【第99回箱根駅伝2023】全出場校の順位予想と区間エントリー予想
スポンサーリンク

 

 

2023年(令和5年)1月2日・3日に、東京箱根間往復大学駅伝競走【第99回箱根駅伝2023】が行われます。

2022年10月15日に、陸上自衛隊立川駐屯基地において行われる箱根駅伝予選会の、全ての出場校大学20大学が出揃いました。

この記事では、2023年(令和5年)【第99回箱根駅伝2023】本選の優勝予想(順位予想)と区間エントリー(予想オーダー)、各出場大学の戦力分析を行っています。

 

 

【第99回箱根駅伝2023】イケメンランナーはこちら↓

 

 

目次

2023年・第99回箱根駅伝の展望

98回大会につづきコロナ禍の中、おそらく無観客で行われる第99回・箱根駅伝2023。

記録会や大会が少なくコンディション調整が難しいので、区間新記録が連発するようなことはないと思っています。

しかし、トラックの記録会で、各選手の記録が大幅に伸びていることから、3区以外はどこで区間新記録が出てもおかしくない。

当日の天候、気温、風向きなど、記録が出やすい条件が揃えば、これまでの常識では考えられないような驚愕の区間新記録が出るかもしれません。

 

レース展開予想

出場する全大学がガチンコで臨む箱根駅伝。それだけに誤魔化しは全くききません。

大きく出遅れることだけは避けたいという思いから、通常、1区は牽制し合って、様子見になります。

しかし、前回、中央大学の吉居大和選手が飛び出して区間新記録を出してから、彼は最初から他の選手を突き放すようになりました。

もし、今回も吉居大和選手が1区に入ってきたら、彼はレース展開をつぶしにくるでしょうから、最初からハイペースの戦いになるでしょう。

中盤からはどんどん遅れる選手を出しながら、シード校など有力校は集団でくらいついていくに違いありません。

僕なら吉居選手のハイペースを利用できるくらいの力量の選手を入れたいと思うし、各校とも吉居大和つぶしを考えていると思うし、実行してくるでしょう。

そして1区は17km過ぎの六郷橋が見所。

この六郷橋(東京と神奈川の境界)という片側3車線の大きな橋に、大きな登りと下りがあるので、ここが例年仕掛けどころになっている。

ここまではジッと我慢比べで、六郷橋を過ぎてからの残り約3kmのスパート合戦になり、余力のある選手が区間賞を取ることでしょう。

そして、鶴見中継所で1位との秒差を20~30秒以内におさめておかないと、2区以降が苦しくなるので、1区が最重要区間だと思います。

 

2区はエースの力量がそのまま出る残酷な区間。強力なケニア人留学生に対して、日本人エースがどれだけ食い下がれるかが重要です。

実質的に、2区が終了する戸塚中継所の順位と秒差によって、往路の順位はほぼ決まってしまいます。

1区2区を制する大学が、箱根駅伝の流れをつかんで、有利にレースを進めていくことになるでしょう。

 

3区以降は選手層がものをいいますが、先頭に近いところにいる大学は、一昨年の創価大学のように、いつも以上の力が出せるものです。

駅伝は流れが重要なので、いくら選手層が厚くても、この3区終了時点で順位を下げた状態だと、本来の力も出し切れずに、苦しい戦いになってしまうはずです。

そして5区を終えて往路の順位が確定した時点で、復路の展開もかなり読めるようになります。

復路はそれほど大きな順位変動はできなくなりますから、往路の順位がほぼそのまま総合順位になってくるでしょう。

ただし、シード権争いは実力が伯仲していますので、この辺りの順位変動は比較的ありそうです。

とはいっても、箱根駅伝に出場するチームはどこも強いので、後から挽回することはほぼ不可能です。

ですから、往路の序盤で先手必勝とばかりに抜け出したチームが流れが良くなりますし、圧倒的に有利になります。

最後に笑って、栄冠に輝く大学はどこなのか?今から楽しみですね。

 

箱根駅伝ファンの必読書!これだけは絶対チェック!

いろいろなガイドブックが出ていますが、この完全ガイドが一番くわしく、情報量も多くて読みごたえがあるので、この本を1冊手に入れれば、箱根駅伝の情報は十分だと思います。

 

箱根駅伝2023完全ガイド 2023年 01 月号 [雑誌]: 陸上競技マガジン 増刊

 

 

箱根駅伝のコースや見所などが、くわしく書かれた書!

これを読みながらレンタサイクルに乗って、コースを見て回りました!

関西人にとっては土地勘がなかったのですが、楽しかった!ただ自転車で行くのは本当に大変なので、バイクか車で回るのがオススメ。

特に2区の最後、戸塚の坂はヤバすぎます!

 

あまりに細かすぎる箱根駅伝ガイド! 2023+ニューイヤー駅伝! (ぴあMOOK)

 

 

 

実際に、箱根駅伝のコースを見て回った関連記事↓

 

 

順位予想(優勝予想)

最初に逃げるわけではありませんが、順位予想は±3くらいは十分にあり得ると思っています。

第99回箱根駅伝2023・順位予想

青山学院大学
駒澤大学
③ 國
順天堂大学
中央大学

東洋大学
東京国際大学
帝京大学
東海大学
----------
法政大学
早稲田大学
明治大学

西
国士舘大学
山梨学院大学
日本体育大学
専修大学

 

 

優勝争いは青山学院、駒澤の2強

まず、優勝争いは青山学院大学、駒澤大学の2強となってくるだろう。

選手層で青山学院大学により厚みがあり、エースの力量では駒澤大学が有利とみる。

前半で勝負が決するとすれば、エースの走力で勝る駒澤大学が有利だと思うが、後半まで勝負がもつれるようだと、青山学院大学がジリジリと追い詰めていくに違いない。

青山学院大学は前回は圧勝だったが、今回は少し苦戦するような気がしてならない。

見ているこちらをハラハラさせながらも、圧倒的な選手層を活かして9区10区での大逆転勝利を予想する。

大本命の駒澤大学は最初から他大学を寄せ付けず、3区4区あたりまでに青山学院大学が諦めるほどの差を付けて、勝負をつけてしまいたい。

現実的には、往路で優勝あるいは、先頭に近いところで終えて、復路の前半でトップに立ち、そのまま逃げ切るというのが駒澤の勝ちパターンだと思う。

 

2強に迫る戦力の國學院、順天堂大、中央大

2強につづく3位~5位にくるのが、國學院大學、順天堂大学、中央大学と予想する。

は、5人のエース級ランナー+計算できる選手が数名いる。

2強を脅かすためにも、前田監督の区間配置が重要になってくるだろう。

順天堂大学は前回2位。平均して実力者がズラリと揃う。2強を脅かす活躍を見せて欲しい。

距離が伸びる箱根駅伝は、順天堂にとって有利に働くと思う。

中央大学は、1区に吉居大和選手を再度投入して、最初から主導権を奪いに来るだろう。

他の選手も実力をつけており、2区をうまくしのげれば、そのままかなり逃げることもできるかもしれない。

 

上位進出を狙う創価、東洋

6位~7位予想の創価大学、東洋大学は、実力的にはほとんど差がないと思う。

は嵌まれば強いが、直近の出雲駅伝、全日本大学駅伝ではちょいちょい失敗も目立つ。

1区2区でうまく波に乗って、往路で5位以内に入ることが出来れば、4年連続シード権が見えてくる。

前回4位の東洋大学はしぶといし、5区6区の山の走りもうまいので、スルスルッとあがって、いつの間にか上位に入るのではないか。

酒井監督のピーキングが抜群にうまいので、レース展開が嵌まればもっと上位も狙えると思う。

 

シード権の当落線上は東京国際、帝京、東海、法政、早稲田、明治

上位校とは実力的に少し落ちる大学が、シード権争いをすることになるだろう。

この6大学はどこが落ちてもおかしくない。超絶サバイバルな戦いだ。

 

東京国際大学はケガ人が多く、コンディションと強いメンバーを揃えられるのかが心配だ。

出雲駅伝、全日本大学駅伝とその懸念が現実となって、悲惨な結果だった。

それでもきちんと主力が揃って、イェゴン・ヴィンセントの爆発力があれば、何でもできそうなチームだ。

帝京大学も前回より大きく戦力を落としているが、箱根にピークを合わせる中野監督の育成力と復路の強さが光る。

1区2区3区をどのように凌ぐかによって、シード権が取れるのか下位に沈むかが決まってくるだろう。

東海大学はここ数年、大きく戦力が落ちてしまっている。それでも5区6区が強く、スピードランナーも多いし、前回の11位は不運もあった。

エース石原翔太郎選手が、全日本大学駅伝で復活したことは好材料。エースの出来次第で、上位にいけるかどうか決まってくるだろう。

前回はラッキーな10位に入った法政大学だが、ここ最近は意外なしぶとさと強さを見せる。

前回はラッキーだっただけと過小評価されていると思う。コツコツやってきているこういうチームを甘く見ていると、痛い目に遭わされることになる。

早稲田大学は、全日本大学駅伝はきちんと嵌まった感じで、上位をキープし続け、6位と好成績だった。

ピーキングがうまい花田監督体制になって上昇気流に乗ってはいるが、箱根駅伝はまったく別物だ。

明治大学は去年より少し戦力が落ちていると思うが、下級生も徐々に育ってきていると思う。

ここ数年、鬼門となっている1区2区をどうやってしのぐのか?ここで失敗すれば、またシード落ちしてしまうことは間違いない。

 

この6校はこの順位予想にしたものの、もっと上位に入っても全くおかしくない大学ばかりだ。

箱根駅伝・本戦がいかに厳しい戦いか、予選会とはまったく次元の違う戦いだということが、これだけでもわかろうかというものだ。

 

14位以下に予想したチームは苦しい戦い

以上の13チームと、そこから下のチームの実力の隔たりはとてつもなく大きい

現在の戦力を普通に考えれば、シード権はきわめて厳しいと言わざるを得ない。

予選会トップ通過の大東文化大学は進境著しいとは思うが、「一気にシード権を!」という、そんな思いをぶち壊すほど上位校は凄まじく強い。

前回大会の神奈川大学のように、往路で8位以内に入って、そこから必死に粘るという戦い方しかないと思う。

それだけ上位13校の戦力がかなり充実していて、上位12大学はどこが上位に入ってもおかしくないし、どこがシード落ちしてもおかしくない。

それ以外の残りの大学にとっては極めて厳しい戦いとなるが、なんとか頑張ってもらいたい。

 

1月2日・3日の天候

前回大会では強い追い風が吹いて、タイムがどんどん上がっていく絶好のスピードレースでした。

2022年1月2日、3日がどんな天候になるかは全くわかりませんが、基本的に悪い天候を覚悟しておいた方がいいと思います。

 

 

箱根駅伝・TVラジオ中継放送

箱根駅伝についてのTV・ラジオ放映予定の一覧です。

ここでチェックして、箱根駅伝に関連する番組をお見逃しのないようにしてくださいね。

 

●地上波:日本テレビ系列

2022年12月26日の『箱根駅伝 絆の物語』、2023年1月2日、1月3日の『箱根駅伝・往路&復路の中継』、1月15日の『もうひとつの箱根駅伝』は特にオススメです。

まず、トップバッターとして、『徹底取材!!箱根駅伝 春夏秋冬 前編』が、2022年11月19日(土)19:00~20:54、BS日テレにて放送されます。

『徹底取材!!箱根駅伝 春夏秋冬 後編』が、2022年12月24日(土)19:00~20:54、BS日テレにて放送されます。

出雲駅伝、箱根駅伝予選会、全日本大学駅伝を中心に、直前情報についても放映されます。必見ですね!

 

 

●BS日テレ

2022年11月18日(金)午後7:00~8:30に『徹底取材!箱根駅伝 春夏秋冬 前編』が放送されます。

見逃した方はyoutubeやTVerでご覧ください。

また、2022年12月25日の『徹底取材!箱根駅伝 春夏秋冬 後編』は必見です。

予選会以降の、選手の合宿や活躍の様子が放映されます。

 

 

●CS放送 日テレジータス

こちらは有料放送ですが、よりディープな放送内容です。

2023年1月14日の『続報!箱根駅伝 ジータス特別編』は、選手の生の声がたくさん見られるので、特にオススメです。

僕は有料放送に入っていないので、『youtube』(すぐ消されるけど)や中国版youtubeの『bilibili』(著作権ユルユルなので、色々な動画がかなり残っていてオススメ)で見ています。

 

 

●ラジオ文化放送

2023年1月2日、1月3日の『箱根駅伝・往路&復路の中継』は、長い歴史があります。

 

 

箱根駅伝2022・今後の日程(エントリー)

第99回箱根駅伝2023は、以下の日程で開催されます。

今後の日程です。特に、いつチームエントリーと区間エントリーが発表されるかは、箱根駅伝ファン必見ですね。

また、当日のメンバー変更は、区間エントリーされた正選手と補員選手の間のみ、合計6名まで(1日に4名まで)です。

2022/12/9(金) チームエントリー(各大学16名)
2021/12/29(木) 区間エントリー(各区間10名+補員6名)
2022/01/02(月) 6:50 メンバー変更最終受付
8:00 往路スタート(大手町)
2022/01/03(火) 6:50 メンバー変更最終受付
8:00 復路スタート(芦ノ湖)

 

まずはチームエントリーで、各大学の誰が入って、誰が外れるのかによって、かなり展開が予想しやすくなると思います。

区間エントリーが発表されれば、あとは当日変更を予想していくのが楽しいですね。

 

 

各大学・陸上競技部HP一覧

各大学の陸上競技部の情報一覧です。ひいきの大学の情報をゲットしてください!

青山学院大 『HP』『twitter』『instagram』
順天堂大学 『HP』『twitter』『instagram』『サブinstagram』
駒澤大学 『HP』『instagram』
東洋大学 『HP』『instagram』『公認応援』
東京国際大 『HP』『twitter』『instagram』
中央大学 『HP』『twitter』『instagram』『You tube』
創価大学 『HP』『twitter』『instagram』
國學院大學 『HP』『twitter』『instagram』
帝京大学 『HP』『twitter』
法政大学 『HP』『twitter』『instagram』
大東文化大 『HP』『twitter』『instagram』
明治大学 『HP』『twitter』『instagram』
城西大学 『HP』『twitter』『instagram』
早稲田大学 『HP』『twitter』『instagram』『公認instagram』『YouTube』
日本体育大 『HP』『twitter』『instagram』
立教大学 『HP』『twitter』
山梨学院大 『HP』『twitter』
専修大学 『HP』『twitter』『instagram』
東海大学 『HP』『twitter』『instagram』
国士舘大学 『HP』『twitter』『instagram』

 

 

出場各大学の区間予想

滝山が勝手ながら、各大学の区間予想をしてみました。

基本的に、同じくらいの能力なら、この次を見越して下級生にチャンスが多いと思っています。

また、往路を重視する傾向は、これからも続くと思います。

 

1位予想:青山学院大学

『HP』『twitter』『instagram』

前回、2位に10分51秒も差をつけて圧勝した青山学院大学。今年もバリバリの大本命だ。

青学の強さは言うまでもなく、選手層の厚さ。5人くらい故障してもまったく問題ないほど、各人が高いレベルかつ戦力が揃っている。

特に、4年生は他大学だったらエース級なのに、一度も三大駅伝に出られないという選手もたくさんいる。

箱根駅伝にしっかりピークを合わせられた選手を特性に合わせて配置するだけで、他大学は歯が立つまいと思っていた。

しかし、出雲駅伝、全日本大学駅伝では駒澤大学には全く歯が立たなかった。もう余裕は全くない。

それでも、知将・原晋が何とかしてしまうような気がしてならない。

 

 

 

区間予想

ライバルの駒澤大学を絶対に逃がさないオーダーを組んでくるに違いない。駒澤に追いつけば、前回と同じく圧勝してしまうかもしれない。

出雲や全日本のように、駒澤を独走させないことが大切。駒澤に追いつける距離にいれば、復路の特に後半3区間では青学の方が上だと思う。

それだけに1区2区をどうするのか、とても重要だ。本当は1区に近藤選手をいれて、中央の吉居選手に引っ張らせて、駒澤を突き放したい。

そして2区の岸本選手で出来るだけ逃げて、駒澤・田澤選手に追いつかせて、どれだけ粘れるかという展開にしたい。

しかし、1区に吉居選手が来なかったら近藤選手はもったいないとか、2区で田澤選手が爆走して大きく離されると後が苦しくなるなど、悩みは尽きない。

6区は57分30秒をターゲットにしてくるだろうが、誰を据えてくるのか楽しみだ。

 

【当初予想】

1 岸本 大紀(4) 6 目片 将大(4)
2 近藤 幸太郎(4) 7 鶴川 正也(2)
3 太田 蒼生(2) 8 田中 悠登(2)
4 佐藤 一世(3) 9 中村 唯翔(4)
5 若林 宏樹(2) 10 中倉 啓敦(4)

補欠

西久保 遼(4) 宮坂 大器(4) 脇田 幸太朗(4)
志貴 勇斗(3) 荒巻 朋煕(1) 塩出 翔太(1)

 

主力選手のベストタイム一覧

どの学年も強い選手でひしめいているが、やはり4年生と2年生の選手層が分厚い。1年生がいまひとつ抜けてこないのが少し心配。

5000m 10000m ハーフ
畦地 貴斗(4) 14:03.54 28:53.47 1:03:02
大澤 佑介(4) 13:57.52 29:01.98 1:03:15
岸本 大紀(4) 13:37.96 28:20.29 1:03:49
近藤 幸太郎(4) 13:34.88 28:10.50 1:03:42
関口 雄大(4) 13:58.18 28:32.33 1:04:19
中倉 啓敦(4) 13:55.29 28:33.71 1:02:26
中村 唯翔(4) 13:45.82 28:29.43 1:02:52
西久保 遼(4) 13:53.06 28:21.39 1:02:30
宮坂 大器(4) 13:52.15 28:34.23 1:02:26
目片 将大(4) 13:37.93 28:53.40 1:02:36
横田 俊吾(4) 13:46.81 28:24.78 1:02:36
脇田 幸太朗(4) 14:05.95 29:03.66 1:03:13
小原 響(3) 13:46.54 28:28.97 1:03:57
倉本 玄太(3) 13:51.25 28:45.97 1:04:13
佐藤 一世(3) 13:49.74 28:50.56 1:05:47
志貴 勇斗(3) 13:53.59 28:50.54 1:05:53
鈴木 竜太朗(3) 14:05.00 28:43.24 1:03:53
山内 健登(3) 13:46.25 28:34.12 1:02:45
太田 蒼生(2) 13:55.74 28:32.17 -----
白石 光星(2) 13:51.21 28:49.65 1:04:11
田中 悠登(2) 13:56.25 28:35.60 1:02:33
鶴川 正也(2) 13:43.96 29:30.48 1:02:44
野村 昭夢(2) 13:48.83 29:39.23 -----
若林 宏樹(2) 13:41.32 28:25.71 1:03:18
荒巻 朋煕(1) 13:54.49 28:37.51 -----
黒田 朝日(1) 13:56.02 28:33.62 -----
佐藤 有一(1) 13:59.32 30:10.69 1:07:04
塩出 翔太(1) 13:57.88 29:25.83 1:04:14
広内 颯(1) 13:57.86 ----- -----
松下 勇樹(1) 14:08.79 29:38.51 -----

 

 

2位予想:駒澤大学

『HP』『instagram』

出雲駅伝、全日本大学駅伝を圧倒的な強さで、他をまったく寄せ付けなかった駒澤大学。

エースの力量+選手層でも圧倒的な強さを誇っている。

だが、駒澤大学にはトラックでのタイムを狙うスピードランナーが多く、箱根駅伝は相性は良くないと思う。

それでも嵌まってしまえば、さすがの青山学院大学でもかなわないと思う。

勝つためには前半区間で圧倒的な差をつくって、そのまま逃げ切りたい。往路優勝はもちろんのこと、青学との差を3分はつけたい。

あと駒澤は、箱根駅伝では必ずどこかの区間でやらかす癖がある。そこだけが心配だ。

 

 

区間予想

ライバルの青山学院大学をできるだけ前半で離して、諦めさせてしまいたい。

最初の3区間で波に乗って、後続を突き放してしまえば、さすがの青学も焦ってくるだろう。

1区に篠原選手を入れれば、中央の吉居選手が来て飛び出しても、そのまま利用してしまえばいいと思う。

去年失敗した3区は当然テコ入れしてくるだろうし、4区も追いつかせない婦人を考えてくるはず。

それよりも、駒澤は6区の山下りに誰を据えてくるだろうか?

大八木監督が準備していないわけもないので、58分ジャストくらいで走れる選手を持ってくると思う。

 

【当初予想】

1 篠原 倖太郎(2) 6 円 健介(4)
2 田澤 廉(4) 7 唐澤 拓海(3)
3 鈴木 芽吹(3) 8 安原 太陽(3)
4 佐藤 圭汰(1) 9 山野 力(4)
5 金子 伊吹(3) 10 花尾 恭輔(3)

補欠

赤津 勇進(3) 赤星 雄斗(3) 青柿 響(3)
白鳥 哲汰(3) 宮城 珠良(2) 山川 拓馬(1)

 

主力選手のベストタイム一覧

偏りもなく各学年とも強い選手がしっかりいて、もちろん選手層も厚い。あとはピーキングだけか。

5000m 10000m ハーフ
大坪 幸太(4) 14:10.05 ----- 1:05:56
小野 恵崇(4) 13.48.46 28.53.91 1:03:19
田澤 廉(4) 13:22.60 27:23.44 -----
円 健介(4) 13:48.57 28:29.11 1:01:51
中島 隆太(4) 13:54.34 29:04.94 1:05:07
東山 静也(4) 13:47.10 28:56.27 1:03:28
藤本 優太(4) 13:56.77 30:15.84 1:04:26
宮内 斗輝(4) 14:09.74 29:55.35 1:04:13
山野 力(4) 13:47.67 28.32.71 1:00:40
青柿 響(3) 13:47.77 28:20.42 1:02:44
赤津 勇進(3) 13:52.27 28:30.64 1:02:53
赤星 雄斗(3) 13:57.55 30:07.21 1:02:00
金子 伊吹(3) 14:07.12 29:29.62 1:04:57
唐澤 拓海(3) 13:32.58 28:02.52 1:02:45
白鳥 哲汰(3) 13:46.78 28:14.86 1:03:13
鈴木 芽吹(3) 13:27.83 27:41.68 1:03:07
花尾 恭輔(3) 13:51.89 28:29.82 1:01:37
安原 太陽(3) 13:37.01 29:08.88 1:02:25
小牧 波亜斗(2) 14:09.09 30:22.37 -----
篠原 倖太郎(2) 13:34.28 28:41.13 1:01:01
田丸 颯(2) 14:14.84 29:54.14 1:04:30
庭瀬 俊輝(2) 14:07.95 30:27.61 1:04:50
宮城 珠良(2) 14:07.83 29:15.14 -----
吉本 真啓(2) 14:07.59 29:18.20 1:03:31
亘理 魁(2) 13:57.62 28:47.70 1:11:33
伊藤 蒼唯(1) 14:09.16 28:28.15 1:04:15
帰山 侑大(1) 14:07.90 29:18.99 -----
佐藤 圭汰(1) 13:22.91 ----- -----
山川 拓馬(1) 14:01.21 30:27.22 -----
山下 結(1) 14:10.63 ----- -----

 

 

3位予想:國學院大學

『HP』『twitter』『instagram』

5人のエース級ランナーを抱える國學院大學。

出雲駅伝も全日本大学駅伝も、ともにうまく噛み合って2位ということで、箱根駅伝もこのままの勢いで臨みたい。

問題は、その5人と他の選手との実力差が大きいことだ。しかし、その辺りの懸念も、出雲、全日本である程度は払拭することができたと思う。

國學院としては今年の戦力の充実ぶりを考えると、ここで表彰台はもちろんのこと、2強を倒して一気に初優勝まで狙っていきたい。

ただし、2強にミスが出なければ、國學院の優勝はやはり難しい。それだけに食らいついて、2強にプレッシャーを掛けて崩していきたい。

 

区間配置

1区2区を耐えられれば、あとは自然に流れていくと思うので、強い2年生を入れたい。

往路を上位で終えることができれば、復路は意外と粘れるのではないか。

國學院の問題は5区6区をどうするか。6区を島﨑選手にしてもいいが、彼ももっと主要区間にしないともったいない。

 

【当初予想】

1 山本 歩夢(2) 6 原 秀寿(2)
2 平林 清澄(2) 7 青木 瑠郁(1)
3 伊地知 賢造(3) 8 藤本 竜(4)
4 中西 大翔(4) 9 島﨑 慎愛(4)
5 上原 琉翔(1) 10 鶴 元太(2)

補欠

川崎 康生(4) 坂本 健悟(4) 中西 唯翔(4)
鈴木 景仁(3) 沼井 優斗(2) 嘉数 純平(1)

 

主力選手のベストタイム一覧

柱となる選手はしっかり強いが、それ以外の中間層をどれだけ底上げできるかが、前田監督の腕の見せ所だろう。

5000m 10000m ハーフ
島﨑 慎愛(4) 13:50.20 28:27.98 1:03:08
阿久津 佑介(4) 14:24.22 29:20.39 1:03:16
川崎 康生(4) 14:08.59 29:18.03 1:03:06
坂本 健悟(4) 14:27.09 28:54.53 1:02:38
中西 大翔(4) 13:38.45 28:17.84 1:02:02
中西 唯翔(4) 14:15.62 29:31.19 1:04:09
永谷 連太郎(4) 14:14.11 29:38.07 1:03:37
藤本 竜(4) 14:09.67 28:53.77 1:05:08
宮本 大生(4) 14:11.50 29:16.78 1:04:38
阿部 優樹(3) 14:18.92 29:40.04 1:05:05
伊地知 賢造(3) 14:09.88 28:29.95 1:02:22
鈴木 景仁(3) 14:05.49 29:24.89 1:05:29
瀬尾 秀介(3) 14:14.85 29:13.24 1:03:10
西山 哲平(3) 14:19.98 29:38.53 1:03:32
松下 裕介(3) 14:15.57 29:26.30 1:03:25
青木 洸生(2) 14:15.72 30:07.10 1:05:09
板垣 俊佑(2) 14:19.17 29:21.44 1:06:14
木村 文哉(2) 14:23.91 29:17.84 1:03:04
佐藤 快成(2) 14:23.03 ----- 1:03:12
鶴 元太(2) 14:19.07 29:07.53 1:02:15
中川 雄太(2) 14:04.93 29:34.08 -----
沼井 優斗(2) 14:12.23 29:19.33 1:04:21
原 秀寿(2) 14:00.02 ----- -----
平林 清澄(2) 13:55.30 28:12.16 1:01:50
三潟 憲人(2) 13:59.33 29:18.81 1:05:07
山本 歩夢(2) 13:46.92 28:41.59 1:00:43
青木 瑠郁(1) 13:48.61 29:52.40 -----
上原 琉翔(1) 13:56.84 29:48.67 -----
嘉数 純平(1) 14:08.61 28:58.44 -----
鎌田 匠馬(1) 14:13.37 ----- -----
高山 豪起(1) 14:16.52 29:39.31 1:02:27
田中 登馬(1) 14:11.80 ----- -----
森田 隼也(1) 14:09.01 30:21.40 -----
吉浦 悠(1) 14:09.45 30:12.82 -----

 

 

4位予想:順天堂大学

『HP』『twitter』『instagram』『サブinstagram』

前回1区で区間19位ながら、どんどん順位を追い上げていき、最後は2位となった順天堂大学。

レベルの高い選手がズラリと揃っていて、前半区間を耐え抜いていけば、あとはじわじわ抜いていくだけで上位に入ってくるだろう。

その前半区間のどこにエース三浦龍司選手を入れてくるのか、それによって順天堂がいい流れでレースを進めることができるか決まってくるだろう。

1区で、中央大学の吉居大和選手をうまく利用できれば、残りの区間は順天堂大学の方が上だと思う。

3・4年生は強いが、1・2年生が上がってこないことが心配だが、佐久長聖のスーパーエース吉岡選手が来年入ってくるらしいので、そちらはそちらで楽しみ。

 

区間配置

順天堂は選手層が厚いので、前半を何とか耐えれば、あとはどんどん上に上がっていけるはず。1区~3区の出来がよければ、かなり戦えるはずだ。

往路の予想はこの配置で大きく外れることはないと思う。

復路をどう配置していくかと、どう調整してピークを合わせていくかが、順天堂の課題になってくると思う。

 

【当初予想】

1 三浦 龍司(3) 6 海老澤 憲伸(2)
2 野村 優作(4) 7 平 駿介(4)
3 伊豫田 達弥(4) 8 西澤 侑真(4)
4 石井 一希(3) 9 内田 征冶(3)
5 四釜 峻佑(4) 10 浅井 皓貴(2)

補欠

藤原 優希(3) 油谷 航亮(2) 服部 壮馬(2)
藤島 幹大(2) 村尾 雄己(1) 森本 喜道(1)

 

主力選手のベストタイム一覧

一時期低迷していたが、近年強化がうまくいっている。ただし、3・4年生の選手層が厚いので、1・2年生も頑張りたい。

5000m 10000m ハーフ
荒木 勇人(4) 14.16.70 28.48.87 1:04:58
伊豫田 達弥(4) 13.43.71 28.06.26 1:02:11
四釜 峻佑(4) 13.52.90 28.36.03 1:03:04
平 駿介(4) 13.59.10 28.48.40 1:04:50
西澤 侑真(4) 14.08.26 28.50.37 1:02.35
野村 優作(4) 13.41.73 28.19.01 1:01:51
堀内 郁哉(4) 14.09.53 29.21.91 1:04:00
石井 一希(3) 13.46.94 28.48.45 1:02:09
内田 征冶(3) 14.09.12 29.12.79 1:02:34
斎藤 瞬太(3) 14.19.05 29.45.27 1:05:36
柘植 航太(3) 14.12.40 29.45.76 1:05:53
出口 静之心(3) 14.10.34 29.42.27 1:03:08
馬場園 怜生(3) 14.08.37 30.02.70 1:05:23
藤原 優希(3) 14.07.72 29.27.90 1:03:20
三浦 龍司(3) 13.26.78 28:32.28 1:01:41
浅井 皓貴(2) 14.00.12 28.45.31 1:02:13
油谷 航亮(2) 14.11.70 29.49.70 1:03:14
岩島 共汰(2) 14.16.10 29.47.23 1:04:02
海老澤 憲伸(2) 13.55.97 28.49.49 1:02:43
神谷  青輝(2) 14.08.00 29.48.57 1:04:11
服部 壮馬(2) 13.55.56 29:24.54 -----
藤島 幹大(2) 14.03.88 29.14.97 1:03:42
堀越 翔人(2) 14.18.79 29.04.41 1:04:10
前田 徹平(2) 14.21.81 30.04.03 1:04:48
石岡 大侑(1) 14.05.05 30:28.84 -----
児玉 空琉(1) 14.25.56 30:37.68 -----
堀口 颯亮(1) 14.18.50 30.11.72 -----
村尾 雄己(1) 13.58.04 30.35.40 -----
森本 喜道(1) 14.03.67 29.58.55 1:06:13
山﨑 颯(1) 14.13.47 30.58.16 -----

 

 

5位予想:中央大学

『HP』『twitter』『instagram』

昨年は上位に入って、周囲に驚きを与えたかもしれないが、今年は上位は当たり前の飛躍の年となっている。

1区で飛び出せたことは大きかったし、中央が他校にプレッシャーを掛けられるのは有利だ。

出雲駅伝では優勝する可能性すらあったと思う。もう立派な強豪校というか、優勝争いをする大学になってきた。

ただ全日本は今ひとつピークを合わせることが出来なかったが、箱根は絶対に外すまい。

注目度が桁違いの箱根駅伝は、集大成としてメダルがもらえる表彰台に乗りたいところだ。

 

区間配置

1区の吉居大和選手で出来るだけ差を広げて、2区をしのげば、優勝or準優勝のチャンスも出てくるかもしれない。

中央としては1区2区はある程度計算できるので、大事なのは3区4区となるだろう。

5区6区は両選手にケガさえなければ、この予想で間違いあるまい。

 

【当初予想】

1 吉居 大和(3) 6 若林 陽大(4)
2 中野 翔太(3) 7 居田 優太(3)
3 吉居 駿恭(1) 8 中澤 雄大(4)
4 溜池 一太(1) 9 湯浅 仁(3)
5 阿部 陽樹(2) 10 山平 怜生(2)

補欠

助川 拓海(4) 千守 倫央(4) 園木 大斗(3)
東海林 宏一(2) 白川 陽大(1) 西 優斗(1)

 

主力選手のベストタイム一覧

藤原監督になってから、スカウト&育成ともにうまくいっている。名門復活という感じで勢いがある。

5000m 10000m ハーフ
助川 拓海(4) 14:06.39 28:49.58 1:02:36
田井野 悠介(4) 14:18.89 29:34.90 1:02:37
千守 倫央(4) 13:58.13 28:15.40 1:02:37
中澤 雄大(4) 14:06.78 29:00.40 1:02:44
若林 陽大(4) 13:59.08 28:42.02 1:04:29
居田 優太(3) 13:46.36 28:46.35 1:07:39
伊東 大翔(3) 14:04.78 28:59.59 1:04:54
大澤 健人(3) 14:36.42 29:14.67 1:04:36
園木 大斗(3) 13:59.86 29:03.33 1:03:40
中野 翔太(3) 13:39.94 28:00.86 1:04:03
山田 俊輝(3) 13:54.34 29:26.30 -----
湯浅 仁(3) 13:58.32 28:47.81 1:03:57
吉居 大和(3) 13:25.81 28:03.90 1:01:47
阿部 陽樹(2) 13:55.57 28:37.35 1:02:54
浦田 優斗(2) 14:15.48 30:31.81 -----
桑原 悠輔(2) 14:06.27 30:31.82 -----
佐野 拓実(2) 14:13.04 29:56.78 1:06:03
東海林 宏一(2) 14:01.97 29:24.19 1:03:58
中野 倫希(2) 14:06.56 29:44.81 -----
矢萩 一揮(2) 14:12.20 30:23.15 -----
山口 大輔(2) 14:11.64 29:33.39 1:05:09
山平 怜生(2) 13:51.20 28:53.85 1:02:48
伊東 夢翔(1) 13:56.30 29:34.96 1:07:22
佐藤 宏亮(1) 14:14.62 29:57.37 1:05:14
篠原 寛(1) 14:12.13 ----- -----
白川 陽大(1) 14:08.77 29:47.24 1:04:23
溜池 一太(1) 13:46.16 29:21.62 -----
永島 陽介(1) 14:14.09 30:56.83 1:08:37
西 優斗(1) 14:03.11 30:14.97 1:07:07
吉居 駿恭(1) 13:40.26 28:11.96 1:07:50

 

 

6位予想:創価大学

『HP』『twitter』『instagram』

前々回では不運の準優勝を果たした創価大学。強いのか弱いのか、正直よくわからない大学だと思う。

選手層としては4年生が圧倒的に強いが、下級生がいまひとつで、特に3年生が今ひとつ突き抜けない。

それだけに来年以降は相当厳しいので、今年は上位で勢いをつけておきたいところ。

1区を上位でしのげれば、あとは勝手に流れていけるだろうが、去年と同じ失敗だけは避けたい。

 

区間配置

創価は1区の日本人エースの出来次第。全日本で駒澤の佐藤圭汰選手に競り勝った葛西選手が、今年は失敗しないで欲しい。

1区がトップの見える位置で持ってこられれば、あとはムルワ選手が何とかしてくれるはず。

そして創価の鬼門は3区だろう。ここを誰にするかが榎木監督の一番頭の痛いところに違いない。

あとは5区だが、激坂最速王決定戦に出場した新家選手or野沢選手だろう。野沢選手なら、新家選手を前回と同じ7区に回してくるかもしれない。

その他としては1年生の石丸選手を使って、経験を積ませたいところだが、出雲・全日本の走りを見ていると、まだまだ心許ない。

したがって、長い距離に強くて実績のある上級生中心のオーダーにしてみた。

 

【当初予想】

1 葛西 潤(4) 6 濱野 将基(4)
2 P・ムルワ(4) 7 横山 魁哉(4)
3 吉田 凌(2) 8 小暮 栄輝(2)
4 嶋津 雄大(4) 9 山森 龍暁(3)
5 新家 裕太郎(4) 10 松田 爽汰(4)

補欠

緒方 貴典(4) 桑田 大輔(3) 野田 崇央(2)
L・カミナ(2) 石丸 惇那(1) 野沢 悠真(1)

 

主力選手のベストタイム一覧

4年生の選手層がかなり厚いものの、下級生の育成がいまひとつという感が拭えない。今年はしっかり結果を残したい。

5000m 10000m ハーフ
嶋津 雄大(4) 14:03.65 28:14.23 1:03:18
緒方 貴典(4) 14:14.20 28:42.44 1:03:01
葛西 潤(4) 14:06.33 28:21.72 1:05:03
新家 裕太郎(4) 13:45.22 28:45.93 1:06:04
濱野 将基(4) 14:06.76 28:37.06 1:05:24
P・ムルワ(4) 13:29.42 27:35.29 -----
本田 晃士郎(4) 14:20.73 29:19.42 1:03:05
松田 爽汰(4) 14:02.30 29:32.49 1:03:01
横山 魁哉(4) 13:57.61 28:33.58 1:03:57
石井 大揮(3) 14:08.75 29:15.38 1:03:58
上杉 祥大(3) 14:14.58 29:18.60 -----
桑田 大輔(3) 14:02.85 28:38.46 1:05:17
志村 健太(3) 14:12.17 29:10.63 1:04:11
溝口 泰良(3) 14:11.27 29:12.16 -----
森下 治(3) 14:22.53 29:36.24 1:08:31
山下 唯心(3) 14:13.23 30:15:97 1:06:05
山森 龍暁(3) 14:04.36 28:35.17 1:03:33
吉田 悠良(3) 14.08.32 29.16.15 1:05:14
安坂 光瑠(2) 14:15.11 29:50.35 1:05:50
小暮 栄輝(2) 14:07.13 28:50.73 1:02:42
野田 崇央(2) 14.20.70 29.20.59 1:02:47
藤ノ木 丈(2) 14.21.38 29.57.97 1:05:22
L・カミナ(2) 13:32.97 28:14.54 1:02:31
吉田 凌(2) 14:11.16 28:41.28 1:03:07
家入 勇翔(1) 14:17.54 29:12.47 -----
石丸 惇那(1) 13:57.91 28:46.37 -----
黒木 陽向(1) 14:16.19 29:40.26 1:03:13
竹田 康之助(1) 14:23.83 ----- -----
中村 拳士郎(1) 14:23.00 ----- -----
野沢 悠真(1) 14:13.27 29:23.82 1:05:24
山下 蓮(1) 14:10.73 29:18.63 1:03:20

 

 

7位予想:東洋大学

『HP』『instagram』『公認応援』

ピーキングがうまく、しぶとく勝負強い東洋大学を5位予想。

出雲は失敗レースだったが、箱根にはきっちりと合わせてくると思う。

特に、復路は強いと思うので、往路をどううまくやり繰りしていくか、酒井監督の腕の見せどころだろう。

東洋は昨年まで5区に宮下選手という登りに強い選手がいたが、今年はどう配置してくるのか注目だ。

出雲、全日本と序盤で遅れて、なかなか挽回できないという、東洋らしくないレース展開が目立つ。

上位に予想する人が少なくなってしまった現状を見つめ直し、きっちり打開する強さを見せてもらいたい。

 

区間予想

前半区間をどう凌いで、往路を上位で終えるかが、東洋の課題。

それだけに1区が大事。中央大学の吉居選手が大逃げすることが予想される中で、誰を据えてくるか?

この際、1区に石田選手でもいいかもしれないと思っている。そのときは1区と4区を入れ替えることを予想する。

いくら松山選手でも後ろで渡されたら、なかなか追い上げられるものではないから、慎重に人選すべきだ。

逆に、復路は強さを見せられるはず。9区10区はフルマラソンでも結果を残したスタミナ抜群の2人で追い上げたい。

 

【当初予想】

1 児玉 悠輔(4) 6 九嶋 恵舜(3)
2 松山 和希(3) 7 前田 義弘(4)
3 佐藤 真優(3) 8 梅崎 蓮(2)
4 石田 洸介(2) 9 柏 優吾(4)
5 村上 太一(3) 10 清野 太雅(4)

補欠

及川 瑠音(4) 木本 大地(4) 熊崎 貴哉(3)
緒方 澪那斗(1) 西村 真周(1) 吉村 聡介(1)

 

主力選手のベストタイム一覧

タイムはまずまずだが、駅伝ではタイム以上に走れる選手が多い。いつの間にか必ず上位に入ってくる強さがある。

5000m 10000m ハーフ
荒生 実慧(4) 14:12.59 28:50.40 1:04:27
及川 瑠音(4) 13:42.35 28:55.52 1:04:29
大沼 翼(4) 13:57.68 29:32.48 1:04:49
柏 優吾(4) 13:59.28 28:49.72 1:02:55
木本 大地(4) 14:16.47 29:06.85 1:03:03
児玉 悠輔(4) 13:55.22 28:45.74 1:04:08
清野 太雅(4) 14:11.91 29:03.59 1:03:48
前田 義弘(4) 14:05.72 28:57.80 1:04:26
町 桟吾(4) 14:25.44 29:04.89 1:03:46
奥山 輝(3) 13:58.72 29:05.45 1:03:46
兼原 尚也(3) 14:08.56 29:59.63 1:05:25
九嶋 恵舜(3) 13:48.67 28:45.60 1:09:08
熊崎 貴哉(3) 13:56.29 28:36.36 1:04:27
佐藤 真優(3) 13:58.72 28:49.54 1:02:55
菅野 大輝(3) 14:13.49 29:22.56 1:03:47
松山 和希(3) 13:48.80 28:42.17 1:00:43
村上 太一(3) 14:07.19 29:07.76 1:03:33
石田 洸介(2) 13:34.74 28:37.50 -----
梅崎 蓮(2) 14:14.50 29:18.70 1:02:41
甲木 康博(2) 14:01.09 29:14.75 -----
北村 勇貴(2) 14:16.75 31:37.83 -----
小林 亮太(2) 14:10.36 29:27.22 1:04:05
永吉 恭理(2) 14:15.29 29:46.30 -----
吉田 周(2) 14:13.49 30:02.41 1:04:29
網本 佳悟(1) 14:12.37 29:03.08 1:05:58
緒方 澪那斗(1) 13:54.45 28:36.67 -----
岸本 遼太郎(1) 14:14.77 29:52.57 1:09:25
西村 真周(1) 13:55.92 29:03.95 -----
藤宮 歩(1) 14:04.46 29:32.44 -----
吉村 聡介(1) 13:53.90 32:34.43 -----

 

 

8位予想:東京国際大学

『HP』『twitter』『instagram』

3年連続シード権を獲得している東京国際大学。

進境著しい東京国際大学には3枚看板といわれる、山谷、丹所、ヴィンセントという3人のエースがいる。

とにかくケガ人が多い東京国際も、万全な状態でレースを迎えられれば、3位くらいまでなら十分にあり得る。

出雲駅伝、全日本大学駅伝と、2回続けてひどい惨敗だったが、破壊力抜群のイェゴン・ヴィンセント、山谷昌也が間に合うかどうかに掛かっている。

万全ならもっと上位も狙えるし、主力が揃って欠場するようだと、一気にシード圏外に弾き飛ばされてしまうだろう。

 

区間配置

今年は2区に丹所選手をいれて、ヴィンセントを4区に入れてくると思っていたが、出雲・全日本の惨敗を見ると、もうそんな悠長なことは言っていられない。

前半1区2区の出来次第で、東京国際の運命は決まるだけに、2区はヴィンセントの爆走に期待するほかない。

もし、山谷選手のケガが治らず、エントリーから外れるようなら、丹所選手を1区に入れてくるに違いない。

だが、3本柱のうちの大事な1本を失うということは、東京国際の命運が尽きてしまうことを意味する。

 

【当初予想】

1 山谷 昌也(4) 6 林 優策(3)
2 ヴィンセント(4) 7 冨永 昌輝(2)
3 丹所 健(4) 8 村松 敬哲(3)
4 白井 勇佑(2) 9 宗像 聖(4)
5 倉掛 響(2) 10 堀畑 佳吾(4)

補欠

Lムセンビ(4) 生田 琉海(3) 鎌田 雅稀(3)
牛 誠偉(2) 佐藤 榛紀(2) 菅野 裕二郎(1)

 

主力選手のベストタイム一覧

このところの活躍もあってか、スカウトもうまくいっており、選手層も分厚くなってきた。中間層の底上げが課題。

5000m 10000m ハーフ
Yヴィンセント(4) 13:15.15 27:24.42 1:01:18
善田 修平(4) 14:13.60 29:27.24 1:08:04
丹所 健(4) 13:46.17 28:01.24 1:04:37
堀畑 佳吾(4) 14:02.14 28:54.91 1:05:42
宗像 聖(4) 13:57.22 29:13.94 1:06:12
Lムセンビ(4) 13:45.15 28:20.09 1:02:01
山谷 昌也(4) 13:36.77 28:11.94 -----
生田 琉海(3) 14:04.82 29:09.22 -----
加藤 優斗(3) 14:17.16 29:44.59 1:10:40
鎌田 雅稀(3) 14:28.02 29:48.71 -----
川端 拳史(3) 14:13.09 ----- -----
川畑 昇大(3) 14:13.69 29:37.83 1:05:02
林 優策(3) 14:03.45 29:43.85 1:07:14
麓 逸希(3) 14:00.07 30:29.42 -----
村松 敬哲(3) 13:54.79 29:18.27 1:07:55
岡 剛史(2) 14:10.45 30.11.21 1:04:16
木村 海斗(2) 14:02.92 29:55.43 1:11:10
牛 誠偉(2) 13.50.28 29:48.70 1:06:01
倉掛 響(2) 14:02.80 29:56.51 1:05:53
佐藤 榛紀(2) 13:50.31 29:17.39 -----
白井 勇佑(2) 13:41.40 28:55.12 1:03:48
冨永 昌輝(2) 14:03.54 29:06.37 1:04:33
古旗 朝輝(2) 14.13.81 30:35.47 -----
益田 郁也(2) 14.13.72 30:34.34 -----
山岸 柊斗(2) 13:58.31 29:56.23 1:09:36
川内 琉生(1) 14:13.26 29:43.48 -----
佐藤 智也(1) 14:17.72 31:24.97 -----
菅野 裕二郎(1) 13:51.18 29:52.19 -----
中山 拓真(1) 14:08.70 ----- -----
森 春樹(1) 14:05.98 28:44.97 -----

 

 

9位予想:帝京大学

『HP』『twitter』

昨年と比べ、大きく戦力が落ちていることを隠せない帝京大学。

出雲はとんでもない失敗レースになったが、そこは中野監督も初めからわかっていたと思う。

出雲駅伝のインタビューなのに、箱根駅伝のことばかり話していたからだ。

最初からスピードレースには勝てないことは分析済みのはず。

全日本には出場できなかったので、その間、箱根駅伝だけを見越して、じっくり仕上げてくるだろう。

いまのところ過小評価されているが、なんだかんだ強さとしぶとさを見せて、シード権は死守してしまうのではないかと思っている。

 

区間配置

今の帝京には飛び抜けた選手は1人もないが、それでも箱根駅伝ではしっかり合わせてくる中野監督のピーキング力が脅威。

1区2区をどう凌ぐかに掛かっている。憎らしいほどの中野マジックが見たい。

 

【当初予想】

1 小野 隆一朗(3) 6 藤本 雄大(1)
2 西脇 翔太(3) 7 大吉 優亮(3)
3 小林 大晟(2) 8 末次 海斗(3)
4 北野 開平(4) 9 元永 好多朗(4)
5 新井 大貴(4) 10 山田 一輝(4)

補欠

大花 将太(4) 中野 大地(4) 比嘉 良悟(4)
大類 駿(3) 針谷 咲輝(3) 柴戸 遼太(1)

 

主力選手のベストタイム一覧

育成の帝京も、今年は苦しい。去年の主力の4年生が大量に卒業。しかし、毎年4年生が力を発揮するのが帝京なだけに不気味。

さすがの中野監督でもどうにもならないのか、どうにかしてしまうのか、とても楽しみだ。

5000m 10000m ハーフ
新井 大貴(4) 14:13.45 30:35.08 1:03:30
大花 将太(4) 14:02.80 30:09.42 1:04:13
北野 開平(4) 14:12.22 29:20.57 1:02:40
中野 大地(4) 14:31.30 30:14.30 1:04:55
比嘉 良悟(4) 14:43.91 29:58.15 1:04:32
藤尾 壮紀(4) 14:27:02 30:06.76 1:08:41
元永 好多朗(4) 14:22.45 29:45.82 1:04:12
山田 一輝(4) 14:19.58 29:31.05 1:05:44
吉岡 尚紀(4) 14:23.93 30:04.12 -----
大吉 優亮(3) 14:15.07 29:55.38 1:04:58
小野 隆一朗(3) 14:04.47 28:50.37 1:02:56
大類 駿(3) 14:27.84 29:51.52 -----
塩井 広太郎(3) 14:13.15 33:04.87 -----
末次 海斗(3) 14:29.07 29:31.83 1:03:59
近田 達矢(3) 14:23.76 30:36.35 -----
西脇 翔太(3) 13:56.71 28:57.21 1:02:25
針谷 咲輝(3) 14:24.98 29:56.64 1:04:12
日高 拓夢(3) 14:32.30 29:46.18 -----
小林 大晟(2) 14:20.65 28:43.71 1:05:02
高島 大空(2) 14:29.62 30:39.03 -----
内藤 一輝(2) 14:10.39 32:57.62 1:05:54
福島 渉太(2) 14:09.52 28:57.49 -----
福田 翔(2) 14:26.59 29:37.33 -----
山中 博生(2) 14:29.51 30:58.52 -----
尾崎 仁哉(1) 14:20.45 29:51.99 1:04:25
栗田 隆希(1) 14:00.04 ----- -----
柴戸 遼太(1) 14:06.83 30:21.34 1:05:34
島田 晃希(1) 14:25.18 ----- -----
田中 陽々希(1) 14:29.51 29:53.26 1:06:48
藤本 雄大(1) 14:21.52 29:59.71 1:04:56
鎗田 大輝(1) 14:27.73 31:15.52 1:08:42
山口 翔平(1) 14:09.47 29:58.16 -----

 

 

10位予想:東海大学

『HP』『twitter』『instagram』

前回10区の最後の最後で抜かれてしまい、シード落ちしてから歯車が狂い続けている東海大学。

本来ならシード権を獲得できていたわけで、エースが復帰して、しっかりピークを合わせられれば、さすがに10位ギリギリには入ってくると思う。

それでも箱根駅伝予選会、全日本大学駅伝のひどい出来を見ると、少し不安になってしまう。

ただ、選手層は分厚いのと、5区6区の山区間は何の心配もないのはやはり大きい。

箱根にはしっかり合わせて、何とかリベンジしてくるのではないかと思う。

しかし、部内が内紛状態かもしれないという情報が一部にあるのが何とも気掛かりだ。

 

区間配置

2区:石原、5区:吉田響、6区:川上選手はほぼ決まりだろう。あとはどの区間にどの選手を入れてくるか。

育成力はあると思うが、駆け引きが今ひとつに見える両角監督が選手を活かした配置ができるかどうかが、上位進出の鍵だと思う。

 

【当初予想】

1 松崎 咲人(4) 6 川上 勇士(4)
2 石原 翔太郎(3) 7 越 陽汰(2)
3 鈴木 天智(1) 8 入田 優希(3)
4 神薗 竜馬(3) 9 竹村 拓真(4)
5 吉田 響(2) 10 梶谷 優斗(2)

補欠

宇留田 竜希(4) 佐藤 俊輔(4) 松尾 昂来(3)
溝口 仁(3) 竹割 真(1) 花岡 寿哉(1)

 

主力選手のベストタイム一覧

両角監督の指導力を求めて、全国から有能な選手が集まってくる東海大学。スピードランナーが多い印象。

5000m 10000m ハーフ
宇留田 竜希(4) 14:02.07 28:47.57 1:04:17
金澤 有真(4) 14:16.49 28:48.76 1:05:44
川上 勇士(4) 14:01.68 28:59.60 1:07:40
佐藤 俊輔(4) 13:55.28 28:54.18 1:03:39
杉本 将太(4) 14:04.77 29:16.89 1:04:19
竹村 拓真(4) 13:54.35 28:54.56 1:02:42
松崎 咲人(4) 14:11.48 28:39.46 1:02:11
石原 翔太郎(3) 13:29.21 28:05.91 1:03.48
入田 優希(3) 14:04.17 29:02.30 1:04:05
神薗 竜馬(3) 14:01.45 28:42.61 1:05:28
喜早 駿介(3) 13:53.42 28:52.13 1:07.01
佐伯 陽生(3) 13:55.89 30:24.98 -----
松尾 昂来(3) 13:57.91 28:21.90 1:04:49
溝口 仁(3) 13:49.60 28:24.48 1:09:08
五十嵐 喬信(2) 14:00.03 29:29.44 -----
梶谷 優斗(2) 14:05.38 28:27.77 1:05:29
越 陽汰(2) 13:53.77 28:48.37 1:03:38
徳丸 寛太(2) 13:48.59 29:24.02 -----
竹中 博駿(2) 14:12.76 30:17.07 -----
野島 健太(2) 14:14.32 29:45.87 -----
水野 龍志(2) 14:08.01 29:10.37 1:05:02
吉田 響(2) 14:03.44 28:55.63 1:03:18
小川 大翔(1) 14:13.87 29:45.87 -----
鈴木 天智(1) 14:08.49 30:12.40 1:04:05
竹割 真(1) 14:09.65 29:55.16 1:05:16
中井 陸人(1) 14:19.38 ----- -----
花岡 寿哉(1) 13:48.29 28:47.08 -----
兵藤 ジュダ(1) 13:54.70 ----- -----
松本 颯真(1) 14:00.16 ----- -----
本村 翔太(1) 14:03.65 30:10.15 -----
湯野川 創(1) 14:12.46 29:37.00 1:06:32
Rシュモン(1) 14:12.45 29:55.50 -----

 

 

11位予想:法政大学

『HP』『twitter』『instagram』

前回は本来ならシード権には届かなかったと思うが、思わぬ幸運でシード権を獲得した。

出雲駅伝を見ている限り、その幸運に油断せず、夏合宿でしっかり走り込んできたことは見て取れる。

特に、箱根駅伝のような長い距離での戦いになれば、しぶとさがあれば、結構どうにでもなるものだ。

落ちそうで意外と落ちないという戦い方ができれば、2年連続のシード権が見えてくるだろう。

はっきりいって過小評価されている。法政をナメている失礼な世間を見返して、あっと言わせてやりたい。

 

区間配置

法政は1区2区が不安があるが、逆にここをしのげれば、かなり戦えるはずだ。

いい流れに乗ってレースができるように、エース級を1区2区に投入して、先頭が見える位置で戦いたい。

 

【当初予想】

1 松本 康汰(4) 6 武田 和馬(2)
2 内田 隼太(4) 7 扇  育(4)
3 松永 伶(3) 8 稲毛 崇斗(3)
4 小泉 樹(2) 9 中園 慎太朗(4)
5 細迫 海気(3) 10 河田 太一平(4)

補欠

川上 有生(4) 山本 恭澄(4) 緒方 春斗(3)
高須賀 大勢(3) 宮岡 幸大(2) 大島 史也(1)

 

主力選手のベストタイム一覧

上級生の選手層が厚いが、下級生もじわじわ力を付けてきている。名門校として、強気で上位を伺いたい。

5000m 10000m ハーフ
内田 隼太(4) 13:39.26 28:16.68 1:02:12
扇  育(4) 14:06.43 29:25.70 1:06:21
川上 有生(4) 14:07.96 29:06.97 1:03:26
河田 太一平(4) 14:20.22 29:06.76 1:03:33
徳永 裕樹(4) 14:31.80 30:26.26 -----
中園 慎太朗(4) 14:21.40 28:32.89 1:03:51
松本 康汰(4) 13:46.62 28:52.82 1:03:09
山本 恭澄(4) 14:22.81 29:36.21 1:03:55
稲毛 崇斗(3) 14:19.74 29:14.14 1:03:03
緒方 春斗(3) 14:34.93 29:27.63 1:10:33
高須賀 大勢(3) 14:29.98 29:17.06 1:04:26
東原 愛斗(3) 14:32.06 ----- -----
細迫 海気(3) 14:28.08 29:24.60 1:04:39
松永 伶(3) 13:50.45 28:34.33 1:02:03
宗像 直輝(3) 14:10.00 28:56.83 1:04:17
安澤 駿空(2) 14:28.79 30:23.68 1:05:11
加藤 幸一郎(2) 14:31.72 31:06.12 -----
上仮屋 雄太(2) 14:32.90 30:46.86 -----
小泉 樹(2) 14:16.32 28:50:64 1:03:32
小茂田 勁志(2) 14:15.88 30:26.03 -----
武田 和馬(2) 14:22.10 29:06.30 1:04:55
永島 悠平(2) 14:09.96 30:34.44 -----
宮岡 幸大(2) 14:08.62 29:40.79 1:02:28
行天 陽虹(1) 14:28.87 ----- -----
大島 史也(1) 13:50.04 29:24.23 -----
澤中 響生(1) 14:24.76 29:42.26 -----
清水 郁杜(1) 14:04.05 30:45.05 1:04:42
高橋 彰太(1) 14:07.72 29:32.72 1:05:14
田中 裕一朗(1) 14:27.83 ----- -----
花岡 慶次(1) 14:20.28 ----- -----
矢原 倖瑛(1) 14:30.21 ----- -----

 

 

12位予想:早稲田大学

『HP』『twitter』『instagram』『公認instagram』『YouTube』

10000m・27分台をもっていた2人のエースが卒業してしまい、昨年からは大きな戦力ダウンが隠せない早稲田大学。

予選会は4位通過だったが、これが今の早稲田の実力だと考えれば、本選は相当厳しい。

全日本で見せたように、強い選手から順番に並べて、何とかシード圏内に常にいる状態で戦いたい。

強い選手は複数人いるものの、ゲームチェンジャーになるような選手がいないだけに往路、中でも序盤3区間が大事だ。

名門・早稲田の復活を、駅伝ファンみんなが待っている。

 

区間配置

早稲田としては前回より戦力が落ちているので、前半区間をしのいで上位でレースを進めたいところ。

あとから挽回するのは絶望的なので、最初から強い順に選手を投入していくしかないかなと思う。

区間配置が多少変わるかもしれないが、往路はこの5人でまず間違いないだろう。

早稲田にとって、特に1区が大事になってくるので、経験豊富な井川選手だと思うが、けっこう外すイメージがありとても怖い。

そして全日本8区で好走した佐藤選手に、エース区間2区を任せたいと思う。往路は粘っていくしかないと思う。

 

【当初予想】

1 井川 龍人(4) 6 北村 光(3)
2 佐藤 航希(3) 7 間瀬田 純平(1)
3 鈴木 創士(4) 8 安田 博登(4)
4 石塚 陽士(2) 9 小指 卓也(4)
5 伊藤 大志(2) 10 菅野 雄太(2)

補欠

菖蒲 敦司(3) 辻 文哉(3) 栁本 匡哉(3)
諸富 湧(2) 宮岡 凜太(1) 山口 智規(1)

 

主力選手のベストタイム一覧

優秀な選手は多いが、選手数が約30名。今まではこの数で勝てたかもしれないが、高校までは良くても、大学では誰が伸びるかわからない。

はっきりいって変な伝統だと思う。改革して選手数を増やした方が絶対いい。

5000m 10000m ハーフ
井川 龍人(4) 13:45.30 27:59.74 1:02:39
小指 卓也(4) 13:41.01 29:42.82 -----
白井 航平(4) 14:37.64 30:16.71 -----
鈴木 創士(4) 13:54.40 28:26.41 1:03:07
安田 博登(4) 14:08.22 29:21.01 1:06:15
北村 光(3) 13:58.64 29:00.51 1:05:03
佐藤 航希(3) 13:59.96 29:42.98 1:03:05
菖蒲 敦司(3) 13:52.46 28:58.10 1:05:18
辻 文哉(3) 13:49.31 28:54.74 1:03:56
濱本 寛人(3) 14:35.66 30:50.10 -----
栁本 匡哉(3) 14:04.01 29:17.37 1:09:30
相川 賢人(2) 15:43.83 ----- -----
石塚 陽士(2) 13:48.81 28:36.53 1:04:02
伊藤 大志(2) 13:35.70 29:42.24 1:03:49
伊福 陽太(2) 14:34.43 30:15.42 1:02:50
菅野 雄太(2) 14:22.15 30:19.19 1:04:41
草野 洸正(2) 14:53.04 ----- -----
小玉 瑞葵(2) 15:20.83 ----- -----
中田 歩夢(2) 15:36.54 ----- -----
中山 遥稀(2) 14:33.74 30:48.53 -----
日野 斗馬(2) 15:01.37 ----- -----
諸富 湧(2) 14:07.20 30:07.86 1:04:58
和田 悠都(2) 14:39.07 30:09.86 -----
須山 向陽(1) 14:15.33 30:42.51 -----
藤本 進次郎(1) 14:18.07 ----- -----
増永 峰土(1) 15:43.14 ----- -----
間瀬田 純平(1) 13:57.41 29:13.46 1:04:50
宮岡 凜太(1) 14:16.96 30:18.01 -----
門馬 海成(1) 14:39.25 ----- -----
山口 智規(1) 13:35.16 29:47.72 1:03:09

 

 

13位予想:明治大学

『HP』『twitter』『instagram』

予選会では圧倒的な強さをみせるものの、本選では序盤から簡単に遅れてしまい、レースを壊してしまう明治大学。

平均して実力者が揃っているだけに、序盤の遅れだけは死んでも避けなければならない。

1区2区をシード圏内で戦うことができれば、あとは自然に流れていくはずだが、毎年ここで失敗して取り戻せていない。

本来シード落ちするような大学ではないだけに、ここは意地を見せたいところだ。

もし今年もダメなら、山本監督の進退問題に発展してしまうに違いない。

 

区間配置

ここ数年、鬼門となっている1区2区をどう凌いでいくのかに、明治の命運は掛かっている。

ここを無難に乗り切れば、自然といい勝負ができるはずだが、ここがいつも甘いと思う。

ということで、1区にエースの富田選手、2区の加藤選手で耐えたい。

 

【当初予想】

1 富田 峻平(4) 6 杉本 龍陽(4)
2 加藤 大誠(4) 7 新谷 紘ノ介(2)
3 児玉 真輝(3) 8 櫛田 佳希(4)
4 小澤 大輝(4) 9 尾﨑 健斗(2)
5 下條 乃將(4) 10 杉 彩文海(3)

補欠

漆畑 瑠人(4) 橋本 基紀(3) 甲斐 涼介(2)
曳田 道斗(2) 森下 翔太(1) 堀 颯介(1)

 

主力選手のベストタイム一覧

各学年ごとに核となる選手が揃っている印象。ブランド大学だけあって、いい選手が自然に集まってくる。

5000m 10000m ハーフ
漆畑 瑠人(4) 13:41.87 28:53.09 1:04:13
小澤 大輝(4) 13:43.81 28:20.67 1:02:22
加藤 大誠(4) 13:53.24 28:56.81 1:02:47
櫛田 佳希(4) 13:56.14 28:19.77 1:02:59
下條 乃將(4) 14:18.24 28:47.86 1:04:09
杉本 龍陽(4) 13:56.93 28:46.29 1:03:57
富田 峻平(4) 13:41.74 28:35.41 1:02:10
三上 晋弥(4) 14:23.77 29:33.81 1:04:38
安部 柚作(3) 14:00.53 29:16.08 1:10:01
城戸 洸輝(3) 14:26.01 30:49.07 1:07:11
児玉 真輝(3) 13:47.10 28:22.27 1:02:43
杉 彩文海(3) 14:04.49 28:39.58 1:03:16
橋本 基紀(3) 14:06.13 29:34.70 1:04:48
吉川 陽(3) 14:09.41 29:11.83 1:04:39
新井 晴文(2) 14:05.71 ----- 1:05:38
尾﨑 健斗(2) 13:54.88 28:54.19 1:04:29
甲斐 涼介(2) 13:58.86 29:20.33 1:05:55
島田 拓(2) 14:02.41 29:22.43 1:06:13
新谷 紘ノ介(2) 13:59.32 29:34.96 1:04:15
鈴木 祐太(2) 13:55.23 29:23.46 1:05:23
東原 豪輝(2) 14:03.73 29:35.41 1:05:08
曳田 道斗(2) 14:03.69 28:48.42 1:03:10
溝上 稜斗(2) 14:18.98 29:31.29 -----
井坂 佳亮(1) 14:09.59 29:52.61 -----
吉川 響(1) 14:10.88 29:01.27 -----
高橋 海童(1) 14:03.35 31:13.04 -----
古井 康介(1) 14:22.72 ----- 1:05:18
堀 颯介(1) 13:58.00 28:40.90 1:04:15
室田 安寿(1) 14:17.92 30:33.13 1:04:29
森下 翔太(1) 13:56.12 30:03.72 1:08:06
山本 樹(1) 14:10.75 29:36.71 -----

 

 

14位予想:大東文化大学

『HP』『twitter』『instagram』

まさかの予選会トップ通過を果たした古豪・大東文化大学。

真名子監督の指導力は疑う余地がないようだ。ただ、箱根駅伝の本選だけはこれまでのようにはいかないだろう。

それでも予選会をトップ通過して、間違いなく勢いがある。その勢いのあるうちに、駆け上ってしまいたいところだ。

とは言っても、シード校との差は歴然だ。真名子監督の指導力とともに、区間配置も気になるところだ。

 

区間配置

無理難題ともいえるシード権獲得のためにも、いい流れに乗りたい。そのためにも、前半区間で離されないことが絶対条件だ。

全日本を見ても、1区ワンジルも十分にあり得るが、普通に考えれば2区だろう。

高校駅伝でも少し変則的な区間配置をしてきた真名子監督だけに、どんな采配をふるってくるのか本当に楽しみ。

 

【当初予想】

1 久保田 徹(3) 6 大谷 章紘(2)
2 Pワンジル(2) 7 入濵 輝大(1)
3 大野 陽人(4) 8 谷口 辰煕(4)
4 木山 凌(4) 9 菊地 駿介(3)
5 倉田 蓮(4) 10 西代 雄豪(2)

補欠

井田 春(4) 金田 龍心(4) 蟹江 翔太(4)
伊東 正悟(3) 小田 恭平(2) 西川 千青(2)

 

主力選手のベストタイム一覧

各学年毎に選手層はできているが、それぞれがもう一段レベルアップしたいところ。それでも近年の中では一番力があがってきている。

5000m 10000m ハーフ
井田 春(4) 14:28.41 29:15.51 1:04:45
大野 陽人(4) 14:11.34 29:11.16 1:03:12
金田 龍心(4) 14:23.54 29:13.53 1:04:08
蟹江 翔太(4) 14:40.15 29:21.17 1:04:17
木山 凌(4) 14:08.14 28:35.47 1:04:27
倉田 蓮(4) 13:55.60 28:58.79 1:04:08
塩田 祥梧(4) 14:38.47 29:52.41 1:04:29
谷口 辰煕(4) 14:30.08 28:58.24 1:03:56
伊東 正悟(3) 14:17.61 29:49.89 1:05:24
菊地 駿介(3) 14:13.61 29:15.78 1:03:27
久保田 徹(3) 14:05.76 28:43.55 1:03:15
佐竹 勇樹(3) 14:26.31 30:00.23 1:06:11
長島 玲音(3) 14:23.54 30:21.27 1:11:38
松村 晴生(3) 14:22.69 30:18.13 -----
山本 柊介(3) 14:45.44 30:47.04 -----
大谷 章紘(2) 14:31.19 30:38.52 1:04:54
小田 恭平(2) 14:25.11 30:33.18 1:06:20
佐々木 真人(2) 14:25.66 29:52.66 -----
中澤 優希(2) 14:21.84 30:06.00 1:07:05
西川 千青(2) 14:13.26 29:51.08 1:05:20
西代 雄豪(2) 14:38.20 30:31.40 1:04:22
Pワンジル(2) 13:46.41 28:25.20 1:02:02
赤星 龍舞(1) 14:53.74 31:15.81 -----
入濵 輝大(1) 14:03.48 29:33.69 1:03:53
五十嵐 優貴(1) 14:36.06 33:08.88 -----
上野 隼弥(1) 14:34.05 33:08.71 -----
小野 翔太郎(1) 14:35.86 33:08.82 -----
佐藤 祥樹(1) 14:16.86 ----- -----
照井 海翔(1) 14:29.84 ----- -----
戸田 優真(1) 14:27.42 33:08.53 -----
渡邉 駿太朗(1) 14:15.30 ----- -----

 

 

15位予想:城西大学

『HP』『twitter』『instagram』

2年ぶりに箱根路に戻ってきた城西大学。

予選会については、一昨年が3位通過、昨年15位敗退、そして今回3位通過と、好不調の波が大きすぎるのが難点だ。

せっかくだから爽やかイケメンの多い城西大学は、TVにしっかり映って、女性ファンを増やして欲しいところ。

初のケニア人留学生キムタイ選手は、スピードは申し分ないが、まだスタミナ面に少し難があるが、ここは2区でなんとか頑張って欲しい。

シード校の壁はめちゃくちゃ厚いが、総合力を高めて何とか乗り越えていきたい。

 

区間配置

城西の課題としては1区2区だろう。ここがうまく流れるか、遅れてしまうか明暗が分かれてしまう。

2区はキムタイ選手を入れれば問題ないだろうから、1区が先頭から離されずに粘れるかどうか。

レース序盤でTVから消えたくなければ、ここは何とかするしかない。

5区は、前々回に好走した山本唯翔選手でまず間違いないと思っていたが、1年生の斉藤選手が激坂最速王決定戦で圧勝。

そちらで計算できるのなら、1区と5区を入れ替えようかと思ったが、山本唯翔選手も激坂2位。

本人達の希望区間がそれぞれ1区と5区であるため、そのままの区間配置で予想した。

 

【当初予想】

1 斎藤 将也(1) 6 野村 颯斗(3)
2 Vキムタイ(1) 7 平林 樹(2)
3 小島 拓(4) 8 藤井 正斗(4)
4 山中 秀真(3) 9 山本 樹(3)
5 山本 唯翔(3) 10 松尾 鴻雅(4)

補欠

新井 颯人(3) 中田 侑希(3) 成田 龍之介(3)
久保出 雄大(2) 大沼 良太郎(1) 桜井 優我(1)

 

主力選手のベストタイム一覧

ルーキーの頃から活躍する3年生の選手層が厚い。箱根駅伝の人気をあげていくためにも、イケメンが多い城西大学には出場してもらいたい。

5000m 10000m ハーフ
木村 吉希(4) 14:08.23 28:55.53 1:05:41
熊谷 奨(4) 14:25.19 29:32.50 1:06:43
小島 拓(4) 14:34.85 29:33.64 1:04:05
佐藤 礼旺(4) 14:24.91 30:26.28 1:04:50
藤井 正斗(4) 14:19.72 29:01.93 1:03:02
松尾 鴻雅(4) 13:59.91 29:13.27 1:03:11
藁谷 誠矢(4) 14:18.30 29:10:84 1:04:33
新井 颯人(3) 14:35.82 29:49.19 1:07:08
小島 大輝(3) 14:27.72 29:45.62 1:11:02
中田 侑希(3) 14:25.41 29:40.36 1:05:41
成田 龍之介(3) 14:15.64 29:57.61 1:05:17
野村 颯斗(3) 13:55.75 28:54.48 1:03:51
堀越 大地(3) 14:40.14 29:54.70 1:04:52
山中 秀真(3) 14:02.15 28:57.70 1:04:23
山本 樹(3) 14:19.89 29:54.16 1:03:34
山本 唯翔(3) 13:54.49 28:25.21 1:03:28
片渕 大晴(2) 13:59.02 30:47.95 1:05:42
久保出 雄大(2) 14:30.00 29:48.64 1:05:10
沼田 隼一(2) 14:35.97 30:17.12 1:07:36
林 晃耀(2) 14:02.82 29:26.31 1:03:22
平林 樹(2) 14:13.20 28:57.48 1:03:54
淺井 晴大郎(1) 14:27.79 30:10.43 1:04:35
磯西 健心(1) 14:26.14 30:09.41 1:04:58
岩田 真之(1) 14:13.15 ----- -----
大沼 良太郎(1) 14:20.06 30:18.54 1:05:01
小早川 凌真(1) 14:25.48 ----- 1:07:40
斎藤 将也(1) 13:53.14 28:37.90 1:03:18
桜井 優我(1) 14:21.30 29:38.20 1:05:03
鈴木 健真(1) 14:08.38 29:57.99 1:04:06
古橋 空弥(1) 14:11.85 31:57.59 -----
山中 達貴(1) 14:28.16 ----- -----
Vキムタイ(1) 13:31.18 28:35.74 1:02:21

 

 

16位予想:国士舘大学

『HP』『twitter』『instagram』

昨年までのエースであるライモイ・ヴィンセントが卒業して、どうなるかと思ったが、しっかり集団走で予選会を勝ち抜いた国士舘大学。

各学年に主力がバランスよくいることが、国士舘がずっと本選に出られている要因だろう。

ピーター・カマウがまだ長い距離に対応しきれていないだけに、1区をいかにしのぐかが課題だろう。

あとは個々人がそれぞれレベルアップしていくしかない。

 

区間配置

国士舘としては2区のカマウで先頭争いまでいきたい。そこから先は耐える展開にならざるを得ないが、何事も最初が肝心だ。

好記録を連発して日本人エースとなった綱島選手で、何とか1区を先頭が見える位置で終えたい。

 

【当初予想】

1 綱島 辰弥(4) 6 福井 大夢(4)
2 P・カマウ(2) 7 清水 悠雅(4)
3 山本 龍神(3) 8 中西 真大(3)
4 岩下 翔哉(1) 9 鈴木 伸弥(2)
5 山本 雷我(3) 10 望月 武(4)

補欠

田中 佑樹(4) 遠入 剛(3) 中島 弘太(2)
渡辺 大喜(2) 生駒 直幸(1) 川勝 悠雅(1)

 

主力選手のベストタイム一覧

去年は4年生に強い選手が固まっていたが、今年はバランスはいい。ただし、今のところ力量は去年の方が少し上。

5000m 10000m ハーフ
清水 悠雅(4) 14:23.71 29:47.24 1:03:30
田中 佑樹(4) 14:36.03 30:07.65 1:05:09
綱島 辰弥(4) 13:55.76 28:45.21 1:03:46
福井 大夢(4) 14:10.13 29:17.51 1:03:49
福士 陽都(4) 14:22.51 29:54.35 1:07:28
宮元 雄大(4) 14:29.51 30:07.87 -----
望月 武(4) 14:34.50 29:23.76 1:04:53
安達 京摩(3) 14:15.32 29:57.02 -----
遠入 剛(3) 14:14.44 30:05.85 1:10:16
佐藤 悠貴也(3) 14:35.64 29:47.04 1:08:06
中西 真大(3) 14:16.40 29:29.74 1:03:25
山本 雷我(3) 14:38.02 30:19.40 1:10:16
山本 龍神(3) 14:03.05 29:00.14 1:03:07
影山 裕己(2) 14:23.70 29:54.44 1:09:47
齋藤 正剛(2) 14:19.16 30:52.46 -----
鈴木 伸弥(2) 14:29.66 29:28.59 1:04:54
P・カマウ(2) 13:55.37 28:31.82 1:01:14
中島 弘太(2) 13:57.29 29:33.22 1:05:40
西田 大智(2) 14:15.20 30:08.44 1:07:21
松井 遼太(2) 14:23.71 29:49.09 1:06:45
美谷 佳輝(2) 14:30.03 30:15.03 1:09:28
渡辺 大喜(2) 14:35.60 29:51.51 1:05:47
生駒 直幸(1) 14:10.59 30:17.41 -----
岩下 翔哉(1) 13:55.47 29:44.89 -----
勝部 愛大(1) 14:24.96 29:46.60 -----
川勝 悠雅(1) 14:20.52 29:43.77 -----
瀬川 翔誠(1) 14:23.13 29:45.66 -----
竹前 光哉(1) 14:27.16 30:22.33 -----
宮崎 暖大(1) 14:32.11 ----- -----
横田 星那(1) 14:24.57 31:25.95 1:06:50

 

 

17位予想:山梨学院大学

『HP』『twitter』

ケニア人留学生ジェームズ・ムトゥクの活躍もあって、3年連続の本選出場を果たした山梨学院大学。

日本人選手もそれなりに戦える状態なだけに、ここはシード権まで一気に突き抜けてしまいたい。

決して生易しいものではないが、チーム一丸となって、上位校をシバキ回してやりたいところだ。

山梨学院ここにあり!という、あっと驚く戦いを見せて欲しい。

 

区間配置

ムトゥクがレースを走る毎にたくましくなっているし、これからもどんどん強くなっていくことだろう。

しかしボニフェス・ムルワも10000mで27分台の好記録を出し、さらに上尾ハーフで圧勝したので、今年最後のムルワにしてみた。

外国人留学生が充実しているだけに、日本人選手の出来次第で、シード権争いくらいまではもっていきたい。

 

 

【当初予想】

1 北村 惇生(3) 6 高田 尚暉(2)
2 B・ムルア(4) 7 伊東 大暉(4)
3 木山 達哉(4) 8 高田 尚暉(2)
4 橘田 大河(4) 9 石部 夏希(4)
5 砂川 大河(2) 10 篠原 楓(4)

補欠

岩谷 翼(4) 栗原 光弘(4) 横山 竜之介(3)
新本 駿(2) 品田 滉人(1) J・ムトゥク(1)

 

主力選手のベストタイム一覧

Bムルワ、Jムトゥクと2人の留学生がいてくれることはやはり心強い。日本人選手の意識と頑張りに掛かっていると思う。

5000m 10000m ハーフ
石部 夏希(4) 14:23.74 29:08.64 1:04:43
伊東 大暉(4) 14:21.30 28:42.54 1:04:04
岩谷 翼(4) 14:30.66 29:35.44 1:04:20
小野寺 陣(4) 14:29.04 29:22.34 1:04:39
橘田 大河(4) 14:18.44 29:18.22 1:02:47
木山 達哉(4) 14:12.02 28:36.42 1:03:00
栗原 光弘(4) 14:27.50 29:49.06 1:04:58
都築 勇貴(4) 14:21.99 30:03.36 -----
篠原 楓(4) 14:19.58 29:26.37 1:03:27
B・ムルア(4) 13:36.06 27:43.60 1:01:17
赤坂 優人(3) 14:29.33 ----- -----
川原 正輝(3) 14:29.41 29:31.94 -----
北村 惇生(3) 14:22.55 28:41.90 1:03:07
澤田 啓(3) 14:34.09 30:53.83 -----
島津 裕太(3) 14:21.70 29:47.70 1:05:16
関野 稜介(3) 14:25.21 31:53.89 -----
髙木 翔瑛(3) 14:20.66 29:34.38 -----
横山 竜之介(3) 14:32.22 29:50.15 1:04:00
大西 陸(2) 14:24.00 29:44.25 1:04:58
折笠 亮太(2) 14:28.68 ----- -----
新本 駿(2) 14:02.46 29:17.59 1:03:43
砂川 大河(2) 14:21.76 29:16.68 1:03:58
高田 尚暉(2) 14:08.91 29:41.90 1:03:51
土器屋 快都(2) 14:21.21 29:37.63 1:07:45
長谷田 英義(2) 14:25.82 30:11.23 -----
村上 大樹(2) 14:22.10 ----- -----
阿部 塁(1) 14:33.40 30:36.71 -----
品田 滉人(1) 14:22.72 29:38.02 -----
平八重 充希(1) 14:34.66 30:29.45 -----
J・ムトゥク(1) 13:34.22 28:44.68 1:01:49

 

 

18位予想:日本体育大学

『HP』『twitter』『instagram』

エース藤本珠輝選手が欠場して、今回は予選会通過はヤバイんじゃないかと予想されていたが、まったく危なげなかった日本体育大学。

この大善戦はかなり自信になったのではないか。これで藤本選手が戻ってきたら、シード校相手でもそこそこ戦えるのではないか。

なんだかんだいって、75年も連続出場できているだけでも、メチャクチャすごいことだ。

シード権からはここ数年入ることが出来ていないので、これに挑戦するとともに、藤本選手に替わるエースが出てきてほしい。

 

区間配置

前回は1区の序盤で遅れてしまい、レースをぶち壊してしまっただけに、1区は死んでも遅れられないが、誰が入ってくるだろうか。

 

【当初予想】

1 廣澤 優斗(4) 6 盛本 聖也(4)
2 藤本 珠輝(4) 7 山崎 丞(1)
3 村越 凌太(4) 8 九嶋 大雅(4)
4 分須 尊紀(2) 9 漆畑 徳輝(3)
5 吉冨 純也(3) 10 髙津 浩揮(4)

補欠

九嶋 大雅(4) 名村 樹哉(4) 大森 椋太(3)
髙濵 大志(3) 杉本 訓也(2) 平島 龍斗(1)

 

主力選手のベストタイム一覧

突出した選手が、エース藤本珠輝選手くらいしかいないのが何とも苦しい。もう一段、中間層のレベルアップを期待したい。

5000m 10000m ハーフ
金城 岳(4) 14:18.62 29:48.88 1:09:06
九嶋 大雅(4) 14:04.25 28:56.18 1:04:23
髙津 浩揮(4) 14:00.75 28:55.61 1:04:48
谷口 貴亮(4) 14:15.62 29:44.85 1:06:00
名村 樹哉(4) 14:10.68 28:46.96 1:03:41
廣澤 優斗(4) 13:53.71 28:52.54 1:03:53
藤本 珠輝(4) 13:32.58 28:08.58 1:02:13
松浦 凜太郎(4) 14:37.52 29:58.84 1:05:37
松永 悠吾(4) 14:20.82 29:38.14 1:05:52
村越 凌太(4) 14:09.66 28:57.75 1:03:43
盛本 聖也(4) 13:56.42 29:17.06 1:03:21
漆畑 徳輝(3) 13:52.77 28:59.31 1:04:35
大森 椋太(3) 14:17.77 29:01.32 1:04:26
髙濵 大志(3) 14:23.01 29:15.43 1:04:57
田中 慎梧(3) 14:18.81 29:22.49 1:04:29
水金 大亮(3) 14:18.19 29:18.40 1:05:22
吉冨 純也(3) 14:21.05 29:18.77 1:05:32
植松 孝太(2) 14:05.34 29:41.64 1:06:56
杉本 訓也(2) 14:12.78 29:13.50 -----
住原 聡太(2) 14:20.43 30:21.55 -----
富永 椋太(2) 14:06.20 ----- 1:06:05
西槇 駿祐(2) 14:13.03 31:28.27 1:06:00
溝上 賢伸(2) 14:03.50 29:41.16 1:05:41
山口 廉(2) 14:08.15 29:32.37 -----
山下 大毅(2) 14:22.39 29:28.89 1:04:42
渡野 幹大(2) 14:14.64 29:25.07 -----
分須 尊紀(2) 13:59.10 28:59.82 1:04:22
池沢 悠矢(1) 14:19.33 30:55.40 -----
竹下 史啓(1) 14:14.87 31:46.44 -----
田島 駿介(1) 14:40.24 29:32.57 1:04:33
平島 龍斗(1) 13:59.00 29:32.26 1:04:35
本島 尚緒(1) 14:25.92 ----- -----
山崎 丞(1) 14:03.77 29:32.24 1:04:05

 

 

19位予想:専修大学

『HP』『twitter』『instagram』

予選会を最後の最後に8位まであげて、ゴール直前で神奈川大学をうっちゃった専修大学。

専修大学は強化も本気で、コーチをかなり入れて選手の指導に当たらせ、着実に実を結んできている。

だからこそ、本選になるとヘビに睨まれたカエル🐸のように、何故かおとなしくなってしまうのは、何とももったいない。

今年の専修はここ数年で、一番戦力が揃ってきている。一気にシード権獲得まで狙っていきたい。

 

区間配置

1区~3区を、予選会で日本人トップの木村選手、ダンカン・キサイサ、スピードのある髙瀨で間違いないだろうが、どう配置してくるか。

ここ2年、箱根駅伝・本選では最下位に沈んでいる。そろそろ本気を出していこうか?!

 

【当初予想】

1 木村 暁仁(3) 6 千代島 宗汰(2)
2 Dキサイサ(2) 7 国増 治貴(4)
3 髙瀨 桂(4) 8 冨永 裕憂(4)
4 水谷 勇登(3) 9 成島 航己(4)
5 野下 稜平(3) 10 岡 拓哉(4)

補欠

粟江 倫太郎(3) 中山 敦貴(3) 山城 弘弐(3)
山村 啓仁(3) 大田和 一斗(2) 辻 優輝(2)

 

主力選手のベストタイム一覧

直近2年で予選会を通過する原動力となっている3・4年生の選手層が厚い。上級生を喰ってやるという、下級生の奮起が待たれる。

5000m 10000m ハーフ
足立 龍星(4) 14:32.01 30:00.49 1:06:47
国増 治貴(4) 14:26.93 29:45.96 1:03:25
小島 光佑(4) 14:34.87 29:43.89 1:06:00
髙瀨 桂(4) 14:17.84 29:45.82 1:02:49
冨永 裕憂(4) 14:52.02 29:58.26 1:05:27
成島 航己(4) 14:28.67 29:32.59 1:03:38
松本 薫(4) 14:16.35 29:53.97 1:09:39
吉岡 拓哉(4) 14:31.34 29:53.92 1:04:46
粟江 倫太郎(3) 14:24.63 30:00.35 1:08:28
木村 暁仁(3) 14:11.96 29:04.21 1:02:32
田島 洸樹(3) 14:14.64 29:28.91 1:08:41
中山 敦貴(3) 14:26.23 30:09.71 1:06:03
野下 稜平(3) 14:36.69 30:01.73 1:04:34
藤野 隼也(3) 14:24.37 30:54.14 1:06:01
水谷 勇登(3) 14:08.00 29:38.83 1:04:26
山城 弘弐(3) 14:29.81 30:38.48 1:05:35
山村 啓仁(3) 14:33.16 29:54.93 1:05:03
Dキサイサ(2) 13:39.16 28:57.27 1:03:04
大田和 一斗(2)
14:43.76 32:44.44 1:09:05
千代島 宗汰(2) 14:25.87 29:52.61 1:07:02
辻 優輝(2) 14:34.12 29:47.21 1:07:31
中島 琢登(2) 14:29.47 31:47.42 1:10:11
長谷川 源(2) 14:31.68 30:32.26 -----
渡辺 凛(2) 14:30.85 32:11.02 -----
新井 友裕(1) 14:15.73 30:25.43 -----
犬塚 知宏(1) 14:34.10 ----- -----
亀之園 京士郎(1) 14:38.90 31:10.68 -----
黒田 太洋(1) 14:28.90 30:55.70 -----
手塚 太一(1) 14:25.16 30:53.89 -----
福田 達也(1) 14:22.19 ----- -----
村上 友哉(1) 14:36.22 31:55.66 -----

 

 

20位予想:立教大学

『HP』『twitter』

55年ぶりに箱根駅伝の復帰を果たした立教大学。感動の逸話がさまざまな機会で紹介され、喜びもひとしおだろう。

さて、ここまで来たら、来年以降のスカウトに繋げるためにも、この箱根駅伝では存在感を発揮したいところだろう。

しかし、今の立教大学が本気を出して善戦したとしても、シード校にはさざ波程度にもならないだろう。

それでも、将来の立教大学が強くなっていくためにも、正々堂々と戦ってきて欲しい。

 

区間配置

1区2区で「立教どこにいったんや?」とは言われたくないだろうから、強い順番に選手を並べて、OBたちを喜ばせたい。

それだけに1区・國安選手、2区・中山選手は堅いと思っている。

 

【当初予想】

1 國安 広人(1) 6 馬場 賢人(1)
2 中山 凜斗(3) 7 関口 絢太(3)
3 安藤 圭佑(2) 8 山本 羅生(2)
4 林 虎大朗(2) 9 服部 凱杏(3)
5 相澤 拓摩(1) 10 吉屋 佑晟(1)

補欠

金城 快(4) 内田 賢利(3) 加藤 駆(3)
忠内 侑士(3) 中田 紫音(2) 山本 羅生(2)

 

主力選手のベストタイム一覧

立教大学が上がってきたのは、つい最近のこと。それだけに選手層は薄く、下級生が自分の努力を無にしないためにも、這い上がるしかない。

5000m 10000m ハーフ
金城 快(4) 14:34.95 30:36.95 1:07:11
ミラー千本真章(4) 14:19.87 31:25.01 1:06:37
市川 大輝(3) 14:16.50 29:49.78 1:09:49
内田 賢利(3) 14:13.55 29:46.38 1:05:13
加藤 駆(3) 14:17.05 31:00.29 1:05:08
岸本 健太郎(3) 14:27.14 29:43.62 1:04:48
白瀬 賢也(3) 14:18.91 30:05.18 1:06:19
関口 絢太(3) 13:55.10 28:29.24 1:04:10
忠内 侑士(3) 14:14.33 29:34.78 1:05:46
中山 凜斗(3) 14:12.12 28:50.52 1:03:13
服部 凱杏(3) 14:01.48 29:22.88 1:04:40
宮澤 徹(3) 14:25.56 30:34.83 1:08:55
安藤 圭佑(2) 14:17.68 29:13.26 1:03:59
稲塚 大祐(2) 14:16.04 29:46.64 -----
後藤 謙昌(2) 14:22.30 29:13.03 1:07:11
髙木 晃瑠(2) 14:27.09 30:53.53 -----
富田 翔(2) 14:23.19 30:13.19 -----
中田 紫音(2) 14:17.55 30:08.41 -----
中西 洸貴(2) 14:09.29 30:50.28 1:08:00
林 虎大朗(2) 13:49.74 28:55.09 1:04:04
山口 史朗(2) 14:12.43 29:35.36 1:07:42
山本 羅生(2) 13:57.11 28:45.06 1:05:14
相澤 拓摩(1) 14:26.57 30:43.62 -----
小倉 史也(1) 14:28.70 31:27.73 -----
國安 広人(1) 14:03.05 28:53.80 1:03:13
永井 駿(1) 14:11.02 29:22.65 1:04:41
畠山 永(1) 14:32.62 30:54.90 -----
馬場 賢人(1) 14:11.30 29:01.69 -----
マッキャーン将人(1) 14:25.01 ----- -----
吉屋 佑晟(1) 14:24.93 31:22.61 1:05:22

 

 

 

この優勝校の一覧に、名前を連なるのはどの大学でしょうか?今から楽しみですね。

 

スポンサーリンク

最後に

【第99回箱根駅伝2023】全出場大学の順位予想と区間エントリー予想、いかがでしょうか?

どの大学も頑張っていますし、どの選手も箱根駅伝での活躍を夢見て頑張っているに違いありません。

その頑張りがたった1時間ほどの走りとなって、見ている我々に感動を与えてくれるのかもしれません。

本当に箱根駅伝の当日が楽しみです。すべての選手が力を出し切ってもらいたいですね。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事