

1 藤木宏太(4) 今年は自重して、スパート合戦に食らいつけた。最後に良い走り。
2 伊地知賢造(2) × エース区間は厳しすぎるかと思っていたが、しっかり粘っていた。
3 山本歩夢(1) 箱根デビューとは思えない力強い走りで、國學院を押し上げた。
4 中西大翔(3) Wエースの1人として、しっかり前との差を詰めていた。さすが!
5 殿地琢朗(4) 序盤から苦しそうに走っていたのが残念。もっと走れるのに…。
6 原 秀寿(1) × たぶん急遽の配置だろうなと。1年生だし、また頑張ればいい。
7 木付 琳(4) × アクシデントがあったのか、最後は痙攣してしまっていた。
8 石川航平(4) × ちょっと地力が足りてない感じだったが、最低限の走りはできた。
9 平林清澄(1) さすが1年生エース。物怖じせずガンガン前を追う頼もしい走り。
10 相澤龍明(4) × 走りはイマイチだったが、最後の箱根駅伝を楽しめたのでは。

 

総合9位:帝京大学

意外と言っては失礼だが、本当にしぶとい走りで、じわじわ帝京らしい順位の上げ方だったといっていい。

復路の強さに期待して、総合優勝も目指して欲しかったが、復路は力尽きた感じがあった。来年もがんばって欲しい。

 

区間予想の答え合わせ

区間予想としては、4区を外してしまったが、それ以上に帝京の選手の走りが素晴らしくて、感動してしまった。

総合優勝も目指せる位置にはいるので、頑張って欲しい。

滝山予想 正  解
1 小野隆一朗(2) 1 小野隆一朗(2)
2 中村風馬(4) 2 中村風馬(4)
3 遠藤大地(4) 3 遠藤大地(4)
4 西脇翔太(2) 4 寺嶌渓一(4)
5 細谷翔馬(4) 5 細谷翔馬(4)
6 北野開平(3) 6 北野開平(3)
7 森田瑛介(4) 7 福島渉太(1)
8 橋本尚斗(4) 8 橋本尚斗(4)
9 寺嶌渓一(4) 9 森田瑛介(4)
10 小林大晟(1) 10 西脇翔太(2)

 

帝京大学・選手の批評

正直なところ、1区から苦しむかと思ったが、全く逆だった。

そして、全員が長い距離をきっちり走れるという帝京の良さが出たと思う。

1 小野隆一朗(2) 持ちタイムから考えると、しっかり仕事を果たしたと思う。及第点。
2 中村風馬(4) 各校のエースを相手にしても、本当にしぶとかった。
3 遠藤大地(4) 前との差が大きく、ごぼう抜きは見られなかったが、さすがの走り。
4 寺嶌渓一(4) × ちょっと厳しかったが、最後に嶋津選手についていったのは○。
5 細谷翔馬(4) 昨年の走りを上回る余裕度で、2年連続区間賞は立派すぎる。
6 北野開平(3) × 帝京は山下りがうまい選手がなかなか出てこない。
7 福島渉太(1) × 1年生としてはまずまず頑張ったと思うが、他大学とは差がある。
8 橋本尚斗(4) × 何かアクシデントがあったのか、明らかに走りがおかしかった。
9 森田瑛介(4) × 途中から体が動かなかったのか、最後にもう一歩という走り。
10 西脇翔太(2) 最初に突っ込みすぎたのが、ちょっともったいなかった。

 

総合10位:法政大学

1区2区を耐え抜いたことで、いい流れになったが、5区で大きく順位を落としてしまったのは残念。

しかしながら、かなり実力がついてきたのではないか。シードは厳しいと思っていたが、最後にすごい執念を見せてくれた。

本当におめでとう!

 

区間予想の答え合わせ

区間予想は3区4区6区8区10区と外してしまい、惨敗。しかし、1区~4区までは大健闘だったと思う。

シード権の望みはまだ少し残っていると思うので、頑張って欲しい。

滝山予想 正  解
1 内田隼太(3) 1 内田隼太(3)
2 鎌田航生(4) 2 鎌田航生(4)
3 松本康汰(3) 3 小泉 樹(1)
4 小泉 樹(1) 4 河田太一平(3)
5 細迫海気(2) 5 細迫海気(2)
6 宗像直輝(2) 6 武田和馬(1)
7 中園慎太朗(3) 7 中園慎太朗(3)
8 清家 陸(4) 8 稲毛崇斗(2)
9 川上有生(3) 9 清家 陸(4)
10 河田太一平(3) 10 川上有生(3)

 

法政大学・選手の批評

法政大学の選手は、全日本大学駅伝をシード権まであと一歩のところまで戦えたことで、自信をもって臨んでいたように見えた。

鎌田選手は卒業してしまうが、来年はかなり楽しみだと思う。

1 内田隼太(3) スパート合戦についていけなかったが、まずまずの走りだったのでは。
2 鎌田航生(4) 区間9位は悔しいかもしれないけど、よく粘っていたと思う。
3 小泉 樹(1) × 準エース区間で、1年生としてまずまずの走りができたのでは。
4 河田太一平(3) 嶋津選手にひっかき回れた感じだが、その分はやく走れたのでは。
5 細迫海気(2) × いい流れで来ていただけに、区間17位の走りは残念。
6 武田和馬(1) 1年生にして、区間2位は立派。法政の山下りは彼に決まり。
7 中園慎太朗(3) なんとかシード権が狙えるので、本当に頑張っていたと思う。
8 稲毛崇斗(2) × かなり苦しい走りになってしまったが、執念を感じる走りだった。
9 清家 陸(4) いつも笑顔の主将が、鬼気迫る顔で前を追っていたと思う。
10 川上有生(3) × かなり厳しい状況で、心が折れそうだったのでは。おめでとう!

 

 

総合11位:東海大学

1区と5区が大成功だったことで、往路はシード圏内に踏みとどまった。しかし、復路の最後の最後で、力尽きてしまった。

なんとか踏みとどまりたかったが、また出直して頑張って欲しい。

 

区間予想の答え合わせ

豪快に外してしまったが、結果として往路は良かったが、最後の最後に落とし穴があったのは残念だった。

しかし、特に5区の吉田選手は素晴らしかったと思う。育成がうまい両角マジックといえるかもしれない。

滝山予想 正  解
1 溝口 仁(2) 1 市村朋樹(4)
2 松崎咲人(3) 2 松崎咲人(3)
3 市村朋樹(4) 3 神園龍馬(2)
4 本間敬大(4) 4 本間敬大(4)
5 杉本将太(3) 5 吉田 響(1)
6 川上勇士(3) 6 川上勇士(3)
7 神園龍馬(2) 7 越 陽汰(1)
8 越 陽汰(1) 8 入田優希(2)
9 長田駿佑(4) 9 竹村拓真(3)
10 竹村拓真(3) 10 吉冨裕太(4)

 

東海大学・選手の批評

始まる前から、今年の東海大学が厳しいことはわかっていたが、想像よりはしっかり戦えていたと思う。

特に、5区の吉田選手は東海大学の希望の星ともいえると思う。

1 市村朋樹(4) いつになく力強い走り。スパート合戦もしっかりリードしていた。
2 松崎咲人(3) × 期待していたが、まだ他大学のエースと戦える実力ではなかった。
3 神園龍馬(2) × 悪い流れに呑まれてしまったか、もっと実力はあると思うが…。
4 本間敬大(4) × TVにはほぼ映らなかったが、コツコツ走っていたということか。
5 吉田 響(1) ノーマークの1年生がガンガン抜いて、まさかの8人抜き!
6 川上勇士(3) 登りは苦手そうだが、下りはさすがの走り。職人芸だね。
7 越 陽汰(1) 1年生とは思えないくらいの強さと貪欲さを見せられたと思う。
8 入田優希(2) 苦しそうだったが、なんとか順位を死守する必死の走りだった。
9 竹村拓真(3) 最低でもシードは取るという意思を感じる力強い走りだった。
10 吉冨裕太(4) × 最後は完全にガス欠だったが、箱根駅伝を今後の糧にしてほしい。

 

総合12位:神奈川大学

かなりの苦戦を予想していたが、なかなか粘っていて、かなり地力がついていると感じた。

シード権を取るのは並大抵ではないが、往路を終わった時点で、まだチャンスはわずかながら残っていた。しかし、やはり往路で貯金が欲しかった。

 

区間予想の答え合わせ

4区を外してしまったが、川口選手は故障でない限り、復路で出てくると思う。

序盤は苦しかったが、なんだかんだこの順位に上がってくるのはすごい。

滝山予想 正  解
1 巻田理空(2) 1 巻田理空(2)
2 西方大珠(4) 2 西方大珠(4)
3 宇津野篤(2) 3 宇津野篤(2)
4 川口 慧(4) 4 小林政澄(2)
5 山﨑諒介(3) 5 山﨑諒介(3)
6 横澤清己(4) 6 横澤清己(4)
7 佐々木亮輔(2) 7 川口 慧(4)
8 小林政澄(2) 8 大泉真尋(2)
9 高橋銀河(2) 9 小林篤貴(2)
10 落合葵斗(4) 10 有村祐亮(3)

 

神奈川大学・選手の批評

課題だった1区2区はそこそこ粘っていただけに、3区で順位を落としたのは痛かった。

往路の選手は負担が大きいが、勝つしかないと思う。

1 巻田理空(2) × もう少し粘って付きたかったが、まずまず走れたのではないか。
2 西方大珠(4) × 実力者だが、他大学とのエース対決は少し厳しかったか。
3 宇津野篤(2) × なんとか踏みとどまりたかったが、順位を落としたのは痛かった。
4 小林政澄(2) 苦しい状況の中で区間10位でまとめられたのは大きかったと思う。
5 山﨑諒介(3) 区間7位で、順位をここまで上げ、復路に望みをつないだ功績は大。
6 横澤清己(4) × まずまずの走りだったのではないか。最後にしっかり仕事した。
7 川口 慧(4) × 主力選手として、必死に前を追う走りだったと思う。
8 大泉真尋(2) なかなかTVに映らなかったが、区間10位。次回も期待。
9 小林篤貴(2) シード圏内には入れなかったが区間9位。神奈川大も頑張った。
10 有村祐亮(3) 心が折れそうな状態でも、しっかり結果を出せるのが神奈川大。

 

総合13位:早稲田大学

10000m・27分台ランナーを3人並べてきた早稲田大学。しかし、思ったようなレースにはならなかったと思う。

復路で少しでも順位をあげて、シード権だけは獲得したかったが、及ばなかった。

ファンやOBの風当たりはきつくなるかもしれないが、頑張って欲しい。

 

区間予想の答え合わせ

区間予想としては、往路はこれ以外ないよねという感じだったので、すべて正解。

ただ、懸念していたとおりの厳しい展開となってしまった。復路の巻き返しが見たかったが、最後は力負けした感じだった。

滝山予想 正  解
1 井川龍人(3) 1 井川龍人(3)
2 中谷雄飛(4) 2 中谷雄飛(4)
3 太田直希(4) 3 太田直希(4)
4 石塚陽士(1) 4 石塚陽士(1)
5 伊藤大志(1) 5 伊藤大志(1)
6 栁本匡哉(2) 6 栁本匡哉(2)
7 菖蒲敦司(2) 7 鈴木創士(3)
8 千明龍之佑(4) 8 千明龍之佑(4)
9 鈴木創士(3) 9 佐藤航希(2)
10 山口賢助(4) 10 山口賢助(4)

 

早稲田大学・選手の批評

10000m・27分台の3人がやはりというか、力を発揮できなかった。

1区~3区までの走るべき人が走らなければ、こうなってしまう。

1 井川龍人(3) × 駅伝でずっと外し続けているのは一体なんなのか?残念な走り。
2 中谷雄飛(4) × 絶対的エースが区間15位では、チームは沈んでしまう。
3 太田直希(4) 区間6位は立派かもしれないが、エースとしては全く物足りない。
4 石塚陽士(1) 駅伝では全く外さない強さが、この選手の一番の魅力だと思う。
5 伊藤大志(1) × 跳びはね気味の走りが気になるが、区間12位ならまずまずか。
6 栁本匡哉(2) × 悔しい結果だと思うが、ここからどんどん改善していけばいい。
7 鈴木創士(3) 次期主将として力強い走りだったと思う。早稲田を再興してほしい。
8 千明龍之佑(4) 最後に追いついたことは主将の意地を見せられたと思う。
9 佐藤航希(2) × 他大学と決死の状況でバチバチにやり合うには、もう一段上へ。
10 山口賢助(4) × 今年はきつい走りになってしまったが、一般入試組として貢献。

 

総合14位:明治大学

区間オーダーを大きくいじってきた明治大学だが、残念ながら前回と同じく序盤でつまづいてしまった。

これでシード権を獲得するのもかなり厳しくなってしまった。復路はプライドをかなぐり捨てて、必死の走りを見せてくれた。

前評判も高かっただけに、序盤で流れに乗る方法を真剣に考えなければいけない。

 

区間予想の答え合わせ

3区を外してしまったが、加藤選手の方が良かったのではないか。

1区2区でここまで苦戦するとは思わなかったが、なんとも苦しい。

滝山予想 正  解
1 手嶋杏丞(4) 1 手嶋杏丞(4)
2 鈴木聖人(4) 2 鈴木聖人(4)
3 加藤大誠(3) 3 児玉真輝(2)
4 小澤大輝(3) 4 小澤大輝(3)
5 下條乃將(3) 5 下條乃將(3)
6 杉本龍陽(3) 6 杉本龍陽(3)
7 児玉真輝(2) 7 富田峻平(3)
8 櫛田佳希(3) 8 櫛田佳希(3)
9 富田峻平(3) 9 加藤大誠(3)
10 橋本大輝(4) 10 橋本大輝(4)

 

明治大学・選手の批評

1区2区のWエースでこの順位なら、どうしようもなかった。

根本的に何かを変えないと、このまま箱根常連校で終わってしまうかもしれない。

1 手嶋杏丞(4) × 2区に少し心配がある明治としては、もっと前で来て欲しかった。
2 鈴木聖人(4) × 良い選手だと思うが、エース同士のガチンコ対決ではキツイか…。
3 児玉真輝(2) × 児玉選手は悪いときは、跳びはね気味になるのが気になる。
4 小澤大輝(3) なんとか流れを変えようと必死に頑張って走っていたと思う。
5 下條乃將(3) × 激坂最速王での走りをみて期待していたが、今回は不発だった。
6 杉本龍陽(3) × まずまずだったと思うけど、もう一段成長していってほしい。
7 富田峻平(3) 後方にはなってしまったが、グイグイ前を追っていく走りだった。
8 櫛田佳希(3) × 珍しく不調だったのか、なかなか前を追えなかった。残念。
9 加藤大誠(3) × 予選会日本人2位も、箱根駅伝本番では力を発揮できなかった。
10 橋本大輝(4) シード権は絶望的な状況だったが、必死に前を追っていたと思う。

 

総合15位:国士舘大学

国士舘大学の選手は想定以上に頑張っていたと思うし、ここまで走れるとは思わなかった。

地力がついてきていると感じたし、復路も頑張ってくれたと思う。来年また出てきて欲しい。

 

区間予想の答え合わせ

区間予想は往路はすべて正解。復路は惨敗だった。

しkし、国士舘大学の大健闘の走りを見せてもらったと思う。感動した。

滝山予想 正  解
1 木榑杏祐(4) 1 木榑杏祐(4)
2 ヴィンセント(4) 2 ヴィンセント(4)
3 荻原陸斗(4) 3 荻原陸斗(4)
4 三代和弥(4) 4 三代和弥(4)
5 山本雷我(2) 5 山本雷我(2)
6 福井大夢(3) 6 福井大夢(3)
7 山本龍神(2) 7 清水拓斗(4)
8 清水悠雅(3) 8 山本龍神(2)
9 清水拓斗(4) 9 綱島辰弥(3)
10 綱島辰弥(3) 10 望月 武(3)

 

国士舘大学・選手の批評

ライモイ・ヴィンセントも本当によく頑張っていたと思うし、実力からいってもっと下げてもおかしくなかったが、何とか必死に粘っていたと思う。

1 木榑杏祐(4) 持ちタイムから考えると、まずまず頑張れたのではないか。
2 ヴィンセント(4) ヴィンセント対決を演出してくれた。力強い走りだった。
3 荻原陸斗(4) × 区間順位は悪かったが、まずまず粘っていたように感じた。
4 三代和弥(4) × 順位は下げたものの、ズルズルいってしまうのだけは避けていた。
5 山本雷我(2) × 激坂最速王決定戦のようにはいかないのが、箱根のレベル。
6 福井大夢(3) × 他大学との対決でも十分渡り合えた。故障がなければ来年も。
7 清水拓斗(4) × 他大学の選手と競り合うのは、少し厳しかったかなと思う。
8 山本龍神(2) × 結果は悔しかったが、前回の1区に続いて頑張っていた。
9 綱島辰弥(3) 国士舘はわずかな望みをかけて、必死で頑張っていたと思う。
10 望月 武(3) × 今日感じた悔しさを、来年につなげて欲しい。お疲れ様。

 

総合16位:中央学院大学

1区のエース栗原選手がまさかの大ブレーキで、万事休すとなってしまった。

でも、あの状態でも腐らずに、コツコツと順位をあげてきた点は大きく評価できる。

復路もなんとか爪痕を残せたし、順位もここまで上げられるとは思わなかった。本当にお疲れ様でした。

 

区間予想の答え合わせ

区間予想としては、8区以外は正解。しかし、予選会で日本人トップの栗原選手の大ブレーキは見たくなかった。

ただ、それだけ…。ただ、復路も切り替えて頑張ってくれた。予選会は厳しいが、頑張って欲しい。

滝山予想 正  解
1 栗原啓吾(4) 1 栗原啓吾(4)
2 吉田礼志(1) 2 吉田礼志(1)
3 武川流以名(3) 3 武川流以名(3)
4 伊藤秀虎(2) 4 伊藤秀虎(2)
5 吉本光希(3) 5 吉本光希(3)
6 工藤巧夢(1) 6 工藤巧夢(1)
7 松井尚希(4) 7 松井尚希(4)
8 吉田光汰(4) 8 馬場竜之介(4)
9 小島慎也(3) 9 吉田光汰(4)
10 中島稜貴(3) 10 中島稜貴(3)

 

中央学院大学・選手の批評

あんなに苦しそうな栗原選手は見たことがない。本当に残念だった。

絶望的な状況で心が折れそうだったと思うが、選手は本当によく頑張ったと思う。

1 栗原啓吾(4) × 実力者がなぜあんなに早く遅れてしまったのか?本当に残念すぎる。
2 吉田礼志(1) × 想定とまったく違う苦しい状況で、頑張って走ったと思う。
3 武川流以名(3) 絶望的な状況で、区間10位の走りは十分に頑張ったと思う。
4 伊藤秀虎(2) × 走りは苦しかったが、順位はあげられた。それで十分だと思う。
5 吉本光希(3) 絶望的な状況で、区間10位の走りは十分に頑張ったと思う。
6 工藤巧夢(1) 1年生にして区間4位は凄すぎる!あと3年山下りを頼む!
7 松井尚希(4) × 最後の箱根は苦しい走りになったかもしれんが、後で必ず活きる。
8 馬場竜之介(4) × 区間順位はそれほどよくないが、順位をひとつ上げられた。
9 吉田光汰(4) × 後方でのレースは相当きついだろうが、精一杯がんばっていた。
10 中島稜貴(3) 諦めず1つ順位を上げられたことは中央学院の財産になるはず。

 

総合17位:日本体育大学

残念ながら1区から出遅れてしまい、ずっと下位争いになってしまった日体大。

各選手がベストを尽くして、なんとか復路で巻き返しかったが、どうしようもなかった。

 

区間予想の答え合わせ

一番大事な1区を外してしまいました。大内選手は故障していない限り、どこかで使ってくると思ったが、タスキは受け取りたかった。

滝山予想 正  解
1 大内宏樹(4) 1 髙津浩揮(3)
2 藤本珠輝(3) 2 藤本珠輝(3)
3 大畑怜士(4) 3 大畑怜士(4)
4 分須尊紀(1) 4 分須尊紀(1)
5 吉冨純也(2) 5 吉冨純也(2)
6 盛本聖也(3) 6 盛本聖也(3)
7 漆畑徳輝(2) 7 漆畑徳輝(2)
8 佐藤慎巴(4) 8 九嶋大雅(3)
9 岡嶋 翼(4) 9 大内宏樹(4)
10 名村樹哉(3) 10 佐藤慎巴(4)

 

日本体育大学・選手の批評

こういっては失礼だが、予想したとおりの苦しい展開になってしまった。

復路でなんとか巻き返したかったが、ゲームチェンジャーがいないのはつらい。

1 髙津浩揮(3) × ハイスピードについていけず、レースを壊してしまった。
2 藤本珠輝(3) 三浦選手と引っ張り合いながら頑張ったが、あの位置では苦しい。
3 大畑怜士(4) あの位置からジリジリ追いかけていったのは良かったと思う。
4 分須尊紀(1) × 1年生の箱根デビューでは無理からぬこと。頑張って欲しい。
5 吉冨純也(2) × 流れが悪かったので仕方がないが、流れを変えられる選手に。
6 盛本聖也(3) × ちょっと山下りには向いていないのではという気がした。
7 漆畑徳輝(2) × TVで見られないところで、選手は必死で頑張っている。
8 九嶋大雅(3) × 流れが悪く、後方でのレースはモチベーションも上がらない。
9 大内宏樹(4) × タスキがつながらなかったのが本当に残念。よく頑張った。
10 佐藤慎巴(4) × 終始苦しいレースとなってしまった日体大もよく頑張った。

 

総合18位:山梨学院大学

オニエゴの活躍もあり、往路は結構いい戦いができたのではないか。

復路も臆せず前を追って、ひとつでも順位をあげたいと思っていたが、やはり厳しかったか。

 

区間予想の答え合わせ

3区の高田選手を外してしまったが、松倉選手は復路に出てきてほしかった。

故障で出られないというのは避けて欲しかったが…。そして、復路は大外ししてしまった。

滝山予想 正  解
1 木山達哉(3) 1 木山達哉(3)
2 Pオニエゴ(4) 2 Pオニエゴ(4)
3 松倉唯斗(4) 3 高田尚輝(1)
4 伊東大暉(3) 4 伊東大暉(3)
5 成毛志優(4) 5 成毛志優(4)
6 高田尚輝(1) 6 矢島洸一(4)
7 新本 駿(2) 7 川口航士郎(4)
8 坪井海門(4) 8 橘田大河(3)
9 橘田大河(3) 9 石部夏希(3)
10 篠原 楓(3) 10 篠原 楓(3)

 

山梨学院大学・選手の批評

山梨学院大学は、もう少し日本人選手が頑張らないと、なかなか浮上していくことは出来ないのではないか。

オニエゴは有終の美を飾ったと思う。

1 木山達哉(3) × 付いていこうとしたが、少し厳しかったか。最低限の仕事はした。
2 Pオニエゴ(4) ムルワ選手と引っ張り合って、区間4位。仕事は十分に果たした。
3 高田尚輝(1) × 1年生にあまり多くは望めないが、もう少し粘って欲しかった。
4 伊東大暉(3) × ケニア人留学生の力は借りても、依存してはいけないと思う。
5 成毛志優(4) × 山登りに強くなければ、箱根は戦えないので、何らかの対策を。
6 矢島洸一(4) × まずまずの走りで、順位は守ったのでヨシとしよう。
7 川口航士郎(4) × 区間16位で順位を1つ下げてしまったのは残念だった。
8 橘田大河(3) × 区間最下位ではあったが、なんとか踏みとどまろうとしていた。
9 石部夏希(3) × 区間最下位。あと1年で基本的な走力をあげていきたい。
10 篠原 楓(3) × 予選会で強いだけでなく、本戦でも戦える走力をつけてほしい。

 

往路19位:駿河台大学

駿河台大学にとって、初めて走る箱根路はどう映っただろうか?

それでも、箱根駅伝初出場おめでとう!歴史を作った選手たちに敬意を表したいと思います。

そして、最後の最後で19位に上げてくるとは驚いた。

 

区間予想の答え合わせ

区間予想としては、ほぼ正解。しかし、1区のあの超ハイペースは厳しすぎるスタートとなってしまった。

でも、箱根駅伝の厳しさを知ることが、駿河台大学の未来を作っていくのだと思う。

滝山予想 正  解
1 清野太成(3) 1 清野太成(3)
2 Jブヌカ(4) 2 Jブヌカ(4)
3 町田康誠(3) 3 町田康誠(3)
4 今井隆生(4) 4 今井隆生(4)
5 永井竜二(3) 5 永井竜二(3)
6 小泉 謙(3) 6 小泉 謙(3)
7 新山舜心(2) 7 新山舜心(2)
8 池原悠月(1) 8 出仙龍之介(3)
9 田尻 健(4) 9 田尻 健(4)
10 阪本大貴(4) 10 阪本大貴(4)

 

駿河台大学・選手の批評

初出場の駿河台大学の選手を批評するのは野暮だと思うが、よく頑張ったと思う。

復路も楽しんで、誇り高く走ってくれたと思う。本当にかっこよかった!

1 清野太成(3) × 実力を考えると頑張ったと思うが、今年は不運だったと思う。
2 Jブヌカ(4) × 助っ人外国人としての働きはできなかった。少し残念な走り。
3 町田康誠(3) × 駿河台のエースでも、箱根では区間12位。でも頑張ったと思う。
4 今井隆生(4) × 箱根で戦える実力ではなかったが、駿河台の大功労者だと思う。
5 永井竜二(3) × 箱根駅伝に出たことで足りないものを見つめて、頑張って欲しい。
6 小泉 謙(3) まさかの区間3位。来年も予選会を勝ち抜いて、走って欲しい。
7 新山舜心(2) × まだ2年生。もっと練習して、強い選手になってください!
8 出仙龍之介(3) × 今回箱根を走れたことに満足せず、来年も必ず出て欲しい。
9 田尻 健(4) × 走力が足りないと思うが、最後のスパートはかっこよかった。
10 阪本大貴(4) 区間7位!すごい!最後にやったね!本当にお疲れ様でした。

 

総合20位:専修大学

1区の出だしはよかったが、タイムを稼がないといけない2区3区が失速しては、どうしようもなかった。

全体的に、ちょっと期待外れの走りになってしまったと思う。でも、また頑張ればいい。

 

区間予想の答え合わせ

区間予想としては、4区7区10区を外してしまった。しかし、専修大学にはもっと力強い走りを見せて欲しかった。

特に、2区3区は期待していただけに、ちょっと失望した。

滝山予想 正  解
1 木村暁仁(2) 1 木村暁仁(2)
2 髙瀨 桂(3) 2 髙瀨 桂(3)
3 Dキサイサ(1) 3 Dキサイサ(1)
4 国増治貴(3) 4 水谷勇登(2)
5 野下稜平(2) 5 野下稜平(2)
6 横山佑羽(4) 6 横山佑羽(4)
7 水谷勇登(2) 7 国増治貴(3)
8 岩間 暁(4) 8 岩間 暁(4)
9 服部友太(4) 9 服部友太(4)
10 佐々木詩音(4) 10 中山敦貴(2)

 

専修大学・選手の批評

1区・木村選手が食らい付いて、いいスタートを切ったが、そこからいいところが全くなかった。

予選会を勝ち抜いて、もっと力をつけて、また箱根路で見たいと思う。

1 木村暁仁(2) スパート合戦に食らい付いて、区間4位は本当に立派。
2 髙瀨 桂(3) × 期待していたが、やはり箱根レベルでは苦しかった。残念。
3 Dキサイサ(1) × 助っ人外国人としては期待外れ。長い距離に適応してほしい。
4 水谷勇登(2) × 木村・高瀬の2選手に頼るのではなく、他にも実力者が出て欲しい。
5 野下稜平(2) × 昨年の経験があったが、もう少し頑張って欲しかった。
6 横山佑羽(4) × 最後かなり苦しそうだった。彼なりのベストは尽くしたと思う。
7 国増治貴(3) さすが主将。苦しいレースでも立派に踏みとどまったと思う。
8 岩間 暁(4) × すべてを出し切って頑張れたと思う。後で必ず活かせるはず。
9 服部友太(4) × どうしても順位をつけざるを得ないが、本当によく頑張った。
10 中山敦貴(2) × 区間最下位。最後に順位を下げてしまったのはいただけない。

 

最後に

第98回箱根駅伝2022往路、本当にすごい戦いでした。

明日の復路、そしてどの大学が総合優勝するのか本当に楽しみですね。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事